現在のゲーム音楽【ゲーム音楽史12】

ゲーム音楽史では、前回までで2012年頃までのゲーム音楽を見てきましたが、2013年頃以降現在までを「現在のゲーム音楽」として区分してお話していきます。

具体的には据え置きゲーム機ならプレステ4・WiiU・XboxOne以降。モバイルならNintendo3DS・PSvita以降ということになります。

いつものように、プラットフォーム別に見ていきます。

最近のコンシューマーゲーム機

ゲーム音楽的にはこの時代区分でそんなに変化があるわけではありませんが、2013年前後に各社とも新世代機を投入しています。

音楽再生に影響するスペックの変化はもう全くといっていいほどありません。

ハイレゾなどに対応してみたところで、一般にゲームで使われるような再生機器ではほぼ変化が分からないので、これ以上サウンドにリソースを割く意味はないわけです。

というわけで各機種とも概要のみの解説で。

WiiU

WiiUは、2012年12月発売で、任天堂Wiiの後継機。

Wiiと同様、多彩なインターフェイスが特徴で、とくにファミリー層・ライト層の支持を集めました。Wiiとは互換性があります。

プレイステーション4

プレイステーション4は、2013年2013年11月、プレイステーション3の後継としてソニーから発売されました。オーディオは AMDのDSPを搭載。

日本では据え置き・モバイルともに任天堂とソニーの2強態勢が続きます。

Xbox One

XBoxOneは2014年9月発売(日本以外では2013年11月発売)。

ローカライズに時間がかかり、日本含むアジア圏は1年ほど発売が遅れていて、その影響でMicrosoftはシェアを落としています。

Xbox360との互換性は基本的にはありません。

Nintendo Switch

ニンテンドーSwitchは2017年3月発売、任天堂の最新機種となります。モバイルと据え置き機の融合を目指して開発されました。

タブレット状の端末にコントローラをドッキングさせてモバイルとして使うことも可能です。

プレイステーション5(追記)

2020年11月12日にプレイステーション5が発売されましたが、2021年6月現在でもまだまだ品薄状態が続いています。

サウンドに関してはプレステ4からあまり進歩は無いので、プレステ5の登場でゲーム音楽が大きく変化するということは無さそうです。

2013年以降のコンシューマーゲームの音楽

2013年以降の据え置きコンシューマー機のゲーム音楽で自分がとくに良いと思ったものです。

これはあくまで自分個人の印象だし、今後も続くかはわかりませんが、最近のゲーム音楽はモバイル機含む家庭向けゲーム作品では、任天堂が突出しているように思います。

クリプト・オブ・ネクロダンサー(Brace Yourself Games)
ハウス・トランス系中心ですが、メロディが強いのが多くてかなり好みです。「Mausoleum Mash」がいいですね。

ゼノブレイドクロス(任天堂)
澤野弘之さん作品。前作とかなり趣向違いますが、こちらも良いです。ランダム文字列みたいな曲名が多いんですが、自分は「46-ri9」が好きです。

スプラトゥーン(任天堂)
これも音楽は非常に人気がありますね。気分上げる系のドライなロックアレンジ曲が多いですが、自分は「Splattack!」がいいですね。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(任天堂)
ピンポイントで「師匠の詩」が好きです。3拍子泣きのアコーディオン。

2011年以降のモバイルゲーム機

モバイルゲーム機は据え置き型より一足早く2011年に新世代が登場しています。

3DS、PSvita以降はモバイルゲーム機も波形再生のみとなり、音楽再生では他のプラットフォームと全く差がなくなります。

ニンテンドー3DS

ニンテンドー3DSは2011年2月発売。

見た目はDSチックですが、大幅に性能が上がっていて、ほぼ高性能スマホにコントローラーが付いているというような仕様です。

3Dグラフィック、波形音楽再生、インターネット、内蔵カメラ。ほぼなんでもできるようになりました。

プレイステーションVita

プレイステーションVitaは2011年12月発売。

これも3DS同様、ほぼスマホです。PSPより各段に高性能でなんでもできます。

3DS・Vita世代モバイルゲーム機のゲーム音楽

3DSとPSvitaに世代交代した2012年以降のモバイルゲーム機のゲーム音楽で自分が良いと思ったものです。

ファイアーエムブレム覚醒(任天堂)
「大神」の近藤嶺さんと森下弘生さんが音楽を担当。近藤嶺さんの曲いいですねー。自分は「貴様らが…姉さんの言葉を語るな」が一番好きです。

ブレイブリーデフォルト フライング・フェアリー(スクエニ)
Revoさん作品。音楽は熱狂的ファンも多いです。メタルっぽいディストーションギターをフィーチャーした曲が多いですが、アレンジはストリングスやブラスやピアノが沢山入っていたりで独特です。名曲多数ですが、自分は「邪悪なる飛翔」かな。人気曲「地平を食らう蛇」もすごい力作なんですが、最後のほうの曲調がネットで「暴●んぼう●軍」て言われていて、もうそれにしか聴こえなくなってしまった(笑)

ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア(任天堂)
影山将太さん、足立美奈子さんなどが音楽担当。ポケモンシリーズの音楽では自分はこの作品が一番好きです。とくに「天翔ける夢」と、組曲になっているピアノ曲の「エンディングテーマ」が良いですね。

S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン(任天堂)
これも任天堂だったんですね。近年の任天堂凄まじいな……「Dance and Death “body”」が、かなり気に入ってます。

