ロマンシングサガ3|ラストバトル【ギター演奏・コード進行67】

ロマンシングサガ3 ラストバトル
↑クリックで動画再生

難易度☆★★★★(難しい)

1995年:スーパーファミコン(Super Nintendo)
メーカー:
スクウェア(SQUARE)
タイトル名:ロマンシングサガ3(RomancingSaga3)
曲名:ラストバトル(The Last Battle)
作曲:伊藤賢治(Kenji Ito)

今回はロマンシングサガ3のラストバトルテーマを演奏します。

ロマサガ3の曲を演奏するのは、これで6曲目になりますが、この曲は「四魔貴族バトル2」とともに、伊藤賢治さん初の純メタル路線バトル曲です。

サガシリーズの系譜

ロマンシングサガ3は1995年11月にスクウェアから発売されたRPGで、ロマンシングサガシリーズとしては3作目、ゲームボーイのサガシリーズも合わせると6作目です。

サガシリーズ第一作のゲームボーイ版の「魔界塔士 Sa・Ga」(1989年)は英題が「Final Fantasy Legend」、そして聖剣伝説シリーズ第一作のゲームボーイ版「聖剣伝説」は副題が「ファイナルファンタジー外伝」で、ともにファイナルファンタジーのスピンオフ作品として始まりました。

なので、ファイナルファンタジーシリーズとサガシリーズと聖剣伝説シリーズは兄弟・分家みたいなものですが、それぞれが独自の発展をして人気シリーズとなっています。

サガシリーズは、スーパーファミコンのロマンシングサガとなってからゲームシステムが一新されました。

フリーシナリオ、経験値やレベルではないスキル制、そして技の閃きシステムといった複数の画期的システムが組み合わさって、マニアックで中毒性の高いゲームに生まれ変わりました。

ロマサガ1~3は直接のストーリーや世界設定の繋がりは無いんですが、システムは1の時点でかなり完成されていて、2と3はそれに追加要素が入ったり、バランスが調整されてブラッシュアップされていきました。

自分もロマサガシリーズは1,2,3全部ハマってかなりやりこんでいますが、とくに3はゲームバランス、音楽、グラフィック(究極のドット絵!)、全てが超ハイレベルな仕上がりになっていて、スーファミRPGの最高傑作の一つと思います。

ラスボスのテーマ【破壊するもの】

この曲はロマンシングサガ3のラストバトルの時に流れる曲で、スパニッシュ調のイントロ+メタル調の本体部分という構成です。

伊藤賢治さんのロマサガバトル曲はそれまでも、JMM(ジャパニーズ・メランコリック・メロディー)+ロック+吹奏楽という独特のものでしたが、ロマサガ3の「四魔貴族バトル2」そして、この曲「ラストバトル」ではダブルベースドラムとディストーションギターを前面に押し出したメタルアレンジが導入されました。

当時はこの路線のゲーム音楽は他になかったので、かなり衝撃的でした。

ちなみに、ロマサガ3のラスボスは「破壊するもの」という、四魔貴族の集合体のようなモノなんですが、この設定がロマサガ2のラスボス「七英雄」と被るし、四魔貴族と七英雄がごっちゃになってしまいがちなんですが、「山手線の駅名がついてるのが七英雄」ということで、なんとかおぼえてますw

作曲者の伊藤賢治さん紹介記事

伊藤賢治【ゲーム音楽作曲家列伝31】
ゲーム音楽作曲家列伝 第31回は、ロマンシングサガシリーズなどを手掛け、1990年代の全盛期スクウェアを支えた人気作曲家、伊藤賢治さんです。

リズムトラックに凝ってみた【ソロギター演奏】

この曲はスパニッシュな部分もあるので、フラメンコ化できるかな?と思ってやってみましたが、以外とフラメンコ化は難しく、それならばと、原曲再現に比率を置いた演奏にしました。

原曲はCマイナー/Cスパニッシュですが、解放弦最大活用したいので、Aマイナー/Aスパニッシュに移調しています。

あまりハイポジションを使わないアレンジにしたので、3フレットにカポタストを付けて、実音はオリジナルのCマイナー/Cスパニッシュに合わせています。

エンディングはフラメンコ調にしました。
形式でいうとマラゲーニャのフレーズですね。

そしてリズムトラックですが、作り始めたら凝ってしまって、本体のギターアレンジを作るより時間かかってるかもしれないです。

メロスピっぽい疾走感を狙いましたが、ギターアレンジとうまく絡むように、色々弄っていたら沼にはまって、完成に3日間、延べ10時間くらいかかってしまいました。

ロマンシンジサガ3 ラストバトル コード進行

オリジナルと演奏の実音はCマイナー/Cスパニッシュだが、Aマイナー/Aスパニッシュで記載

イントロ
A B♭ A B♭
A B♭ A B♭
A A

ブリッジ1
A7/B♭ A7/B♭ A7/B♭ A7/B♭
A7/B♭ A7/B♭ A7/B♭ A7/B♭

サビ1
Dm7/G7 CM7/FM7 Bm7(♭5)/E7 Am/Am7(onG)
F Em11 Dm7/Am Bm7(♭5)/E7

ブリッジ2
Am/B♭ Am/B♭ Am/B♭ Bm7/E7(♯9)

