記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)

スーパーファミコン登場と対戦格闘ブーム【ゲーム音楽史11】

前回までに第一次ゲーム音楽黄金期(1986年~1989年ごろ)の話をしましたが、アーケードゲーム主導で始まったゲーム音楽の発展も最終的にはファミコンの爆発的ヒットでコンシューマーに集約されていきます。

それを決定づけたのがスーパーファミコンでした。

スーファミの登場

スーパーファミコンはファミコンの後継として、任天堂が1990年11月発売に発売した家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコン

グラフィック解像度はテレビに接続するという仕様上、PCには及びませんが、色数・スプライト数などファミコンと比較にならない進化をします。

そしてサウンドはPCM音源8chと、当時の家庭用ゲーム機としては強力なものでした。

セガのメガドライブも性能は良かったのですが、ファミコンのタイトルが1992年ごろまで良いものが出続けたこともあって、ファミコンユーザーは後発のスーパーファミコンへ移行、任天堂はシェアの維持に成功します。

スーパーファミコンの普及によりアーケードやPCとの性能差は小さくなり、わざわざゲーセンに通ったり、高いPCを買わなくてもハイクオリティなゲームが家庭で出来るようになったのです。

また、スーパーファミコンのPCM音源は独特の音質で、これを今の基準で単に低音質と言ってしまえばそれまでですが、ゲーム音楽としては絶妙にマッチしていて、この音質が好き、というファンもたくさんいます。
なんというか、コンプレッサーを強くかけたような音圧感は中毒性があります。

1991年~1993年ごろのコンシューマーお薦めタイトル

スーパーファミコンはファミコンのシェアを引き継いで、初期から優秀なタイトルが多数発売されています。

ゲーム音楽という面で印象に残っているタイトルを紹介します。

F-ZERO(スーパーファミコン 任天堂)~スーファミ本体と同時発売。BGMは全て良曲。自分は『Big Blue』が好き。

アクトレイザー(スーパーファミコン エニックス)~古代裕三さん作品。これを聴いた植松伸夫さんがファイナルファンタジー4の音楽を作り直した、という逸話は有名。それほどスーファミ初期作品としては突出していた。

ファイナルファンタジー4(スーパーファミコン スクウェア)~自分はFFシリーズ全作品を通してこれが一番印象に残っている。植松さん作品の中でも映画音楽色が濃い。

ロマンシングサガ(スーパーファミコン スクウェア)~なんだかんだでこのシリーズが一番採譜数が多かった。一作目からイトケンサウンドは確立されている。

天外魔境2(PCエンジン ハドソン)~久石譲さんが音楽を担当。『Lマップ通常』が名曲。

スーパーマリオカート(スーパーファミコン 任天堂)~マリオシリーズでは一番好きだったりします。『ノコノコビーチ』『レインボーロード』がいい。

ドラゴンクエスト5(スーパーファミコン エニックス)~すぎやまファンの間では賛否あるようだけど、自分はかなり好き。『王宮のトランペット』『街は生きている』『愛の旋律』そして『結婚ワルツ』 名曲多いと思う。

真・女神転生(スーパーファミコン アトラス)~『銀座』の解説で書いたとおり、増子司さんの音楽はこれをもって完全体になったと思う。『銀座』以外にも『自宅』『邪教の館』『四天王の館』『廃墟』『エンディング』などが好き。

ウィザードリィ5(スーパーファミコン・PCエンジン アスキー)~なんといっても羽田健太郎さん作のオープニングは名曲。

ファイナルファンタジー5(スーパーファミコン スクウェア)~4とまた雰囲気が違うが、『メインテーマ』『飛龍のテーマ』『古代図書館』『四銃士のテーマ』『ビッグブリッヂの死闘』『新しき世界』など個性的で印象深い曲が多かった。

イーハトーヴォ物語(スーパーファミコン ヘクト)~マイナータイトルですがタイトル曲は名曲であり、一聴の価値あり。

スターフォックス(スーパーファミコン 任天堂)~近藤浩治さんが手掛けた作品。『コーネリアのテーマ』すごい好き。

聖剣伝説2(スーパーファミコン スクウェア)~これのタイトル曲、フラミンゴが飛んでいくところは鳥肌。他にも『少年は荒野を目指す』『子午線の祀り』『危機』など名曲多数で、これと次作の聖剣3は菊田さんの代表作。

悪魔城ドラキュラX(PCエンジン コナミ)~アレンジがバブル時代から90年代初頭の雰囲気で他の悪魔城シリーズとカラーが違うが、『乾坤の血族』『SLASH』『op.13』など良曲多数。

ロマンシングサガ2(スーパーファミコン スクウェア)~ロマサガ三部作では一番落ち着いた雰囲気の音楽だが、自分は伊藤さんのバラード系、オーケストラ系大好きなので歓迎。

これでもかなり厳選したんですが、スーファミは紹介したいタイトルが非常に多いです。
最盛期の1994年~1995年は次回扱います。

対戦格闘ゲームブームの始まり

スーパーファミコンの登場によって完全にシェアを奪われたかに見えたアーケードゲーム業界ですが、ところがどっこい、劇的に復活します。
ストリートファイターⅡ』(1991年カプコン)からの対戦格闘ゲームブームです。

