初期のPCと家庭用ゲーム機【ゲーム音楽史02】

ゲーム音楽史では前回、黎明期から「ナムコ一強時代」についてお話しましたが、1980年から1984年頃までのゲーム音楽は、ナムコを中心としたアーケードゲームが圧倒的なリードをしていました。

ですが、その裏では国産のPCや家庭用ゲーム機の業界が形成されつつありました。

今回は黎明期のPCと、ファミコン登場以前の家庭用ゲーム機(コンシューマー機)のゲーム音楽事情をみていきます。

まずは、「マイコン」と呼ばれていた初期のPCについてです。

AppleⅡの発売

1977年にアメリカで「AppleⅡ」が発売されました。

これには一応サウンド機能が備わっていたらしいのですが、後に拡張用のPSGカードが出ているので、初代のはBEEP音の音程を変えられるタイプでしょうか。すみません、AppleⅡのハードはあまり詳しくありません。

家庭用のゲームに関しては、このAppleⅡと次回とりあげるゲーム機Atari2600(1977年発売)のソフトが1980年代に入る以前から相当数出回っていて、この時代はまだアメリカが圧倒的に進んでいました。

国産初のPC

国産のPCは1978年の日立MB-6880、SHARPのMZ-80Kが最初ですね。

1979年にはNECからPC-8001が発売されベストセラーとなり、NECは国産PCのトップメーカーになりました。

しかし、この時代のPCはまだPSGも搭載しておらず、音楽を奏でるには程遠い状態でした。

PC-6001と「御三家」

1981年にNECから発売されたPC-6001PSGがはじめて搭載されましたが、売れ筋は同時に出たPC-8801でした。こちらはビジネス向きでPSGを搭載していませんでした。

PC-6001は今思うと低価格で革新的な機能を備えたPCでしたが、グラフィックの解像度が低かったために、ゲームなどのホビー用途としてもあまり評価されなかったように思います。

翌1982年に富士通 FM-7とSHARP X1というPSG搭載のホビー機が発売され大ヒット、PC-8801とともに「御三家」と呼ばれていました。

御三家に共通していたのは640×200ドットのカラー表示が可能で、細かいグラフィックやテキスト表示が要求されるRPGシミュレーションアドベンチャーなどのジャンルのゲームに適していたことです。

初期のPCゲーム業界事情

PC6001から御三家あたりが国産PCのゲーム音楽の夜明けと言っていいですが、なにしろハードも貧弱だし音楽を作るスタッフもいません。

国産ゲームソフト業界は立ち上がったばかりで、資金もなければ、人材もいない状態です。

ゲームメーカーはほとんどがベンチャー企業でプログラマーも不足していたため、プログラムコンテストなどを開催してアマチュアから人材を集めていた、そんな時代でした。

当然のことながら、音楽の質もナムコなどのアーケードゲームとは比べるべくもなかったです。

その後1983年10月頃からMSXが発売され、PCも低価格で買えるようになりましたが、同じような環境が続いていました。

国産PCの奏でる音楽がそれなりのレベルに達して、アーケードゲームと肩を並べられるくらいになるのは1985年発売のPC-8801mkⅡSRの登場を待たねばなりません。