カービィ ロボプラネット(任天堂)
固定ファンの多いカービィシリーズの中でも音楽の総合点でいったら1、2を争う出来と思います。カービィの音楽はテクノっぽくて海外でも相当な人気があります。

2013年以降のPCのゲーム音楽

PCのゲーム音楽は引き続きフリーゲーム系が強いです。これからはいろんな意味で個人・アマチュアが活躍する時代でしょうね。

艦隊これくしょん(角川)
音楽は一通りしか聴いてないんですが、音楽のクオリティも高いと思うし、なにより社会現象化したゲームとして取り上げました。東方Pとか、これとか、洞窟物語、下のアンダーテールとか、PCというプラットフォームは個性的なゲームがたまに物凄い影響力持つことがあるので目が離せません。

東方輝針城(東方project)
東方projectの近年の作品の音楽ではこれが一番好きです。「輝く針の小人族」が良いと思います。ZUNさんよくこれだけメロが出てきますよね。ほんとに感心します。

ムラサキ(カタテマ)
フリーゲーム。てつ氏と音楽担当のMusMus氏の作品。これは最近ネットで初めて知ったんですが音楽が素晴らしいです。ムラサキでは「Flowers Sprouting on a Charcoal」が良かったです。同じ作者で他にも「いりす症候群」シリーズとか全部音楽が良いのでお薦めいたします。

アンダーテール(Toby Fox)
トビーフォックス氏が音楽から何から、全て一人で作り上げたゲーム。音楽もグラフィックも1980年代後半から1990年代前半レトロゲームのテイスト満載で相当マニアックだな、と思いました。音楽はこの人元々本職なのかな?音楽性も独自のものがあって普通にチップチューンとして聴いても素晴らしい出来です。作者によると、MOTHERや東方Pの音楽の影響を受けているようです。自分のアンダーテール体験はこちらの記事で書いています。

スマートフォンという新しい形態

2010年頃からスマートフォンが急激に普及し、現在ではスマートフォンを持っていない人のほうが珍しいくらいになっています。普及度合いで言えば、ゲーム機の比ではないですよね。

当然ながらゲーム業界でも、スマートフォンというプラットフォームが重要視される流れは非常に強く、現在ではAndroidとiPhoneを中心としたスマホアプリゲームやブラウザゲームは凄まじい数のタイトルが出回っています。

iPhone・Androidのアプリやブラウザゲームは、個人で制作して簡単に流通させられるシステムなので、それこそ星の数ほどのゲームとゲーム音楽が存在します。

自分はスマホゲームはあまりプレイしないし、その音楽もあまり知らないのですが(グランブルーファンタジーとか、パズドラとか、本当に超メジャータイトルしか知らないです)、もはや無視できない巨大ゲーム市場となっているスマホゲームについても少し触れておきたいです。

スマートフォンは音楽再生やグラフィックなどの機能的には、3DSやVitaなどの携帯ゲーム機とそんなに変わりませんが、特徴としては以下のようなものが大きなところだと思います。

  • 原則、画面タッチによる操作なのでゲーム性に大きな制約がある
  • 通信やコミュニケーションの機能は優れているのでMMOなどの形態に適している
  • 高機能なGPSやカメラを内蔵するのでそれを利用した新しいゲーム形態が生まれている
  • バッテリーや操作性などの問題で長時間の操作は適さないので「放置系」など短時間の操作で成立するゲームが人気
  • 音楽は基本的に内蔵のショボいスピーカーで再生されるので、それに最適化した楽曲が多い

こんな要因があるので、ゲーム性は従来のゲームと大きく異なったものが多いです。

ゲーム音楽ということで言うと、商業的にやっているゲームは有名なゲーム音楽作家に制作を依頼したりもしますが、なにしろ数が多すぎて、いつのまにかサービスが終わって消えてしまうゲームも多いし、音楽も「大量に作られて、使い捨て的に大量消費されている」というイメージが拭えません。

そういう理由で、自分は今ひとつスマホゲームの音楽に興味が持てていなくて、今はこれくらいのことしか書けないのですが、スマホというプラットフォーム自体は非常に可能性を感じるし、また考えも変わるかもしれないので、そうなったら「ゲーム音楽史」も新しい記事を加筆することになると思います。

現在のゲーム音楽とこれから

最後になりますが、こうしてゲーム音楽の歴史を俯瞰してみると、ゲーム音楽はプレステ時代あたりから質的に変わりはじめましたが、現在は1周回ってなんでもアリの感じがします。

こういう時代だから逆にPSG音源・FM音源時代のサウンドや曲作りが再評価されて、それらを再取り込みしつつ進化していく段階なのかな?と思います。

ゲーム音楽は昔から特異な立ち位置でしたが、映画音楽とか一般的な劇伴と比べて強烈な個性があると思います。

また、インストゥルメンタル音楽ということで考えると、ゲームは貴重な商業的需要源の一つです。

ゲームがこれだけ普及し生活と密着している現在、ゲームはTV放送なんかと同等の生活インフラの一つにまでなっていて、まだまだ面白い発展の可能性を秘めていると思います。

自分はゲーム音楽とは趣味での演奏・執筆という形での関わりですが、ずっと追い続けたいです。

今後の執筆活動ですが、次回からはゲーム音楽史の補完記事として、このゲーム音楽史を踏まえた、ゲーム音楽論の展開を考えています。

今後ともよろしくお願いします!

ゲーム音楽史 前回

プレイステーション3時代【ゲーム音楽史11】
ゲーム音楽史第11回は2006年から2012年頃の家庭用ゲーム機向けタイトルの話題です。プレステ3やWiiの世代にあたります。

コメント