記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)

終曲~透深月夜 悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架【ギター演奏・コード分析32】

難易度☆☆★★★(普通)

エンディングで流れる曲【曲紹介】

2005年 ニンテンドーDS
作曲:山根ミチル、北海惣史郎

悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架
(c)Konami

前回超メジャー曲だったので、今回は自分の趣味でマイナー曲いってみます。

蒼月の十字架は、ニンテンドーDS版悪魔城ドラキュラシリーズ三部作の一作目です。

自分、DS三部作の音楽が大好きで、DS版三部作だけで15曲くらい採譜しています。
三作目の『奪われた刻印』からも『紺碧の彷徨』を演奏していますので、記事の下にあるリンクからどうぞ~。

ちなみに二作目のギャラリーオブラビリンスには古代祐三さんが参加して、山根さんと古代さんという自分的には夢のコラボが実現しています。

この曲は、『終曲』の曲題の通り、エンディング・スタッフロールで流れます。

『悪魔城ドラキュラトリビュート』では浜渦正志さんがこの曲をカヴァーアレンジしています。

前半部分の原曲は北海惣史郎さんの作

ゲームボーイアドバイス版の悪魔城三部作の1つ『暁月の円舞曲』に収録されている『あなた一人じゃない』のテーマのアレンジが、この曲の前半部分に使われています。

クレジットによると『あなた一人じゃない』の作曲者は山根さんではなく、北海惣史郎さんらしいですね。
この記事を書くために調べるまで知りませんでした。

北海さんはゲームボーイアドバンス版悪魔城三部作で山根さんと共作しています。

後半部分も派生曲がある

そして後半部分ですが、同じ『蒼月の十字架』に収録の『悪魔城最上階』で、この曲の後半部分を四拍子にしたテーマが出てきます。

これはどちらが先に作られたかわからないんですが、作者の山根さん的に気に入っているメロディーなんじゃないでしょうか。

『悪魔城最上階』のほうは4拍子のドラムの入ったアレンジでJMM(ジャパニーズ・メランコリック・メロディー)ぽく、1980年代のニューミュージック的にも聴こえますが、『終曲~透深月夜』のほうは、三拍子でしっとりしたアレンジでクラシカルに響きます。

山根ミチルさんの音楽

自分は山根ミチルさんの悪魔城デビュー作、MD版『バンパイアキラー』に収録の

  • 『Reincarneted Soul』
  • 『Iron Blue Intention』
  • 『Calling From Heaven』

という三曲でファンになりましたが、DS版悪魔城はエンディング曲もめちゃめちゃいいですね。

この曲と、ギャラリーオブラビリンスの『夜は流れる』『運命の肖像画』
奪われた刻印の『星降る夜の鎮魂歌』
この四曲ですねー。

山根ミチルさんの作曲の特徴は、新型JMMとクラシックが融合したような切なく優美なメロディーで、転調使いも非常に上手いです。
モーダルな曲(モードを活用した曲)もいいです。

悪魔城ドラキュラシリーズの楽曲傾向

悪魔城ドラキュラシリーズはサイドビュー型のアクションゲームです。
ゴシックホラーの世界観で西洋の古城などが舞台になることが多いです。

そして楽曲アレンジがかなり特徴あるんですが、ステージBGMに使われるものは、クラシカルなメロにドラム&ベースのアレンジで、途中やけにダンサブルなパートが入ったりして中毒性が高いです。

ハードロック+クラシックのいわゆる『ネオクラシック』とも違うし、『悪魔城っぽい音楽』ということで確立されたものを感じます。

そして悪魔城シリーズでは、もうひとつよく使われる楽曲アレンジタイプがあります。
ビートがあまり強くないクラシック寄りもので、オープニング、エンディング、エピソードシーンなどによく使われますが、この曲もそのタイプです。

リズム要素が薄い+クラシカルメロディーだと、クラシック音楽そのものになりそうなんですが(中にはそんな感じの曲もあります)、山根さんはメジャー・マイナー以外のモードを上手く使うし、JMMニューミュージック的要素も入れてくるので、自分的には、そこがいいんですが。

悪魔城シリーズのゴシックホラー的・耽美的で、ほの暗い世界観は、山根ミチルさんの作曲傾向にぴったりと思います。

悪魔城シリーズはかなりの曲数採譜したので、これからもちょくちょく出していきたいと思います。

ブレリアのリズムにのせて演奏【ソロギター演奏】

今回は単純に自分の好きな曲で選曲しました。

遊びでフラメンコのブレリアのリズムトラックを流しながら3拍子の曲をいろいろ弾いていたら、この曲がすごくいい感じだったので、そのままアレンジ→録画しました。

もともとのメロがわりと難しかったので、リズムアレンジはシンプルにしてます。
めちゃ難しい!ってほどではないんですが、簡単には弾けない感じだったので結構練習しました。