初期の家庭用ゲーム機

初期の8ビットPCのゲーム音楽事情をみてきましたが、後半はファミコン発売までの家庭用ゲーム機のゲーム音楽事情をお話します。

Atari2600

1977年にアメリカAtari社がカートリッジ式ゲーム機 Atari2600を発売して大ヒットしました。

Atari2600にはパルス1音+ノイズ1音というサウンド機能が備わっていました。サウンド機能は後述のカセットビジョンと同等でしょうか。

同時期のAppleⅡといい、当時のアメリカは日本より3、4年は進んでいた感じです。

ちなみに、自分はこれが世界初のカートリッジ式ゲーム機と思っていましたが、世界初はフェアチャイルド・チャンネルF(1976年)です。

カラーテレビゲーム15

日本では同時期1977年に任天堂が「カラーテレビゲーム15」を発売しています。

これの単機能版の「ブロック崩し」(1979年発売)が友人宅にあって、よく遊びに行っていました。

これらは単音の効果音が出せる程度のサウンド機能で、まだ音楽は無理でした。

カセットビジョン

1981年にエポック社からカートリッジ式の「カセットビジョン」が発売されます。

これは単音メロディ+効果音が出せました。このあたりでサウンド機能はようやくアメリカのAtari2600に追いついた感じです。

グラフィックはドットが粗すぎてなんともシュールな感じでしたが。

これまた友人宅で遊んでいたのですが、「きこりの与作」の「ヘイヘイホー、ヘイヘイホー」は憶えています。

ゲーム&ウオッチやポータブルゲームの流行

このあたりの時代、まだTVゲームは機能のわりに高価で、持っている家庭はごく一部でした。

代替品として子供の間では「ゲーム&ウオッチ」に代表されるポータブル型の単機能ゲームが流行していました。

自分もゲームウオッチ他のLCDゲーム数種類と、トミーの「パックマン」などの電子ゲームを持っていました。

ぴゅう太・ゲームパソコン

「日本で初めてのPSG搭載のゲーム機」というのを考えてみたんですが、一つの候補はトミーから1982年8月に発売された「ぴゅう太」でしょうか。

最近調べていて知ったんですが、「ぴゅう太」はBIOSからPSGがコントロールできるようですね。

このあと11月に、ゲーム音楽史01で触れた、タカラ「ゲームパソコン」(=ソードM5のOEM)が出ています。

当ブログではMSX・MSX2をPCに入れているので、これらをコンシューマーに入れるかPCに入れるかは微妙なところで、「ぴゅう太」が国産初のPSG搭載コンシューマーゲーム機である、というのは意見が分かれるところと思います。

これらの、いわゆるホームコンピュータ・ゲームパソコンなどと呼ばれるものは、主に玩具メーカーが製造してほかにも何機種か発売されていますが、ゲーム機としては値段が高く、PCとしては機能が弱かったのでファミコンやMSXが出回るとユーザーはそちらに流れてしまいました。

アタリショック

1982年から1983年頃にかけて、アメリカではいわゆる「アタリショック」が起きています。

詳しくはWikipedia等を見ていただくとして、簡単に説明すると、Atari2600からのTVゲームブームに様々なメーカーが新規参入して質の低いゲームソフトを乱造した結果、ユーザーのゲーム離れが起きて、アメリカのゲーム業界全体が低迷するという事態になりました。

日本では、この年代はまだそんなに大規模な市場は無かったし、これの影響は軽微だったと思います。

後にファミコンが「NES」として欧米展開すると(1985年)、これが大ヒットしてアメリカのゲーム業界復興のきっかけになっています。

ファミコンの登場

1983年7月15日、任天堂「ファミリーコンピュータ」と、セガ「SC-3000・SG-1000」が発売されます。この2機種は発売日が同じでした。

PSG搭載の国産コンシューマー機といいきれるのは、これらが初でしょうか。

この時期、他にもいくつかのゲーム機やゲームパソコンが発売されていますが、表示機能に優れるファミリーコンピュータが主導権を握ることとなります。

ファミコンのPSGはカスタムチップが使用されていて、当時主流のものより音源性能も少し上でした。

以降、多くの人が知っている「ファミコン」の歴史がスタートするのですが、初期のファミコンソフト業界も黎明期であり、8ビットPCのゲーム業界と同じような状況でした。

ファミコンのゲーム音楽も、アーケード移植のものは別にして、ご本尊の任天堂は音楽にはまだ本腰を入れておらず、他メーカーはまだまだ開発力・資金力が乏しかったため、初期のファミコンのゲーム音楽も同時期のPCのものと似たり寄ったりのレベルでした。

ゲーム自体は任天堂製のものは非常にクオリティが高かったと思いますが、ファミコン独自のゲーム音楽の発展は、1985年のスーパーマリオブラザーズあたりからですね。

このように、1984年頃までは、まだ日本の家庭用ゲームやPCゲームの業界は立ち上がりの時期で、音楽の質もナムコを筆頭とするアーケードゲームに太刀打ちできるものではありませんでした。

ゲーム音楽史 前回

黎明期からナムコ一強時代へ【ゲーム音楽史01】
新連載「ゲーム音楽史」初回投稿です。今回はゲーム音楽の黎明期から、先駆者ナムコが他を圧倒していた「ナムコ一強時代」(1981年から1984年頃)までのお話をします。

ゲーム音楽史 次回

変革の年1985年【ゲーム音楽史03】
ゲーム音楽史第3回は、FM音源の登場に伴うゲーム音楽の大変革があった1985年を中心に、その少し前の1983年後半頃からの出来事をお話します。

コメント