記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)

クロノトリガー Chrono Trigger【ギター演奏・コード分析03】

難易度☆☆★★★(普通)

オープニングで流れるメインテーマ【曲解説】

1995年 スーパーファミコン
作曲:光田康典

クロノトリガー オープニング
(C)SQUARE ENIX

光田康典さんの出世作です。
光田さんはプレステ以降に代表作が多いですが、本作の時点で彼の才能は完成の域に達してると感じます。

この曲はメロディの独創性も素晴らしいですが、オープニングデモの映像にピッタリ合っていて、すぐにゲームの世界に引き込まれます。

これは後の『クロノクロス』でもまったく同様で、光田さん自身がインタビューで言っていましたが、映像と音楽の調和、切り替わりのタイミングなどには、すごいこだわりを持ってらっしゃるようです。
こうした視点が彼の関わった作品の完成度を大きく高めているのでしょう。

光田康典さん【作曲者】

光田さんは最初はPCゲームを作っていた『ウルフチーム』でFM音源の音色作りのアルバイトをしてました。

ウルフチームは
ファイナルゾーン
夢幻戦士ヴァリス
女神転生』(PC版)
などを作っていた、日本テレネットから独立してできた会社で、音楽に力を入れていることで有名でした。

ウルフチームには桜庭統さんも在籍していて、光田さんは桜庭さんのアシスタントという形でキャリアをスタートしました。

光田さんはその後、長い下積みが続き、スクウェア入社後も効果音や音色を作る仕事をしていました。

本作クロノトリガーは、光田さん自身がプロデューサーに直談判してようやく勝ち取った大きなチャンスであり、作曲家として最も重要な勝負の作品であったと思います。
それだけに、気合の入り方、音楽の密度が尋常ではないです。

この曲以外にも
時の回廊
風の憧憬
遥かなる時の彼方へ』など、
ゲーム音楽史に残る名曲が多数収録されています。

光田さんの作曲の特徴は、よく練られたコード進行と独特のリリカルなメロディセンスにあると思います。
この曲も1度聴いたら忘れられないメロディラインです。

ご本人は弦楽器が好きなようで、ライヴでも時折ギターで参加されたりしていますね。
彼の曲はギターが上手くいかされているものが多く、ギター弾きとしては嬉しいかぎりです。

1995年という時代

1995年という年はこのクロノトリガー以外にも、ゲーム音楽(主にスーパーファミコン)が最も充実した時期であったと思います。

かまいたちの夜(これは94年11月ですが)
エストポリス伝記2
魔神転生2
聖剣伝説3
タクティクスオウガ
天地創造
スーパードンキーコング2
ロマンシングサガ3
ドラゴンクエスト6

などなど、音楽が素晴らしいタイトルは枚挙にいとまがありません。

――この曲はそういった時代の雰囲気と、光田さんの熱い志を想起させるような、熱くも美しい名曲です。

ちょっと速めのテンポで演奏【ソロギター演奏】

この曲は少しアレンジ悩みました。
もっと色々な奏法を取り入れて派手にやりたかったんですが、やってみたら思ったほど効果的でないので、欲張らずにシンプルにまとめました。

Captain Neo同様、リズムトラックがあったほうが映えそうなので、メトロノームのかわりに色々ループトラックを流しながら練習したんですが、ジャングルビートっぽいパターン(EDM、トランス系でたまにききますね)がマッチしてのりやすかったので、それを流しながら演奏しました。
テンポも少し速めにしてます。

