第二次黄金期【ゲーム音楽史08】

ゲーム音楽史では前回、スーパーファミコン登場と対戦格闘ゲームブームの始まりあたりまでみてきました。

その後、スーパーファミコンを中心にゲーム音楽が素晴らしく充実した時代がありました。クロノトリガー メインテーマの記事でも触れていますが、1994年から1995年頃です。

この時代をゲーム音楽の「第二次黄金期」として、今回の記事を書いていこうと思います。

スーパーファミコン後期の充実期

1990年末に発売されたスーパーファミコンは、ファミコンのシェアを引き継ぐことに成功して初期段階からゲーム内容も音楽もかなり充実していましたが、特にゲーム音楽に関して1994年ごろから充実ぶりが加速、1995年にピークを迎えます。

おそらくゲーム業界が一番儲かった時代であり、ゲームソフト単価も高騰。
「ゲームバブル」の様相を呈していました。

ゲームメーカーも音楽の重要性は十分に認識していたので、スーパーファミコンソフトの売り上げ利益による潤沢な資金で優秀な人材を発掘育成することができました。

ゲーム音楽の発展にとっては理想的な状況だったと思います。

そんな時代「第二次黄金期」のゲーム音楽を紹介していきますが、まずは立役者となったスーパーファミコンを中心としたコンシューマー機のタイトルから見ていきましょう。

※MD=メガドライブ、SFC=スーパーファミコン、PCE=PCエンジン、ここではプレステとサターンのタイトルは除外。発売順に列挙。

バンパイアキラー(MD、コナミ)
山根ミチルさんの悪魔城作品第1弾。FM音源ですが、楽曲は個人的に悪魔城シリーズの中でも1、2を争う出来だと思います。この作品聴いて山根さんファンになりました。

ファイナルファンタジー6(SFC、スクウェア)
SFC版FFシリーズは4、5、6全て良い。6も「ティナのテーマ」「仲間を求めて」「甦る緑」など名曲多数ですが、大作「妖星乱舞」が聴きごたえありますね。

天使の詩2(PCE、日本テレネット)
なるけみちこさん作品。ラスボスのテーマはいいです!

ライブアライブ(SFC、スクウェア)
下村陽子さんのワールドワイドな音楽性が如何なく発揮された名作。

ヘラクレスの栄光4(SFC、データイースト)
隠れたゲーム音楽名作。「Descendents of Atlantis」が好きです。

かまいたちの夜(SFC、チュンソフト)
ゲーム音楽としては超名作。19歳のたくまるさんが作曲デビュー。チュンソフトのサウンドノベルは『弟切草』もかなりはまりましたが、音楽は第2作の『かまいたちの夜』のほうが印象に残っています。ゲームの舞台が冬なので、全体に冬のイメージの曲が中心ですね。以前演奏した「懐かしいあの風景」は個人的には晩夏のイメージですが。

エストポリス伝記2(SFC、タイトー)
塩生康範さん作品。クサメロ好きにはたまらないですね。

魔神転生2(SFC、アトラス)
魔神転生シリーズは女神転生の派生作品でシミュレーションRPGです。1も結構やったんですが、2のほうがはまりました。音楽は故・青木秀仁さんで、スーファミのテクノ系作品としては最高峰のものと思います。「Devil Dance」など、1からの曲も登場していて、アレンジの進化を楽しめました。

クロノトリガー(SFC、スクウェア)

光田康典さん作品。ゲーム音楽史に輝く永遠の金字塔でしょう。

ラストバイブル3(SFC、アトラス)
ややマイナーですが個人的にゲーム音楽名作と思います。簗田裕之さんが作曲。ラストバイブルシリーズはもともとはゲームボーイで出ていたものですが、3だけはスーファミで発売されました。女神転生の外伝的作品で、低年齢層向けのライトなメガテンということで、後のデビル・チルドレンシリーズの前身的な位置付けでしょうか。

聖剣伝説3(SFC、スクウェア)
聖剣2とこれは菊田裕樹さんの代表作。楽曲クオリティは凄まじいです。

タクティクスオウガ(SFC、クエスト)
ゲーム自体も不朽の名作といえます。1年くらい粘着して何回もプレイしていたので音楽刷り込み効果も半端ではないです。音楽は崎元仁さんと岩田匡治さんのコンビで、とくにオーケストラサウンドが秀逸でした。崎元さんは同時期にドラクエ6のサウンドエンジニアもやっているので、タクティクスオウガとドラクエ6の音源ドライバプログラムは同じものかもしれません。

天地創造(SFC、クインテット/エニックス)
小林美代子さん、曳地正則さん作曲。中古購入の後追いプレイでサラっとしかやってないんですが、エンディングのなんとも言えない余韻(感動とは少し違う虚無感みたいなもの)と音楽の素晴らしさが強烈なインパクトで記憶されています。詳しくは「帰路」の演奏の時に書いてますので、読んでみて下さい。

スーパードンキーコング2(SFC 任天堂)
イージーリスニング・環境音楽系の作り方ですが、非常にセンスがいいですね。主人公ゴリラなのに幻想的すぎ(笑)

