セブンスドラゴン「密林航行」【ギター演奏・コード進行38】

セブンスドラゴン 密林航行
↑クリックで動画再生

2009年:ニンテンドーDS(NintendoDS)
メーカー:
セガ(SEGA)
タイトル名:セブンスドラゴン(7th DRAGON)
曲名:密林航行(Jungle Navigation)
作曲:古代祐三(Yuzo Koshiro)
演奏難易度:☆☆☆★★(易しい)

ゲーム音楽ソロギター演奏動画・コード進行解説の第38弾は、セブンスドラゴンより「密林航行」。

作曲は古代祐三さんで「ミレクーラ森林」や「美しきメイヘル」などの森林ステージで流れる静かなピアノ曲です。

セブンスドラゴン作品概要

セブンスドラゴン(7th DRAGON、通称ナナドラ)は2009年にセガから発売されたRPGで、音楽担当は古代祐三さん。

「世界樹の迷宮」との関連

セブンスドラゴンはいくつか続編も出ていますが、世界樹の迷宮シリーズ(アトラス)の兄弟作品といえます。

セブンスドラゴンシリーズは、世界樹の迷宮シリーズの初代プロデューサーである新納一哉氏が手掛けていて、両シリーズとも古典的なRPGに回帰したような作りになっているのが特徴。

古代祐三さんによるFM音源風音楽

音楽は「世界樹の迷宮」「セブンスドラゴン」両シリーズともに古代祐三さんが担当していて、FM音源時代からスーパーファミコン時代を彷彿とさせるようなサウンドになっています。

レトロゲーム音楽のリバイバル的な動き

セブンスドラゴン&世界樹の迷宮をはじめとして、この年代(2005年から2013年頃)、こういう作りのゲームが一定数出ていて結構売れているんですよね。

ゲーム第1世代だけでなく、もっと若い層にも受けているようです。

DS版の悪魔城シリーズ(コナミ)なんかも2Dグラフィックスに1980年代&1990年代ゲーム音楽風のサウンドということで共通しています。

PCの『洞窟物語』や、チップチューンの再ブームとも時期が被るので、一つの大きなトレンドだったんでしょう。

2Dのドット絵や、古典ゲームミュージックのリバイバルですね。

この流れは後のアンダーテールのヒットにも繋がっていっていると思うし、1ジャンルとして定着している感はありますよね。自分は大好きな路線です。

「密林航行」曲紹介

今回演奏する「密林航行」は「ミレクーラ森林」や「美しきメイヘル」などの森林ステージで流れる曲です。

セブンスドラゴンの音楽がレトロゲーム音楽風といっても、この曲「密林航行」は静かなピアノアレンジで、ピコピコガシャガシャした感じは皆無。

古代祐三さんの作風は、イケイケのガシャガシャした曲も得意ですが、以前ここで取りあげたイース「Feena」などの時代から、こういう静かな路線の曲も凄く良いですよね。

この曲はメロディーのとりかたがクラシック系ではなく、1980年代のフュ-ジョンやユーミンなどのちょっと洒落たニューミュージック風に感じます。

ちなみに続編のセブンスドラゴン2020では、渋谷のBGMとしてこの曲が再登場していますが、そちらはエレクトロ・アレンジですね。

シンプルなだけに丁寧に演奏【ソロギター演奏】

オリジナルはFマイナーキーですが、ソロギター用に半音下のEマイナーキーに移調しています。

Bメロは4回繰り返しですが、2回に短縮。

今回、アレンジ段階では「コードもシンプルだし、あまりガチガチに決めずに適当に弾いてサクッとアップしよう」なんて思っていたんですが、録り始めたら意外と大変でした。

このアレンジ、音がちゃんと出てない所とか、すごい目立つんですよね。

あと、表情付けとか強弱とかも気になりました。

弾くのでいっぱいいっぱいのアレンジだと気にする余裕無い事が、こういうシンプルなアレンジだと凄く気になるという。

1回撮り終えたんですが、なんだかダメダメだったので、少し練習に戻って2回戦。ですので、それなりに時間がかかりました。

密林航行 コード進行

※オリジナルのFマイナーキーをEマイナーキーに移調

イントロ
CM7 D69sus4 Em Em9
CM7 D69sus4 Em Em
CM7 D Em Em9(onB)
CM7 D Em Em9(onB)

CM7 D69sus4 Em Em9(onB)
CM7 D69sus4 Em Em9(onB)
CM7 D Em Em9(onB)
CM7 D Em Em

Aメロ
CM7 CM7 Bm7 Bm7
CM7 CM7 Bm7 Bm7
Am7 Am7 Bm7 Bm7
Am7 Am7 Bm7 Bm7

Aメロくり返し

Bメロ
Esus4 Em Esus4 Em11
Esus4 Em Esus4 Em11
Esus4 Em Esus4 Em11
Esus4 Em Esus4 Em11

コード進行分析

オリジナルFマイナーキーをEマイナーキーに移調

イントロ
■Eマイナー
♭ⅥM7 ♭Ⅶ6 Ⅰm7 Ⅰm7
8回くり返し

Aメロ
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 Ⅴm7 Ⅴm7
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 Ⅴm7 Ⅴm7
Ⅳm7 Ⅳm7 Ⅴm7 Ⅴm7
Ⅳm7 Ⅳm7 Ⅴm7 Ⅴm7

Aメロ繰り返し

Bメロ
Ⅰsus4 Ⅰm7 Ⅰsus4 Ⅰm7
Ⅰsus4 Ⅰm7 Ⅰsus4 Ⅰm7
Ⅰsus4 Ⅰm7 Ⅰsus4 Ⅰm7
Ⅰsus4 Ⅰm7 Ⅰsus4 Ⅰm7

Bメロの音使いがキモ【コード進行のポイント】

この曲は、コード進行自体はシンプルなものですが、メロディーのとりかたが秀逸です。

この曲のキモであるBメロ=サビの部分ですが、Ⅴm上で4(=11)→M6→m7の音が使われていますが、ここの音使いが非常に効いていて、この曲の要となっています。

こういう1フレーズで全て言い切ってしまうようなものって、凄いかっこいいですよねー。

コメント