記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)

天地創造 帰路【ギター演奏・コード分析43】

難易度☆★★★★(難しい)

記憶に残るエンディング曲【曲紹介】

1995年 スーパーファミコン
作曲:小林美代子

天地創造エンディング画面
(c)クインテット、SQUAE ENIX

『天地創造』は1995年10月に発売されたアクションRPGです。

1995年というとスーパーファミコンの末期かつ最盛期であり、ゲーム音楽の第二次黄金期です。

ゲーム音楽第二次黄金期については『ゲーム音楽史12~第二次黄金期』を参照してください。

第二次黄金期(1995年前後)【ゲーム音楽史12】
ゲーム音楽史 第12回は『第二次黄金期』としてスーパーファミコン後期の1995年を中心に取り上げています。この時期、多数のゲーム音楽名曲が生み出されました。

1995年前後の1~2年でスーパーファミコンを中心に、かなりの数の名作タイトルと名曲ゲーム音楽が世に出されています。

この時期には、クロノトリガー、FF6、タクティクスオウガ、ロマサガ3、ドラクエ6、風来のシレンなどが出ています。

そんな中で本作『天地創造』はやや地味で、ひっそり出された感はありますが隠れた名作としてゲームファンの間では有名な存在です。

自分も発売より少し後になりますが、中古で購入してプレイしています。

ゲーム内容は正直そこまで詳細におぼえてないんですが、音楽は非常に印象に残っています。

とくにエンディングで流れる『帰路』。
この曲は自分的鳥肌曲で、長い年月経ってもおぼえています。

この曲のメインメロディーは、主人公の生まれ故郷であるクリスタルホルムの音楽としても使用されていて、この作品のメインテーマの一つです。

作品中、他にもメロディーが被る曲があるのですが、自分は『帰路』のアレンジが一番好きです。

エンディングの意味するところ

ちょっとネタバレになります。

このゲームは旧約聖書がモチーフになっていて、主人公が滅んだ世界を再創造していく、という話なんですがエンディングが良くも悪くも忘れられません。

主人公は孤独な戦いの末、世界を復興させたものの、ラスボスを倒すことで、その世界はまた無に帰すことになり、主人公も消滅することになります。

――全く救いのないような話ですが、神様の慈悲(?)で主人公の一番望んでいた『普通の平和な暮らし』というのを1日だけ、生まれ故郷にもどって過ごすことができる、ということになります。

なんで1日だけなんだよ~
神様なんだから30年とかにしてやれよ~

とか思ってしまいますが、そこは、神様も頑張った結果なんでしょう(憶測)。

そして幼なじみのヒロインや村人と1日過ごしたあと、主人公は最後の眠りにつくんですが、その眠りのなかで鳥になって発展した世界を巡るという夢をみます。

列車や都市、飛行機。
その描写とともにこの曲が流れます。

最後はぼかした表現になっていますが、日付が変わる直前、夢の中で鳥になった主人公は表の世界のヒロインを訪ねます。

主人公とヒロインは裏の世界の住民ですが、主人公が創造した表の世界にもヒロインの分身が存在していて、そちらは幸薄な身の上で行く末が気になってしまう存在なんですよね。

表の世界のヒロインと主人公は再会できたのか?

そしてこれは主人公の夢の中なのか?

それとも新たに創造された別の世界を見ているのか?