録画方法について

アレンジが固まってそれなりに弾けるようになってきた段階で、音も映像も記録しはじめたんですが、これだと後からいいテイクを探すのがえらく時間かかりました。

でも、本番テイク、みたいに構えて録ると、とくに動画の場合、演奏が硬くなるのが弾いている段階から自分でわかります。

こういうのは手間と演奏クオリティの天秤ですが、慣れれば、ささっといい演奏録れるようになるんだろうか……

クロノ・トリガー “メインテーマ” コード進行

イントロ
Am7 Am7 F♯m7 F♯m7
FM7 FM7 Em Em

Aメロ
Am7 Am7 F♯m7 F♯m7
Am7 Am7 F♯m7 F♯m7
FM9 FM7 Em7 Em7
CM7 FM7 Em9 Em9

Aメロくり返し

Bメロ
GM7 A6 Bm9 Bm9
GM7 F♯m7 B7sus4 B7/A7
GM7 A6 Bm9 Bm9
GM7 F♯m7

Cメロ
CM7 CM7 D7 D7
C C D7 D7
Em Em※1

※1 本アレンジでは締めくくりにFM7を追加して演奏しています。

コードアナライズ

イントロ
■key=Eマイナー
Ⅳm7 Ⅳm7 Ⅱm7(Eメジャーのダイアトニックコード) Ⅱm7
♭ⅡM7 ♭ⅡM7 Ⅰm Ⅰm

Aメロ
Ⅳm7 Ⅳm7 Ⅱm7 Ⅱm7
Ⅳm7 Ⅳm7 Ⅱm7 Ⅱm7
♭ⅡM7 ♭ⅡM7 Ⅰm7 Ⅰm7
♭ⅥM7 ♭ⅡM7 Ⅰm7 Ⅰm7

Aメロ繰り返し

Bメロ
■key=Bマイナー(属調)
♭ⅥM7 ♭Ⅶ6 Ⅰm7 Ⅰm7
♭ⅥM7 Ⅴm7 Ⅰsus4 Ⅰ(メジャー終止)/♭Ⅶ7
♭ⅥM7 ♭Ⅶ6 Ⅰm7 Ⅰm7
♭ⅥM7 Ⅴm7

Cメロ
■key=Eマイナー
♭ⅥM7(Bマイナーの♭ⅡM7と共用) ♭ⅥM7 ♭VⅦ7 ♭Ⅶ7
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 ♭Ⅶ7 ♭Ⅶ7
Ⅰm Ⅰm

Bメロ転調とⅡm7の解釈【コード進行のポイント】

この曲のポイントは、Bメロの属調転調と、なんといってもマイナーキーでのⅡm7の使用ですね。これは同主調Eメジャーのダイアトニックコードになります。

メジャーキーで同主調マイナーキーのコードが出てくるのはよくありますが、逆パターンです。独特の浮遊感がありますね。

この曲の分析記事

コード進行分析 中級編 クロノトリガー『Chrono Trigger』【ゲーム音楽を弾こう!14】
ゲーム音楽を弾こう!第14回はコード進行分析の実践編第3弾で、例題曲はクロノトリガー『Chrono Trigger』。中級の内容となります。

クロノシリーズ・光田康典さんの曲 ソロギターアレンジ

クロノクロス アルニ村 ホーム【ソロギター演奏・コード進行17】
クロノクロスより『アルニ村 ホーム』のソロギター演奏。優しく爽やかな曲です。作曲者の光田康典さん紹介、コード進行なども書いています。
クロノトリガー 風の憧憬【ギター演奏・コード分析34】
クロノトリガーより『風の憧憬』ソロギター演奏。光田康典さん初期の名曲です。トレモロ奏法を中心にしたアレンジをしてみました。コード進行なども解説しています。

コメント

  1. 宣伝のレスから来ました。 より:

    動画はクオリティ高いし、企画も面白いから続けてもらいたい。
    しかし、YouTubeチャンネルの名前が酷すぎる。BGMって登録する気にならないだろうし、登録後も動画を探しにくいから、個性を読み取れる名前をつけたほうがいい。
    呼びやすい名前は大事です。
    動画のタイトルも、曲名が早く見えるようにした方が検索しやすいんじゃないかな。
    今後も楽しみにしてます。

  2. BGM より:

    ちょっと遅レスですが(コメントへの返信方法がよくわからなかったので)
    貴重なご意見ありがとうございました。
    早速参考にさせていただきました。
    今後ともご指導のほどよろしくおねがいします!