演奏曲紹介記事を演奏・コード進行記事へ統合しました。サイト改装・全面リライト進行中です。このブログはリンクフリーです(2019年8月3日更新)
スポンサーリンク

聖剣伝説2『子午線の祀り』のアレンジ【ゲーム音楽を弾こう!24 最終回】

このゲーム音楽を弾こう!企画、今までの企画で最長の全24回連載となりましたが、今回で最終回となります。

この連載の仕上げとして、今まで演奏してきた中でチャレンジ的内容になったアレンジを選んで解説してみます!

スポンサーリンク

今までで苦労したアレンジ

今まで演奏したなかだと

  • 2018年12月に演奏した
    ダライアス2『say PaPa』
  • 2019年3月に演奏した
    聖剣伝説2『子午線の祀り』

この二曲のアレンジに苦労しています。
どちらかというと、聖剣伝説2『子午線の祀り』がバラエティーに富んだアレンジなので、今回そちらを解説します!

この曲は演奏動画のアレンジに行くまでに、二つくらいボツアレンジがあって足かけ3週間ほどかけています。

まずはソロギター演奏・コード進行解説の記事をご覧ください。

聖剣伝説2 子午線の祀り【ギター演奏・コード分析36】
難易度☆★★★★(難しい) ラストバトル曲【曲紹介】 1993年 スーパーファミコン 作曲:菊田祐樹 (c)SQUARE ENIX 前々回のクロノトリ...

以下、メロディとコード進行は採譜済みとしてアレンジ手法を解説します。

スポンサーリンク

キーの決定

毎回、最初はオリジナルキーでアレンジしてみてから動画演奏用のキーを検討します。

この曲はオリジナルはG♭メジャーから始まりますがメロの音域がギターと合ってないな~、と思いました。
高い音で弾きたいところが弾けなかったり、逆に低音域で弾きたいところは音域が低くなりすぎてベースと干渉したり。

そういう場合、3度以上音域を変えてやらないと上手くいかない場合が多いです。
この曲はいろいろ試した結果、完全四度ずらしました。

  • Aメロで5弦解放、4弦解放が生かせる
  • 弦一本ずらせばいいのでオリジナルキーから移調するのに比較的楽

という理由からですが、他にもっとうまく弾けるキーもあるかもしれませんね。

多くの場合キーを確定する段階で仮アレンジもメドがついていると思います。
コード進行は長いので、上のリンクから演奏・コード進行の記事を見て下さい。

では、演奏用アレンジを曲の頭から解説していきます。

スポンサーリンク

イントロ~アルペジオをリズムプレイに

原曲はアルペジオです。
自分も最初はアルペジオで演奏していました。
でも、なんかイマイチなんですよね。
自分の技術だと原曲のような勢いが出せません。

ここのアルペジオはそこまでこだわってないのでリズムプレイに差し替えにしました。

次のセクションほラスゲアードでやりたい!というのは決まっていたので、そこに繋げる感じで軽くラスゲアードも絡めていきます。

ラスゲアードでキメを弾いたらAメロに入ります。

スポンサーリンク

Aメロ~低音でのメロ弾きに工夫

Aメロは二回同じモチーフを繰り返すので、原曲と同じ感じでオクターブ変えたほうがいいだろなー、というのはありました。

でも、低音域で弾くとベースと被ります。
そういうとき、自分がよくやるのはフラメンコ奏法でよく使う低音アルペジオです。
これならコード感もベース音も維持したまま、正確なリズムで低音メロが弾けます!

