一時廃止していたコメント欄を復活させました。このブログはリンクフリーです(2020年8月23日更新)

田中宏和【ゲーム音楽作曲家列伝03】

田中宏和さんはアニメ版ポケモンの主題歌の作曲者として有名ですが、ゲーム音楽作家としても黎明期から活躍されていて、近藤浩治さんらと共に1980年代~1990年代の任天堂のゲームサウンドを支えてきました。

任天堂退社後は株式会社クリーチャーズの代表をされています。

田中宏和さんプロフィール・略歴

本名:田中宏和(たなか ひろかず)
通称:Chip Tanaka
生年月日:1957年12月13日
作曲家デビュー:1984年2月(ワイルドガンマン、任天堂)
代表作品:メトロイド、パルテナの鏡、MOTHER1,2

田中宏和さんは1980年に任天堂に入社。

もともとはハードウェアの開発をする技術スタッフだったようで、最初はアーケードゲームの基板開発や効果音制作をしていました。

その後、ゲーム&ウオッチの開発を経て、ファミコンのゲーム音楽を作るようになります。

当時、任天堂への勤務と平行してレゲエバンドをやっていましたが、風貌もレゲエスタイルにしていて、当時としてはかなり個性的な音楽志向とルックスだったと思います。
日本でレゲエが流行ったのはもっと後でしたよね。

田中宏和さんの作曲家デビューについては、1980年頃からアーケードゲームやゲーム&ウオッチの開発・サウンドデザインに携わっていましたが、作曲ということでは1984年2月のワイルドガンマン(ファミコン)がデビュー作と思われます。

ワイルドガンマンは光線銃のやつですね。
友人宅で延々とやってた記憶がありますw

1989年頃からはゲームボーイの、1992年頃からはスーパーファミコンのタイトルも担当。

1999年に任天堂を退社して子会社のクリーチャーズに入社、以後はクリーチャーズを通して任天堂の作品に関わることになります。

2001年にクリーチャーズの代表取締役に就任し、現在に至ります。

田中宏和さんの作るゲーム音楽

ゲーム音楽作家としては1985年~1994年頃が一番脂がのっていた時期で、『バルーンファイト』『レッキングクルー』『メトロイド』『光神話 パルテナの鏡』『スーパーマリオランド』『MOTHER』(鈴木慶一と共作)『MOTHER2 ギーグの逆襲』(鈴木慶一と共作)など、この時代の任天堂を代表するようなゲーム音楽を作っていて、近藤浩治さんと双璧を成すコンポーザーでした。

自分的にはメトロイドとパルテナの鏡のオープニング曲は鳥肌曲です。

MOTHERに関しては、半分くらいは鈴木慶一さん(ムーンライダース)の曲ですが、タイトル曲とか、スノーマンとかは田中さんの作です。
このあたりは数あるレトロゲーム音楽の中でも名曲中の名曲だと思います。

田中さんは流石に元音源開発者だけあって、任天堂の音源を知り尽くしていて、ファミコン音源の良さを最大限に引き出す作曲・アレンジをしますよね。

アニメ版ポケモンの主題歌

田中宏和さんは、一般的には1997年に放送が開始されたアニメ版ポケモンの主題歌『めざせポケモンマスター』の作曲者として有名です。

ゲーム版ポケットモンスターシリーズの音楽は田中さんの担当ではないのですが、彼が作曲した『めざせポケモンマスター』はCDがミリオンセラーとなり、以後、アニメ版ポケモンの挿入歌・音楽の作曲を担当するようになりました。

1997年以降、作曲家としてはゲーム音楽よりもアニメ版ポケモンへの曲提供がメインになっている感じで、それは現在に至るまで続いています。

アニメ版ポケモンの音楽は、ゲームがテーマになってる作品とはいえ、ゲーム音楽ではなくアニソンのカテゴリーになると思うので、ここでは扱いません。

田中宏和さんゲーム音楽作曲作品

メーカー表記の無いタイトルは、全て任天堂のものです。

1984年

ワイルドガンマン(FC)

ダックハント(FC)

ホーガンズアレイ(FC)

ドンキーコング3(FC)

アーバンチャンピオン(FC)

1985年

バルーンファイト(FC)

レッキングクルー(FC)

ファミリーコンピュータロボット ブロックセット/ジャイロセット(FC)

1986年

Gumshow(FC)

メトロイド(FCD)

光神話 パルテナの鏡(FCD)

1988年

ファミコンウォーズ(FC、一部)

1989年

スーパーマリオランド(GB)

役満(GB)

MOTHER(FC、鈴木慶一と共作)

テトリス(FC/GB、一部)

1990年

ナイトムーブ(FCD)

ドクターマリオ(FC/GB)

バルーンキッド(GB)

1992年

ハローキティワールド(FC)

X エックス(GB、戸高一生と共作)

マリオペイント(SFC)

1994年

MOTHER2 ギーグの逆襲(SFC、鈴木慶一と共作)

1995年

スヌーピーコンサート(SFC)

1998年

レッキングクルー’98(NTP)

スーパーファミコンウォーズ(NTP)

2000年

バルーンファイトGB(GB)

2001年

ちっちゃいエイリアン(GBC、クリーチャーズ)

2005年

のののパズルちゃいリアン(GBA)

2006年

プロジェクトハッカー 覚醒(DS)

※略号
FC=ファミコン
FCD=ファミコン・ディスクシステム
GB=ゲームボーイ
GBC=ゲームボーイカラー
SFC=スーパーファミコン
NTP=ニンテンドーパワー
GBA=ゲームボーイアドバンス
DS=ニンテンドーDS

ゲーム音楽作曲家列伝 前回

慶野由利子【ゲーム音楽作曲家列伝02】
ゲーム音楽作曲家列伝 第2回は1981年ナムコに入社して初期ナムコ作品の音楽を大野木宣幸さん(第1回で紹介)と二人で作っていた慶野由利子さんです。

ゲーム音楽作曲家列伝 次回

小沢純子【ゲーム音楽作曲家列伝04】
ゲーム音楽作曲家列伝 第4回は1984年にデビューして、第1回の大野木宣幸さん、第2回の慶野さんとともに『ナムコ一強時代』の一翼を担った小沢純子さんです。

コメント