Aメロ1
Am Am E7sus4 E
Gm6 A7(♭9) D7sus4/Dm7 Dm(onF)/D7(onF♯)
C/B♭5 E7 Am A7
Dm9 B7 E7 E7

Aメロ2
Am Am E7sus4 E7
Gm6 A7(♭9) D7sus4/Dm7 Dm(onF)/D7(onF♯)
C/B♭5 E7(♯9) Am A7
F/Bm7♭5 E7

ブリッジ3
Am/E7 Am/E7 Am/E7 Am

サビ2
Dm7/G7 CM7/FM7 Bm7(♭5)/E7 Am/Am7(onG)
F Esus4 Dm7/E7 A7sus4/A7
Dm7/G7 CM7/FM7 Bm7(♭5)/E7 Am/Am7(onG)
F Esus4 Dm7/Am Bm7(♭5)/E7

ブリッジ3
Am/E7 Am/E7 Am/E7 Am

アウトロ
■Eスパニッシュ
F F G G
F7♭5 F7♭5 E E

コード進行分析

オリジナルと演奏の実音はCマイナー/Cスパニッシュだが、Aマイナー/Aスパニッシュで記載

イントロ
■Aスパニッシュ
Ⅰ/♭Ⅱ Ⅰ/♭Ⅱ Ⅰ/♭Ⅱ Ⅰ/♭Ⅱ
Ⅰ/♭Ⅱ Ⅰ/♭Ⅱ Ⅰ/♭Ⅱ Ⅰ/♭Ⅱ

サビ1
■Aマイナー
Ⅳm7/♭Ⅶ7 ♭ⅢM7/♭ⅥM7 Ⅱm7♭5/Ⅴ7 Ⅰm
♭Ⅵ Ⅴm11 Ⅳm/Ⅰm Ⅱm7♭5/Ⅴ7

ブリッジ1
■Aスパニッシュ
Ⅰm7/♭Ⅱ Ⅰm7/♭Ⅱ Ⅰm7/♭Ⅱ Ⅱ7/Ⅴ7

Aメロ1
■Aマイナー
Ⅰm Ⅰm Ⅴ7sus4 Ⅴ7
■Dマイナー
♭Ⅳm6 Ⅴ7 Ⅰm7(AマイナーのⅣm7と共用) Ⅰm7/Ⅰ7
■Aマイナー
♭Ⅲ/Ⅱ7♭5 Ⅴ7 Ⅰm Ⅰ7
Ⅳm7 Ⅱ7 Ⅴ7 Ⅴ7

Aメロ2
Ⅰm Ⅰm Ⅴ7sus4 Ⅴ7
■Dマイナー
♭Ⅳm6 Ⅴ7 Ⅰm7(AマイナーのⅣm7と共用) Ⅰm7/Ⅰ7
■Aマイナー
♭Ⅲ/Ⅱ7♭5 Ⅴ7 Ⅰm Ⅰ7
♭Ⅵ/Ⅱm7♭5 Ⅴ7

ブリッジ2
Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm

サビ2
Ⅳm7/♭Ⅶ7 ♭ⅢM7/♭ⅥM7 Ⅱm7♭5/Ⅴ7 Ⅰm
♭Ⅵ Ⅴsus4 Ⅳm/Ⅴ7 Ⅰ7
Ⅳm7/♭Ⅶ7 ♭ⅢM7/♭ⅥM7 Ⅱm7♭5/Ⅴ7 Ⅰm
♭Ⅵ Ⅴm11 Ⅳm/Ⅰm Ⅱm7♭5/Ⅴ7

ブリッジ3
Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm

アウトロ
■Eスパニッシュ(Aマイナーの平行調)
♭Ⅱ ♭Ⅱ ♭Ⅲ ♭Ⅲ
♭Ⅱ7 ♭Ⅱ7 Ⅰ Ⅰ

マイナーとスパニッシュの複合調【コード進行のポイント】

マイナーキーとスパニッシュ調の複合型ですが、スパニッシュ調はイントロとブリッジ部分のみで、曲の本体部分はほぼマイナーキーです。

移調後のAマイナー/Aスパニッシュで解説します。

コードアナライズではとくに転調扱いにしませんでしたが、B♭→A(またはAm)という進行が出てきたらAスパニッシュ調に行っています。

この曲はイントロ後にいきなりサビから入りますが、サビはⅣmからの5度進行でマイナーキーの王道進行です。
「枯葉」とか、この進行ですよね。

Aメロはマイナーの3コードに、たまにⅡ7が入るというこれまた王道な進行ですが、3つ目のGm6がポイントでしょうか。

ここは、色んな解釈ができますが、自分はDマイナーキーへの一時的転調と捉えてⅣm6(Gm6)→V7(A7)→Ⅰm(Dm)としました。

ロマンシングサガ・伊藤賢治さんの楽曲 ソロギターアレンジ

伊藤賢治さん(イトケン)の曲 ソロギターアレンジ
伊藤賢治さん(イトケン)の楽曲のソロギターアレンジをまとめてあります。

スーパーファミコンのゲーム音楽 ソロギターアレンジ

スーパーファミコンのゲーム音楽 ソロギターアレンジ
スーパーファミコンのゲーム音楽のソロギターアレンジをまとめてあります。

コメント