ロマンシングサガ3(SFC スクウェア)
ロマサガシリーズ最高傑作の声も高い。音楽も非常に充実していてメタル調の「四魔貴族2」「ラストバトル」など、伊藤さんは一枚殻を破ったように思います。

ロマンシングサガ3「四魔貴族バトル1」【ギター演奏・コード進行35】
ゲーム音楽ソロギター演奏動画・コード進行解説の第35弾は、ロマンシングサガ3より「四魔貴族バトル1」。数あるロマサガバトル曲の中でもインパクトのある曲です。
ロマンシングサガ3「ミューズのテーマ」【ギター演奏・コード進行40】
ゲーム音楽ソロギター演奏動画・コード進行解説の第40弾は、ロマンシングサガ3より「ミューズのテーマ」。とても綺麗なコード進行の癒し系の曲です。
ロマンシングサガ3「グレートアーチ」【ギター演奏・コード進行45◆2019年夏曲】
ゲーム音楽ソロギター演奏動画・コード進行解説の第45弾は、ロマンシングサガ3より「グレートアーチ」。2019年夏曲2曲目はカリビアン・キューバっぽい曲を。
ロマンシングサガ3「ポドールイ」【ギター演奏・コード進行53◆冬曲】
今回は「冬曲その1」として、ロマンシングサガ3よりポドールイのテーマを演奏。ゲーム世界では北端の小さな街のBGMですが、ロマサガ屈指の名曲として知られています。
ロマンシングサガ3|ラストバトル【ギター演奏・コード進行67】
今回はロマンシングサガ3のラストバトルテーマを演奏します。ロマサガ3の曲を演奏するのはこれで6曲目ですが、一つのタイトルからの選曲数としては最多となります。

テイルズ・オブ・ファンタジア(SFC、ナムコ)
桜庭統さん作品。自分はロック調の「Fighting of the spirit」が桜庭さんらしくて好きです。

ドラゴンクエスト6(SFC、エニックス)
ドラクエシリーズの中で音楽ご好きな作品を1つ選べと言われれば、3か6かで迷います。6は幻想的な曲が多く、癒し要素が強いので、ヒーリングミュージックとして最高です。自分は「ぬくもりの里に」「哀しみのとき」「精霊の冠」「時の子守歌」あたりが好きです。Ⅵはスーファミとしてはオーケストラの音がかなり秀逸でした。上で書いたように、崎元仁さんのエンジニアリングによるものです。

風来のシレン(SFC、チュンソフト)
トルネコの大冒険に続く不思議のダンジョンシリーズ第2弾です。音楽はすぎやまこういちさんで、聴くと一発でわかるすぎやま節です。めちゃくちゃハマってプレイ時間が長いからか、すごい耳に残ってます。とくにセーブデータ読み込み画面と1面の杉並街道のBGMですねー。

――以下は1996年のタイトルですがSFCのゲーム音楽良作です。

バハムートラグーン(SFC、スクウェア)
松枝賀子さん作品。いかにもスクウェアらしいグラフィックスと世界観のシミュレーションRPGです。ゲームとしては、まあまあ面白いかな?っていうくらいの印象でしたが、音楽は凄く良かったです。自分的にはクロノトリガーや聖剣伝説2に匹敵する音楽でした。

星のカービィ スーパーDX(SFC、任天堂)
これの「スタッフロール」がカービィシリーズでは一番好きな曲です。

ルドラの秘宝(SFC、スクウェア)
笹井隆司さん作曲。「The flame and the arrow」熱いですよねー。

ファイアーエンブレム聖戦の系譜(SFC、任天堂)
「アグストリアの動乱」はクサメロ系ゲーム音楽の最高傑作の一つではないでしょうか。

アークザラッド2(SFC ジークラフト)
Tスクエアのギタリスト・安藤まさひろさん作曲。自分は「アルクのテーマ」が好き。安藤さんは他にも「グランツーリスモ」のテーマなど素晴らしいです。ちなみに自分が人生で初めて買ったCDはザ・スクエアのライヴ盤でした。1986年のことで、レコード店店員に「子供のくせに渋い」言われました(笑)

――この密度、おわかりいただけるでしょうか?厳選に厳選を重ねてこの数です。

この短期間にこれだけの名曲群が量産されたのは、やはりゲームバブルパワーでしょうか。熱い時代でした。

プレステ・サターンなど次世代機の登場

スーパーファミコンが全盛を極める中、1994年11月にセガ・サターン、1994年12月にプレイステーションが発売されています。

これら次世代機は3Dグラフィックを扱える表示能力とCD-ROMを搭載し、性能は一気に跳ね上がっていましたが、発売後しばらくはスーパーファミコンが勢いが強かったのでシェアも小さく、発売タイトルもそれほど多くありませんでした。

本格的に世代交代するのは1996年頃からですが、プレステ世代のものは次回から紹介したいと思います。

この世代のゲーム機は内蔵音源のPCM音源(SFCよりグレードが高く、同時に24和音音から32音和音くらい出せる)と、CD-ROMによるオーディオ再生を併用することが出来るようになり、現在の音楽再生環境とそれほど変わらなくなってきます。

