今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

天地創造 帰路 ソロギター演奏・コード進行分析43


難易度☆★★★★(難しい)

スポンサーリンク

天地創造 帰路 ソロギター演奏

この曲は曲調は穏やかですが
テンポ速めの3拍子です。

このアレンジでは
フラメンコのブレリアやファンダンゴの語彙を採り入れて演奏しています。

難しいフレーズが出てくるわけではないですが
ソロギター化はかなり難しかったです

まず、曲が長いです!
5分20秒という
今までで最長の演奏になりました。

結果、アレンジ・練習・暗譜に3週間くらいかかってます。

以下、工夫したポイントです。

・ロングトーンはトレモロや高音を多目に配置したアルペジオで表現。

・Aメロが合計3回出てくるので一回目は低音域で演奏。

・とくにBメロはメロディの音程が複数出ていてどれを弾くかで迷いました。
これはなるべく『自分が聴こえたまま』のラインで弾いています。

・繋ぎのブリッジ部分のサイズを若干変更しています

スポンサーリンク

天地創造 帰路 コード進行

ブリッジ1
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A

イントロ
D D D D
D D Bm7 Bm7
GM7 GM7 GM7 GM7
F#7 F#7 F#7 F#7

ブリッジ2
A A Asus4 Asus4
A A Asus4 Asus4

Aメロ(1回目はオクターブ下で演奏)
A E F#m E7sus4
D A(onC#) Bm 7 E7
DM7 A(onC#) Bm9 A
D A(onC#) Bm 7 A
G G E E
A(onC#) Bm7

ブリッジ2,Aメロ繰り返し

ブリッジ3
A A A A
A A A A(演奏ではこの段はカット)

ブリッジ1バリエーション
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7

A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7

A A Asus4 Asus4
A A Asus4 Asus4
A(onB) A(onB) B7 B7
A(onB) A(onB) B7 B7

Bメロ
CM7 CM7 D D
Em9 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em9 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7

CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 DM7 DM7
Eadd9(12f+解放1) Eadd9 Eadd9 Eadd9

Cメロ
Am7 Am7 Am7 Am7
Am7 Am7 Am7 Am7
Am7 Am7 Am7 Am7

Am7 Am7 Am7 Am7
Am7 Am7 Am7 Am7
AM7 AM7 AM7 AM7

ブリッジ4
A A A A
A A A A
AM7(onD) AM7(onD) AM7(onD) AM7(onD)
A A A A
E7sus4 E7sus4 E7sus4 E7sus4
E7sus4 E7sus4 E7sus4 (演奏は1小節足しています)

Aメロ繰り返し

ブリッジ5
A A Asus4 Asus4
A A A A

コーダ
DM7 DM7 A(onC#) A(onC#)
Bm7 Bm7 A A
DM7 DM7 A(onC#) A(onC#)
Bm7 Bm7 A A
DM7 DM7 A(onC#) A(onC#)
Bm7 Bm7 A A
DM7 DM7 A(onC#) A(onC#)
Bm7 Bm7 A A
A

スポンサーリンク

コード進行分析

ブリッジ1
■Aメジャー
I I I I(4回くり返し)
I I

イントロ
IV IV IV IV
IV IV IIm 7 IIm 7
bVIIM7 bVIIM7 bVIIM7 bVIIM7
VI7 VI7 VI7 VI7

ブリッジ2
I I Isus4 Isus4
I I Isus4 Isus4

Aメロ
I V VIm V7
IV I IIm 7 V7
IVM7 I IIm 7 I
IVM7 I IIm 7 I
bVII bVII V V
I IIm 7

ブリッジ2,Aメロ繰り返し

ブリッジ3
I I I I
I I I I(演奏ではこの段はカット)

ブリッジ1バリエーション
I I I I 8回くり返し

I I Isus4 Isus4
I I Isus4 Isus4
■Eメジャー(属調)
IV(onV) IV(onV) V7 V7
IV(onV) IV(onV) V7 V7

Bメロ
■Eマイナー(属調の同主調)
bVIM7 bVIM7 bVII7 bVII7
Im Im Im Im
6回繰り返し
bVIM7 bVIM7 bVIIM7 bVIIM7
I(メジャー終止) I I I

Cメロ
■Aマイナー(下属調)
Im7 Im7 Im7 Im7 5回繰り返し
■Aメジャー(同主調)
IM7 IM7 IM7 IM7

ブリッジ4
IM7 IM7 IM7 IM7
IVM7 IVM7 IVM7 IVM7
IM7 IM7 IM7 IM7
V7sus4 V7sus4 V7sus4 V7sus4
V7sus4 V7sus4 V7sus4 (演奏は1小節足しています)

Aメロ繰り返し

ブリッジ5
I I Isus4 Isus4
I I I I

コーダ
IVM7 IVM7 I I
IIm 7 IIm 7 I I
(4回繰り返し)

スポンサーリンク

コード進行のポイント

この曲は複雑な曲構成なうえ
コードも微妙~な響きを多用していて
採譜、分析はかなり大変でした。

なんというか、理論的に綿密に組まれたコード進行というより
感覚で作っていった結果複雑化した、というような感じがします。
五度進行より二度や三度の進行を多用してたりして
自分もそういう動き結構好みなんですが。

主調はAメジャーで
イントロ~Aメロは転調はありません。

Bメロの導入でA(onB)→B7という
なにやら意味深に感じる進行に変わって
そのままEマイナーに転調してBメロに入ります。

Bメロの最後でEメジャーにメジャー終止

そのあとCメロで今度はAマイナーに行き
ほぼ気づかないような
微妙~~な感じで主調のAメジャーに移行

そのままもう一回Aメロをやってコーダへ

という流れです。

テンションや7thを使って浮遊感を出すところと
1,3,5のコードトーンをたくさん入れて
説得力を増すところのメリハリがハッキリしていて
音色やアレンジとともに、
そのあたりがこの曲の魅力かなと思います。

スポンサーリンク

関連リンク

天地創造 帰路 曲紹介43

コメント