今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

ダライアス Boss7『鯨のテーマ』 ソロギター演奏・コード進行分析39


難易度☆★★★★(難しい)

スポンサーリンク

ダライアス Boss7『鯨のテーマ』 ソロギター演奏

この曲はソロギター化はかなりしんどかったです。
頭から解説します。

Aメロ

ベースがシーケンスパターンになっていて
その上にロングトーンのメロディがのっていますが
自分の力量だとうまく弾けませんでした。
そこで雰囲気の再現を優先した意訳的アレンジにしてます。

ブリッジ部分

中盤のキメっぽいところです
最初1オクターブ上でベース入れながら弾いていたのですが
線が細くなってしまう感じなので
低音の単音フレーズにしました。
ここは2コードでほぼコード展開しないので
これもアリかと。

Bメロ

ここの16分音符のフレーズは是非とも再現したかったです。
最初は右手で細かく弾いていたんですが
それだと原曲のうねるような感じが出せなかったので
スラーを増やして左手の力で弾いています。
なのでここは左手かなりしんどいです。

エンディング

ガットギターで出せる最高音まで使ってなんとか弾いています。
ここはフレーズ変えたり、オクターブ組み換えしてしまうと
別のものになってくるので
気合で練習しました。
ここだけなら短いので指が覚えればなんとかなります。
『月風魔伝』や『聖剣2天使の怖れ』みたいに長さがあると
ゆっくりテンポからすこしずつ上げて行くしかないんですが
これはそこまでの難易度は無いです。

コード進行はシンプルですが
こんな感じで演奏技術的にかなり大変だったので
星4つです。

リズムトラック

リズムトラック作るのに3時間くらいかかりました。
リズムトラックも曲によってはなかなか決まらずに
撮影以上に時間かかるときありますね。。

スポンサーリンク

ダライアス Boss7『鯨のテーマ』 コード進行

Aメロ
F G7 Am Am9
F G7 Am Am9
Am11 G FM7 Em7
Am11 G FM7 Em7

ブリッジ
Am Am Am Dm
Am Am Am Dm

Bメロ
Am G D(onF#) E(onG#)/E
Am G D(onF#) E(onG#)/E

エンディング
A/D(onA) A/D(onA) A A

スポンサーリンク

コード進行分析

Aメロ
■Aマイナー
bVI bVII Im Im
bVI bVII Im Im
Im7 bVII bVIM7 Vm7
Im7 bVII bVIM7 Vm7

ブリッジ
Im7 Im7 Im7 IVm7
Im7 Im7 Im7 IVm7

Bメロ
Im bVII IV V
Im bVII IV V

エンディング
■Aメジャー(同主調)
I/IV I/IV I I

コード進行のポイント

コード進行はシンプルです
マイナーダイアトニックの上行、下降がベースになってます。

BメロのIVコードがちょっとポイントで
ここがベースFでなくF#なところがカッコいいですね。

最後は同主調のAメジャーで終止しています。

以上、コード進行はあまり言うことはありません。

スポンサーリンク

関連リンク

ダライアス Boss7『鯨のテーマ』 曲紹介39

コメント