この進化でゲーム音楽も大きく変化するのですが、また次回以降お話します。

今回のテーマである1995年前後の時期は、他社からも続々と次世代機が登場してきています。

3DO

1994年3月にアメリカの3DO社とライセンス契約を結んだ松下電器が「3DO REAL」を発売しています。

第4世代(後述)の先発隊でしたが、本体価格が5万円以上と高額で、発売タイミングもスーパーファミコン全盛期ということもあり、高性能であったものの売り上げは伸びませんでした。

1994年の年末商戦にはサターン・プレステも参戦してきて、性能的なアドバンテージもなくなって歴史に埋没してしまいます。

PC-FX

PCエンジンの後継として1994年12月にNEC・ハドソンが出してきた第4世代機です。

PC-98シリーズとの連携を売りにしていましたが、3Dグラフィックに対応していなかったことが致命傷となり、プレステ・サターンに淘汰されてしまいます。

サウンドもADPCM2ch+波形メモリー音源6chと時代遅れ感が否めない感じでした。

ゲーム機の世代区分

ここらでゲーム機の世代区分を定義しておこうと思います。当ブログでは以下のように区分します。

  • 第1世代=ファミコン登場以前
  • 第2世代(PSG)=ファミコン・SG-1000・MKⅢ
  • 第3世代(波形メモリ、FM音源、PCM音源)=PCエンジン・メガドライブ・スーパーファミコン
  • 第4世代=プレステ1・サターン・Nintendo64
  • 第5世代=プレステ2・ドリームキャスト・ゲームキューブ・Xbox

もっと細分化してるケースが多いですが、当ブログではこれでいきます。

ちなみに、第5世代以降はサウンドのスペックアップはほとんど無くなるし、ゲーム音楽的には世代区分はあまり意味はないかもしれません。

モバイルゲーム機の世代区分は以下のようにします。

  • 第1世代=ゲームボーイ・GBカラー・ゲームギア
  • 第2世代=GBアドバンス・ネオジオポケット・ワンダースワン
  • 第3世代=ニンテンドーDS・PSP
  • 第4世代=ニンテンドー3DS・Vita

1995年前後のアーケードゲーム

スーパーファミコン全盛の1990年代中盤、アーケードゲームの世界に目を移してみると、対戦格闘ゲームブームが佳境に入ろうとしている頃でした。

  • スーパーストリートファイター2
  • 真サムライスピリッツ
  • 餓狼伝説3
  • キングオブファイターズ
  • バーチャファイター2
  • 鉄拳

ゲーセンでは、このあたりの対戦格闘タイトルがヒットしていました。

格闘ゲーム以外のゲーム音楽としては電脳戦機バーチャロンを挙げておきたいです。

1990年代中盤の携帯ゲーム機

ゲームボーイを中心とした携帯ゲーム機ですが、今回の時代である1990年代中盤も低年齢層中心に一定の売れ行きはありました。

この時期のモバイルゲーム機向けタイトルは、ゲーム音楽的に言うと、さすがに音源の周回遅れ感もあり、あまり目新しいものは無いように思います。

しかし、スーパーファミコンのシェアに陰りが見え始めた1996年2月、おもむろに歴史的タイトル「ポケットモンスター」が登場します。

自分も少し後になりますが、これをやるためにゲームボーイポケットを購入しました。でも、その時はまさか、ポケモンがこれほどのロングヒット・社会現象になるとは想像もしていませんでしたが。ポケモンのことはまた次回書きましょう。

PCの世界ではWindows95が登場

1995年11月、Windows95の日本語版が発売されました。当時はニュース番組でも特集され、発売前夜からお祭り騒ぎでしたよね。

これにより、PC業界ではPC/AT互換機勢がPC-98シリーズにとどめを刺すことになり、国内でもPCのOSはWindowsが圧倒的シェアを占めるに至ります。

サウンド機能は1992年発売の「Sound Blaster 16」というサウンドカードが業界標準となり、ソフト音源(PCM音源)によるMIDI再生とオーディオファイル再生が主流になってFM音源は廃れてしまいました。

この年代になると、PCにおいてはゲーム音楽云々ではなく、DTMやもっと広いものを扱うようになるので、ゲーム音楽のプラットフォームとしての意味合いは薄くなっていきます。

――次回はプレイステーション・サターン世代が中心になった時代、1990年代後半をのことをお話します。

ゲーム音楽史 前回

スーパーファミコン登場と対戦格闘ブーム【ゲーム音楽史07】
ゲーム音楽史第7回は1990年に登場したスーパーファミコンと、ストリートファイターⅡから始まる対戦格闘ゲームブームにスポットを当てています。

ゲーム音楽史 次回

初代プレイステーション時代【ゲーム音楽史09】
ゲーム音楽史第9回は1996年から2000年頃の初代プレステ時代について書いています。古典的なゲーム音楽と新しい手法がミックスされた面白い年代です。

コメント