原曲は前半部分F♯音がずっとペダルで鳴り続けているのがなんとも言えない効果だしています。

このアレンジでは、イントロアルペジオはF♯ペダルにしましたが、そのあとはベースを動かしてます。

ずっとF♯ペダルっていうのは、アルペジオなら5~6和音でできるのでいいんですが、メロが入るとどうしても音数が減るのでコード感が弱くなってしまうんですよね。

Castlevania Dawn of Sorrow “Momentary Moonlight” コード進行

イントロ
F♯m B7(onF♯)  F♯m B7(onF♯)

Aメロ
F♯m7 B  F♯m7 B
F♯m7/B  F♯m7/B F♯m7 B

F♯m7 B  F♯m7 B
F♯m7/B7  F♯m7/B7 F♯m7/B7 F♯m7/B7
F♯7sus4/B7 F♯7sus4/B7  CM7 FM7
EM7 EM7

Bメロ
Em Bm7 C Bm/Em7
Am/B7 Em/C♯dim C B7

Em Bm7 C Bm7/Em7
CM7 Em(onB) B♭dim B7sus4
C7sus4

Fm7 E♭7 D♭6 Cm
D♭/C7 Fm7/E♭6 Ddim/D♭7 C7sus4/C7

アウトロ
■E♭メジャーキー(Fドリアンモード)

Fm7 B♭7(onF) Fm B♭7(onF)
B♭7(onF)

コードアナライズ

イントロ
■Eメジャー(F♯ドリアン)
Ⅱm Ⅴ7 Ⅱm Ⅴ7

Aメロ
Ⅱm Ⅴ7 Ⅱm Ⅴ7
Ⅱm/Ⅴ7 Ⅱm/Ⅴ7 Ⅱm Ⅴ7
Ⅱm Ⅴ7 Ⅱm Ⅴ7
Ⅱm/Ⅴ7 Ⅱm/Ⅴ7 Ⅱm/Ⅴ7 Ⅱm/Ⅴ7
Ⅱm/Ⅴ7 Ⅱm/Ⅴ7 ♭ⅥM7 ♭Ⅱ
Ⅰ Ⅰ

Bメロ
■Eマイナー(同主調)
Ⅰm Ⅴm7 ♭Ⅵ Ⅰm7
Ⅳm/Ⅴ7 Ⅰm/Ⅵdim(トニックdim ♭ⅥへクロマチックAp) ♭Ⅵ Ⅴ7
Ⅰm Ⅴm7 ♭Ⅵ Ⅴm7/Ⅰm7
♭ⅥM7 Ⅰm ♯Ⅳdim(=Ⅱ7♭9) Ⅴ7
■Fマイナー(半音転調)
Ⅴ7
Ⅰm ♭Ⅶ ♭Ⅵ Ⅴm
♭Ⅵ/Ⅴ7 Ⅰm/♭Ⅶ6 Ⅵdim(トニックdim ♭ⅥへクロマチックAp)/♭Ⅵ7 Ⅴ7

アウトロ
■Cマイナー(=Fドリアンモード)(下属調)

Ⅰm Ⅳ7 Ⅰm Ⅳ7

曲の最初と最後で半音ズレる【コード進行のポイント】

前半はF♯ドリアンでやっています。

Aメロラストで♭ⅡM7 ⅠM7で変化をつけて、同主調EマイナーのBメロに導入します。
このへんの作り上手いですね~。

Bメロは泣きのメロディーですが、後半に半音転調します。
Ⅴ7sus4をずらしてやってますが、すごく効果的ですね!

そしてイントロと同じモチーフのアウトロが付きますが、Bメロの半音転調が挟まるためイントロと半音違いになっています。

夜が更けて月の位置が変わっていた、というのを表現しているのかな??
何か意味深なものを感じるので、こういうの好きです。

泣きのメロディーでシンプルに見えて、なかなか凝った曲です。

悪魔城ドラキュラシリーズの曲 ソロギターアレンジ

悪魔城伝説 Beginning【ギター演奏・コード分析11】
悪魔城伝説より『Beginning』のギター演奏です。悪魔城三大名曲のひとつ。コード進行やコナミ矩形波倶楽部などについても書いています。
悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印 紺碧の彷徨【ギター演奏・コード分析19】
悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印より『紺碧の彷徨』の演奏です。スパニッシュな香りもする美麗な曲。山根ミチルさん紹介、コード進行などの解説もしています。
悪魔城ドラキュラ~ギャラリー・オブ・ラビリンス 夜は流れる【ギター演奏・コード分析48】
悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンスよりエンディング曲『夜は流れる』のソロギター演奏。重めの曲が多い中で少し雰囲気の違う、優しく、美しい曲です。

コメント