小沢純子【ゲーム音楽作曲家列伝05】

小沢純子さんは、大野木宣幸さん(第1回)、慶野由利子さん(第2回)と共に「ナムコ一強時代」を担った作家さんで、ドルアーガの塔の作曲者として有名です。

小沢純子さんプロフィール・略歴

本名:小沢純子(おざわ じゅんこ)
通称:ZUNKO
作曲家デビュー:1984年4月(ギャプラス)
代表作品:ドルアーガの塔、風のクロノア(一部作曲)

1983年、音楽大学卒業後すぐにナムコに入社。

彼女は音大在学中から大野木さんのゲーム音楽のファンだったそうで、ニューラリーXに触発されてゲーム音楽に興味をもったといいます。

1984年、ギャプラスでゲーム音楽作家デビュー。

1985年に大野木さん、慶野さんがナムコを抜けた後も、2008年まで長きに渡ってナムコ(現バンダイナムコホールディングス)に在籍してゲーム音楽の作曲を担当しています。

2008年、ナムコを退社してフリーに。

現在は大田区の職員をしながら音楽活動をされているそうです。

代表作はドルアーガの塔の関連作品(バビロニアン・キャッスル・サーガと呼ばれている)の他、風のクロノア(1997年)など。

風のクロノアに関しては9人の作家が参加していますが、小沢さんは「THE WINDMILL SONG」などを作曲しています。

小沢純子さんの音楽

小沢純子さんの音楽はドルアーガの塔に代表されるように「音大でクラシックをしっかり学んだ」という印象がありましたが、こうして作品を一覧してみると、かなり幅広い音楽性と思います。

彼女のデビュー作品「ギャプラス」はゲーセンに行きはじめたころ結構な回数やりましたが、あの、逆スクロールする時の緊迫感を煽る音楽が凄く耳に残ってます。

ドルアーガの塔の音楽

ドルアーガの塔、イシターの復活に限って言えば、ジョン・ウィリアムズ(『スーパーマン』や『スターウォーズ』の音楽を作った映画音楽の大家)の影響が濃いですよね。

古代祐三さんがゲーム業界入りするきっかけになったというドルアーガの塔の音楽ですが、小沢さんが新人研修時に作った時、はじめボツにされかけたそうです。

しかし、ナムコのチーフプロデューサーだった遠藤雅伸さんが気に入り、その曲のためにドルアーガの塔を作ったといいます。

ちなみにドルアーガの塔のメインテーマは変拍子を駆使していたり、「イシターのテーマ」は典型的なミニマル手法で作られていて、ベースとアルペジオが一拍ずつズレていって12拍目に頭が揃う、という作りになっていたりして、当時としては相当に凝ったものでした。

映画音楽、クラシック、ミニマルミュージュク、YMOなどのテクノポップ、そして大野木宣幸さんのゲーム音楽など、かなり幅広い音楽から影響を受けているのがわかりますよね。

小沢純子さん作曲作品

※小沢純子さんが手掛けた作品は全てナムコのものです。

1984年

ギャプラス(AC)

ドルアーガの塔(AC)

1985年

ディグダグ2(AC、慶野由利子と共作)

スカイキッド(AC)

ワープマン(FC、大野木宣幸・慶野由利子と共作)

バトルシティー(FC、大野木宣幸と共作)

1986年

トイポップ(AC)

スカイキッドDX(AC)

イシターの復活(AC)

ローリングサンダー(AC)

1987年

パックマニア(AC、慶野由利子・戸室仁人と共作)

さんまの名探偵(FC、慶野由利子と共作)

ファミリージョッキー(FC)

ファミリーテニス(FC)

1988年

プロ野球ワールドスタジアム(AC、慶野由利子・戸室仁人と共作)

プロテニスワールドコート(PCE、慶野由利子と共作)

カイの冒険(FC、大野木宣幸・ひこのたけると共作)

プロ野球ファミリースタジアムシリーズ(FC)

1989年

フォートラックス(AC)

ラサール石井のチャイルズクエスト(FC、バッハこややしと共作)

1990年

プロ野球ワールドスタジアム’90激闘版(AC)

トップストライカー(FC)

1994年

ザ・ブルークリスタルロッド(SFC)

1997年

風のクロノア(PS、一部)

1998年

ファミリーボウル(AC)

1999年

風のクロノア~ムーンライトミュージアム(WS)

2002年

ミスタードリラーエース ふしぎなパクテリア(GBC)

2003年~2005年

ドンキーコンガシリーズ(GC、一部)

2006年

今日からマ王! はじマりの旅(PS2)

2008年

ギャラガ・レギオンズ(Xbox360)

2010年

パックマン チャンピオンシップエディションDX(Xbox360/PS3)

2011年

ドルアーガの迷宮(携帯アプリ)

2016年

タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団(Android)

2018年

エイリアンフィールド3671(PC)

2019年

8ビットリズムランド(FC互換機、コロンバスサークル)

2020年

スペースマウス2(PC、マインドウェア)

2021年

数字の星のありすとゆー(PC、マインドウェア)

※略号
AC=アーケードゲーム
FC=ファミコン
GB=ゲームボーイ
GBC=ゲームボーイカラー
PCE=PCエンジン
SFC=スーパーファミコン
PS=プレイステーション
WS=ワンダースワン
GC=ゲームキューブ
PS2=プレイステーション2
PS3=プレイステーション3
PC=パソコン

ゲーム音楽作曲家列伝 前回

田中宏和【ゲーム音楽作曲家列伝04】
田中宏和さんはクリーチャーズの代表であり、アニメ版ポケモンの主題歌の作曲者としても有名ですが、黎明期から任天堂を支えたゲーム音楽作家でもあります。

ゲーム音楽作曲家列伝 次回

小倉久佳【ゲーム音楽作曲家列伝06】
ゲーム音楽作曲家列伝第6回は1984年デビューでタイトーのゲーム音楽を作ってきた小倉久佳(OGR)さん。初期のゲーム音楽作家で一番好きな人です。

コメント