そもそも、この物語全部がこの鳥がみていた夢なんじゃないのか?
……女神異聞録ペルソナのテーマにもなっている、荘子の『胡蝶の夢』みたいな話になりますが。

――というところで物語は終わり、全てはプレイヤーの想像に委ねられます。

穏やかで少し寂しい音楽と相まって、なんとも言えない気持ちになるエンディングです。
『感動』とは少し違って、無常感に心を掴まれるというか。

曲題の『帰路』も『転生して生まれ故郷やヒロインのところに帰っていく』というのが普通の解釈と思いますが、自分は

万物は無から生まれ、無に帰っていく。全ては孤独な存在

というようにも感じます。

小林美代子さん【作曲者】

フリーの作曲家で現在は結婚されて、高岡美代子の名前で作曲活動をされています。

ゲーム音楽ではこの『天地創造』が最も有名ですが、ガストの『アトリエ』シリーズにもかなりの曲数提供しています。

アクセサリー作家もされているようで、『天地創造』がテーマになった作品も作られているとか。

ゲームカートリッジ・サントラの中古相場

現状は権利を持っている開発元が倒産して、権利関係がそのままになっているため、ゲーム本体のリメイク・再販もサントラの再販もできない状態らしいです。

ゲーム自体の出来と音楽が非常にいいうえに、ゲームソフト・サントラの出荷数が少なかったという事情もあって、スーパーファミコンの中古カートリッジやサントラの中古価格相場が高騰しています。

音楽は動画サイト等で聴くことはできますが、こういうの、なんとかして欲しいですよね。

ソフトなブレリアの仕立て【ソロギター演奏】

この曲は曲調は穏やかですが、テンポは速めの3拍子です。

このアレンジでは、フラメンコのブレリアやファンダンゴの語彙を採り入れて演奏しています。

難しいフレーズが出てくるわけではないですが、ソロギター化はかなり難しかったですね。

まず、曲が長いです!
5分20秒という、今までで最長の演奏になりました。

結果、アレンジ・練習・暗譜に3週間くらいかかってますが、以下工夫したポイントです。

  • ロングトーンはトレモロや高音を多目に配置したアルペジオで表現
  • Aメロが合計3回出てくるので一回目は低音域で演奏
  • とくにBメロはメロディの音程が複数出ていてどれを弾くかで迷った。
    ここは『自分が聴こえたまま』のラインで弾いています。
  • 繋ぎのブリッジ部分のサイズを若干変更

Terranigma “The Way Home” コード進行

ブリッジ1
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A

イントロ
D D D D
D D Bm7 Bm7
GM7 GM7 GM7 GM7
F♯7 F♯7 F♯7 F♯7

ブリッジ2
A A Asus4 Asus4
A A Asus4 Asus4

Aメロ(1回目はオクターブ下で演奏)
A E F♯m E7sus4
D A(onC♯) Bm7 E7
DM7 A(onC♯) Bm9 A
D A(onC♯) Bm7 A
G G E E
A(onC♯) Bm7

ブリッジ2・Aメロ繰り返し

ブリッジ3
A A A A
A A A A(演奏ではこの段はカット)

ブリッジ1バリエーション
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7

A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7
A A Aadd9 Aadd9
Asus4 Asus4 AM7 AM7

A A Asus4 Asus4
A A Asus4 Asus4
A(onB) A(onB) B7 B7
A(onB) A(onB) B7 B7

Bメロ
CM7 CM7 D D
Em9 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em9 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7

CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 D D
Em7 Em7 Em7 Em7
CM7 CM7 DM7 DM7
Eadd9(12f+解放1) Eadd9 Eadd9 Eadd9

Cメロ
Am7 Am7 Am7 Am7
Am7 Am7 Am7 Am7
Am7 Am7 Am7 Am7

Am7 Am7 Am7 Am7
Am7 Am7 Am7 Am7
AM7 AM7 AM7 AM7

ブリッジ4
A A A A
A A A A
AM7(onD) AM7(onD) AM7(onD) AM7(onD)
A A A A
E7sus4 E7sus4 E7sus4 E7sus4
E7sus4 E7sus4 E7sus4 (演奏は1小節足しています)

Aメロ繰り返し

ブリッジ5
A A Asus4 Asus4
A A A A

コーダ
DM7 DM7 A(onC♯) A(onC♯)
Bm7 Bm7 A A
DM7 DM7 A(onC♯) A(onC♯)
Bm7 Bm7 A A
DM7 DM7 A(onC♯) A(onC♯)
Bm7 Bm7 A A
DM7 DM7 A(onC♯) A(onC♯)
Bm7 Bm7 A A
A