そして、オクターブ上で繰り返ししたあと、FM7に飛ぶわけですが、上に行くか、下に行くか、ちょっと考えます。
そのあとメロとコードが下降していくので、ここは上ですね。

Aメロ最後のCのキメの部分は最初アルペジオでやってたんですが、線が細くなりすぎたのでラスゲアードを入れました。

スポンサーリンク

Fmのブリッジ部分~ここはどうしても弾きたかった

曲中最難関と思われますが、ここのシーケンスはなるべく原曲通りに弾きたかったです。

イントロのアルペジオはどっちでもよかったんですが、ここはダメなんです。
その基準は主観ですww

なので、人によってはここは省略、でもイントロのアルペジオは絶対弾きたい!ということもあるわけで、各自、好きにやりましょう。

ここは、もう半音下のキーでやれば六弦解放でベース入れられるんですが、やってみたら弾きにくくなる&輪郭がぼやけるということで、その案はボツにしました。

最初フルピッキングに近い弾き方で練習していたんですが、技巧ギリギリでリズムもちゃんと入らなかったりなのでスラーに変えました。

スポンサーリンク

Bメロ~そろそろ左手がキツい

Bメロはもう1オクターブ下からはじめるパターンもありかもしれませんが、前のブリッジからの流れで高音域でスタートさせてます。

この曲は全体にメロの音の選び方が凝っているので、ベース音+メロの二音構成を基本にしつつ、入れられるところは3~4和音にしています。
それでも無理な動きもあって、左手がかなりきついです。

解放弦使えるところは使っていますが、転調も激しいので結局どのキーでやってもセーハでのきつい動きは避けられず、難易度はそんなに変わらなそうです。

動画で採用してるキーがメロのオクターブ変更を最小限に出来るし、重要なメロがほぼ高音弦で弾ききれるのがキー決定の決め手でした。

スポンサーリンク

子午線の祀り アレンジのまとめ

この曲はドラクエ『序曲』、スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』とアレンジ方向性が異なります。

多少技巧的に厳しくなっても、練習して弾いてやろうということで、チャレンジ的内容になりました。

コード分析なども高難易度だし、初心者に勧められる内容ではありませんが、難曲に挑むときはこんな感じでやっています、という例として今回取り上げました。

こういう曲のアレンジは一発で決まることはほとんど無いし、試行錯誤で時間がかかります。

ここで難易度の星マークについて解説しておきます。

スポンサーリンク

難易度星マークとかかる時間

現状、アレンジ開始から演奏アップまでかかる日数は

★1つ→1日~2日
★2つ→3日~5日
★3つ→1週間前後
★4つ→半月以上
★5つ→技術的にスパルタ練習しないと弾けないレベル

だいたいこんなところです。
難曲は簡単な曲の10倍以上時間がかかったりします。

スポンサーリンク

ゲーム音楽を弾こう!企画、これにて完結です

今年の正月休み明けから企画したこの連載ですが、今まで7ヶ月に渡ってお付きあいいただき、ありがとうございました。

中盤から難しい内容になってきて、楽器や作曲に興味がない人にとってはしんどい内容かもしれないかな~、と思いながらやっていましたが、予定していた内容を一通りですが講座形式にまとめて形にすることができました。

ソロギターをやりたい人はもちろん、ギター以外の楽器をやってたり、DTMでゲーム音楽アレンジみたいなものを作ってみたい、という人の役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク

今後の文章コンテンツ企画

今後の連載企画ですが、6月のまとめ記事で書いた通り以下の二つのコンテンツを考えています。

演奏曲アレンジ詳細解説
この企画の最後のほうでやったような感じで、過去のアレンジ演奏を詳細に解説していきます。楽譜・タブ譜の制作もあるかも?

ゲーム音楽雑記帳
ゲーム音楽にかかわるネタを思い付くまま不定期に書いていきます。ゲーム音楽『周辺』のネタなので、音楽一般やギター関係、BGMの日常ネタなど、あまり決めずに緩い感じで。

まずは、今やっているサイト改善をしっかり進めたいですが、新連載シリーズも準備整い次第始めたいと思います!

ゲーム音楽を弾こう! 前回

スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』のアレンジ【ゲーム音楽を弾こう!23】
前回はドラゴンクエスト『序曲』のアレンジ手順を解説しました。 今回はもう一つの例題曲、スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』のアレンジ手順を解説します。 まずは以下の記事も...

コメント