ストリートファイター2 リュウとケン
(c)CAPCOM

このブームは、プレイヤーが自分の技術を高め、家庭内では不可能な不特定多数の対戦相手とプレイする、ということに着目したシステムが大成功し、再びゲーセンに人が集まるようになりました。

大会なども盛んに行われ、各社とも対戦格闘型のゲームを出してきています。
代表的なものをあげると

  • SNKの『餓狼伝説』(1991年)
  • セガの『バーチャファイター』(1993年)
  • ナムコの『鉄拳』(1994年)

このブームは長く続き90年代後半にピークを迎えますが、2000年以降も『ギルティギア』シリーズや『BLAZBLUE』シリーズなど一定数のヒット作が出続けています。

この時代のアーケードゲームの音楽に関しては格闘ゲーム以外にもいいものがあります。

自分の趣味ですが、タイトーのシューティングゲームは非常に音楽素晴らしいです。
すべてZUNTATAのメンバーが音楽を作っています。

  • メタルブラック~渡部 恭久さん初期の代表作
  • グリッドシーカー~古川典裕さん作品
  • ダライアス外伝~ZUNTATAのラスボスOGRさん作。OGRさん作品の中でもトップ3と思う

SNK ネオジオ(NEO・GEO)

対戦格闘ゲームブームのもう一方の立役者、SNKですが『ストリートファイターⅡ』の登場と前後してネオジオ(NEO・GEO)というプラットフォームを出しています。

ネオジオ

ネオジオはアーケードゲームと家庭用で同じ基盤を使用し、アーケードゲームと全く同じものが家庭でもプレイできる、というのが売りでした。

価格は本体58000円、ROMカートリッジが30000円~とかなり高額でしたが、家で練習してゲーセンで対戦する、というヘビーユーザーの需要でそこそこヒットしました。

PCのゲーム音楽の状況【1990年代前半】

同時代(1990年代前半)のPCは1991年ごろから普及し始めたDOS/Vパソコン(windowsPC)と、NECのPC-98シリーズがシェアを2分することになります。

ホビー用途ではX68000、FM-TOWNSも生き残っていますが、次第にシェアを失います。

ゲームのほうは、アダルト系や高度なシミュレーションが中心となり、あまり一般向けではありませんでした。

自分もあまり詳しくないので、音楽のいいタイトルは『X68000版悪魔城ドラキュラ』くらいしか挙げることができません。

サウンドはFM音源中心からPCM音源へ、さらにはデータを音源チップで再生する形でなく、現在のようなwav(CDなどのリニアPCMをデータファイル化したもの)などの波形を直接再生するオーディオファイル形式へと移り変わっていきます。

携帯型ゲーム機市場の動向【1990年代前半】

1989年に発売されたゲームボーイはロングヒットを続けます。
90年代前半はゲームボーイタイトルも音楽はかなり充実しています。

1990年~1993年ごろのお薦めゲームボーイタイトル

この年代のゲームボーイのタイトルのうち、音楽が素晴らしいものをあげていきます。

Saga2秘宝伝説(スクウェア)~伊藤賢治さんの初期作品。『伝説は始まる』は『RisingSun』と対をなす名曲

ネイビーブルー90(USE)~音楽がいいのは一部では有名

聖剣伝説(スクウェア)~これも伊藤賢治さんの初期作品。詳しくはRisingSunの解説を参照

カエルのために鐘は鳴る(任天堂)~『王子の冒険』は有名曲

他に『ウィザードリィ外伝』シリーズ(アスキー)
ラストバイブル』シリーズ(アトラス)などもいいですね!

ゲームギア

1990年10月にセガからゲームボーイに対抗した携帯ゲーム機『ゲームギア』が発売されます。

ゲームギア

ゲームギアはSTNカラー液晶を採用し、セガマークⅢと同等の性能がありました。

ただ、当時の技術ではカラー液晶はまだ時期尚早だったようで、価格が19800円と高額になったのと、電池持ちが致命的に悪く、ゲームボーイのシェアを奪うには至りませんでした。

サウンドはPSG3音+ノイズで、こちらはゲームボーイのほうが優れていました。

ゲームギアオリジナルのゲーム音楽としては、コンパイルの『GGアレスタ』シリーズなどが有名です。
<h2BGMの動向【1990年代前半】

この年代、自分は何をしていたかというと1990年ごろまではファミコンとMSX2をやっていましたが、1991年~1993年頃は音楽学校に通いながら夜間は仕事をしたりで、ぜんぜん時間がなくて、ゲームから離れていました。

スーファミやゲームボーイの初期タイトルはこのあと本体を購入後に中古や友人から借りてやったものが多いです。

ゲーム音楽史 前回

第一次黄金期 後編(1988~1990年)【ゲーム音楽史10】
ゲーム音楽史 第10回は『第一次黄金期』後編で1988~1990年のことを書いています。PCM音源が出始めたり、ファミコンも末期は名曲を擁するタイトル多数でした。

ゲーム音楽史 次回

第二次黄金期(1995年前後)【ゲーム音楽史12】
ゲーム音楽史 第12回は『第二次黄金期』としてスーパーファミコン後期の1995年を中心に取り上げています。この時期、多数のゲーム音楽名曲が生み出されました。

コメント