旧ブログから移行できていなかった記事とリンク切れなどが何カ所かあったので修正しました。このブログはリンクフリーです。(2019年3月16日更新)
スポンサーリンク

ドラゴンクエスト3 おおぞらをとぶ 曲紹介02

DQ3003
(C)SQUARE ENIX CO., LTD.

1988年 ファミリーコンピューター
作曲:すぎやまこういち

スポンサーリンク

おおぞらをとぶ 曲概要

言わずと知れたメジャータイトルのメジャー曲です。
ドラクエといえば『ロトのテーマ(序曲)』が一番有名ですが、この曲もそれに並ぶ名曲です。

自分、ドラクエ3はファミコン版はやっていなくてSFCのリメイク版をプレイしました。
この『おおぞらをとぶ』はドラクエシリーズ全曲の中でも一番好きな曲です。

ファミコンの音源だと使用楽器までは想像できないものが多いですが
すぎやまさんの曲は楽器の特性やフレージングなどを熟知しているので、
PSGのピコピコ音でも使用楽器がすぐにイメージできます。
この曲はメロは人によって印象分かれそうですが、
伴奏はハープでしょ、っていうのは音の並びだけで想像つきますよね。

ゲーム音楽家の下村陽子さんは、この曲がきっかけでゲーム音楽家になられたそうで
『あんな曲を書けたら、死んでもいい』と公言しています。

カヴァーもいろんな方が演奏されてますが、ギターだと高中正義さんのものが有名です。

スポンサーリンク

作曲者 すぎやま こういち さん

ドラクエシリーズ全てを手がける作曲者のすぎやまこういちさんですが、
ゲームの作曲を始めたのは50代のときで、最初はPCゲームのウイングマン2だったようですね。
他にもガンダーラ(これはプレイしました。死ぬほどダルいゲームでしたが)、ジーザス、アンジェラスなど
いくつかエニックスのPCゲームを手がけてます。

ゲーム音楽家としては珍しく、他ジャンル(主に歌謡曲、アニメ劇伴、CM)で作曲家のキャリアを積んだ方で
『亜麻色の髪の乙女』などが有名ですね。このへんはwikiなどを読んでもらったほうがはやいかな。

ゲーム音楽家としてのすぎやまさん

ゲーム音楽家としてのすぎやまこういちさんですが
作曲技法では未だにゲーム界トップレベルなんではないでしょうか?
採譜してみるとその技術の高さをヒシヒシと感じます。
有名な『ロトのテーマ』は最もシンプルなほうで、この『おおぞらをとぶ』はそれよりやや技巧的です。

もっと難しい曲になると、対位法・多調・無調のパーツが絡まりあって調性の特定すら難しいです。
それでもちゃんとまとまった音楽になっているし、
とくにファミコン時代はそれを2音~3音でやってしまっているのは驚異的です。

クラシック・現代音楽系とポップス系の曲

彼のドラクエ曲を大別するとクラシック・現代音楽系とポップス系に分かれます。
この曲含めほとんどが前者ですが、『Love Song探して』や『果てしない世界』『この道わが旅』など、
特にドラクエ2に集中してますがポップス系の名曲もたくさんあって、
歌謡曲の作曲キャリアが存分に発揮されていると思います。

スポンサーリンク

関連リンク

ドラゴンクエスト3 おおぞらをとぶ ソロギター演奏・コード進行分析02

コメント