コードアナライズ

ブリッジ1
■Aメジャー
Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅰ(4回くり返し)
Ⅰ Ⅰ

イントロ
Ⅳ Ⅳ Ⅳ Ⅳ
Ⅳ Ⅳ Ⅱm7 Ⅱm7
♭ⅦM7 ♭ⅦM7 ♭ⅦM7 ♭ⅦM7
Ⅵ7 Ⅵ7 Ⅵ7 Ⅵ7

ブリッジ2
Ⅰ Ⅰ Ⅰsus4 Ⅰsus4
Ⅰ Ⅰ Ⅰsus4 Ⅰsus4

Aメロ
Ⅰ Ⅴ Ⅵm Ⅴ7
Ⅳ Ⅰ Ⅱm7 Ⅴ7
ⅣM7 Ⅰ Ⅱm7 Ⅰ
ⅣM7 Ⅰ Ⅱm7 Ⅰ
♭Ⅶ ♭Ⅶ Ⅴ Ⅴ
Ⅰ Ⅱm7

ブリッジ2,Aメロ繰り返し

ブリッジ3
Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅰ
Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅰ(演奏ではこの段はカット)

ブリッジ1バリエーション
Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅰ 8回くり返し

Ⅰ Ⅰ Ⅰsus4 Ⅰsus4
Ⅰ Ⅰ Ⅰsus4 Ⅰsus4
■Eメジャー(属調)
Ⅳ(onⅤ) Ⅳ(onⅤ) Ⅴ7 Ⅴ7
Ⅳ(onⅤ) Ⅳ(onⅤ) Ⅴ7 Ⅴ7

Bメロ
■Eマイナー(属調の同主調)
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 ♭Ⅶ7 ♭Ⅶ7
Ⅰm Ⅰm Ⅰm Ⅰm
6回繰り返し
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 ♭ⅦM7 ♭ⅦM7
Ⅰ(メジャー終止) Ⅰ Ⅰ Ⅰ

Cメロ
■Aマイナー(下属調)
Ⅰm7 Ⅰm7 Ⅰm7 Ⅰm7 5回繰り返し
■Aメジャー(同主調)
ⅠM7 ⅠM7 ⅠM7 ⅠM7

ブリッジ4
ⅠM7 ⅠM7 ⅠM7 ⅠM7
ⅣM7 ⅣM7 ⅣM7 ⅣM7
ⅠM7 ⅠM7 ⅠM7 ⅠM7
Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4
Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 (演奏は1小節足しています)

Aメロ繰り返し

ブリッジ5
Ⅰ Ⅰ Ⅰsus4 Ⅰsus4
Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅰ

コーダ
ⅣM7 ⅣM7 Ⅰ Ⅰ
Ⅱm7 Ⅱm7 Ⅰ Ⅰ
(4回繰り返し)

セクションごとにメリハリ【コード進行のポイント】

この曲は複雑な曲構成なうえ、コードも微妙~な響きを多用していて採譜・分析はかなり大変でした。

なんというか、理論的に綿密に組まれたコード進行というより、感覚で作っていった結果複雑化した、というような感じがします。

主調はAメジャーでイントロ~Aメロは転調はありません。

Bメロの導入でA(onB)→B7という、なにやら意味深に感じる進行に変わって、そのままEマイナーに転調してBメロに入ります。

Bメロの最後でEメジャーにメジャー終止。

そのあとCメロで今度はAマイナーに行き、ほぼ気づかないような微妙~~な感じで主調のAメジャーに戻しています。

そのままもう一回Aメロをやってコーダへ、という流れです。

テンションや7thを使って浮遊感を出すところと、1,3,5のコードトーンをたくさん入れて説得力を増すところのメリハリがハッキリしていて、音色やアレンジとともに、そのあたりがこの曲の魅力かなと思います。

コメント