記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)

黎明期(1980年まで)~はじめて音楽を奏でたゲームとは?【ゲーム音楽史01】

今日から新シリーズの読み物『ゲーム音楽史』を少しづつ書いていこうと思います。

自分自身も時系列でまとめることで、知らなかった知識を補充できたりするし、こういうゲーム音楽関連の読み物を編纂していくことで、最終的に当ブログを『ゲーム音楽資料集』のような感じにできたらいいな、と思います。

今の時代は基本的な情報はネットで調べられるので、ネットの情報も参照しつつ、基本的に自分の独断と偏見で語っていきます。

世界で初めて音楽を奏でたゲームは?

――wikiによると最初の音楽を奏でるゲームはExidy社が1977年に発表した『サーカス』らしいですね。

サーカス

これはやったことないんですが、ごく短い単旋律メロディを出すことができたらしいです。

スペースインベーダー

日本では1978年にタイトーが発売して社会現象になった『スペースインベーダー』が有名ですね。

スペースインベーダー
(C)TAITO Corporation

スペースインベーダーはリアルタイムではやっていないんですが、TVなどでよく取り上げられていたので、どういう音が鳴るかは知ってました。

スペースインベーダーは、まだPSGも搭載されておらず効果音のみでした。
発振器で音程を変えられるので、あの『デッ・・デッ・・デッ・・デッ・・・』ていうのがベースラインに聴こえなくもないですが、まとまった音楽と呼べるものでは無かったと思います。

日本で最初にメロディを奏でたのはインベーダーのコピーゲームだった

スペースインベーダーのコピーゲームである
『スペースフィーバー』(任天堂 1979年)と
『メロディーパート3』(サンリツ)が
日本で最初に音楽を奏でたゲームと言われています。

一般的には、その少し後の『パックマン』(ナムコ 1980年5月)のファンファーレが有名ですが、これらはゲームの合間に鳴るメロディックな効果音、といった感じでした。

ラリーXとニューラリーX

いわゆるBGMがついた最初のゲームは『ラリーX』(ナムコ 1980年11月)ですね。

少しして『ニューラリーX』にバージョンアップされてBGMが2和音になり、Bメロがつきました。

ラリーX
(C)BANDAI NAMCO Amusement Inc.

元祖ラリーXはAメロのみ4小節のループでしたが、ニューラリーXのほうは1ループ16小節あって、ちゃんと起承転結が表現されていました。

メロディーは例えるのが難しいですが、ちょっとカントリー調に聴こえます。

このように、初期のゲーム音楽はパックマンやラリーXから始まり、その開発元であるナムコがリードしていくことになります。

次回は『ナムコ一強時代』を書く予定です。

ゲーム音楽史 次回

ナムコ一強時代(1981~1984年)~PSGと波形メモリ音源【ゲーム音楽史02】
ゲーム音楽史 第二回。1981年~1984年頃は先駆者ナムコが他を圧倒していた時代でした。波形メモリ音源、商業的優位性など、その要因を解き明かしていきます。

コメント