影の伝説 走!【謹賀新年】【ギター演奏・コード進行81】

影の伝説 走!動画
↑クリックで動画再生

難易度☆★★★★(難しい)

1985年:アーケードゲーム
メーカー:タイトー(TAITO)
タイトル名:影の伝説(The Legend of Kage)
曲名:走!(BGM1)
作曲:小倉久佳(Hisayoshi Ogura・OGR)

2021年、明けましておめでとうございます!

今年は『年始に何かお正月ぽい曲を演奏したいな』と思っていましたが、影の伝説『走!』を選曲しました。影の伝説のメインBGMですね。

この曲はとくにお正月がテーマになっているわけではないんですが、お琴などの和楽器をフューチャーしていて、和音階のメロディーがお正月の雰囲気だなぁ、と思いまして。

子供の頃、ゲーセンでこの曲を聴いて、こういう音楽(和楽器+ロック)は聴いたことが無かったし『うわ、なんだこれ、カッコいい!』ってビックリしたものです。

影の伝説 作品概要

影の伝説はタイトーが開発して1985年10月から稼働開始したアーケードゲームで、タイトーとしては初のFM音源採用タイトルです。

翌1986年4月にはファミコンに移植されてヒットしたので、ファミコンでプレイした人も多いんではないでしょうか。

ゲーム内容は、サイドビューの忍者アクションゲームで、主人公も敵もやたらとジャンプ力がありました。
10メートル位ジャンプしてんじゃね?ってくらいw

敵キャラも、火炎を吹く坊主とか、ラスボスの天草四郎もどきとか、いかにも忍者漫画チックで味がありました。

巻物を取ると敵が蚊取り線香食らった蚊のようにバタバタと落ちてくる『雅の術』なんてのもありましたね。

そして、姫様は何回助けてもすぐ拐われてしまうw
そんなゲームでした。懐かしすぎる。

影の伝説の音楽

影の伝説の音楽を作ったのは、ダライアスシリーズなどで有名な小倉久佳(OGR)さんです。

小倉久佳さん紹介記事

小倉久佳【ゲーム音楽作曲家列伝05】
ゲーム音楽作曲家列伝 第5回は1984年デビューでタイトーのゲーム音楽を作ってきた小倉久佳さん(OGR)。初期のゲーム音楽作家で一番好きな人です。

自分が小倉久佳さんの音楽に触れたのは、このゲームが最初だったんですが、影の伝説をはじめてゲーセンでプレイした時は、ゲーム音楽のイメージをひっくり返されるようなカルチャーショックを受け、ゲーム音楽にハマっていく一つのキッカケになりました。

最初に体験したのがアーケード版でFM音源だった、というのもありますが、和楽器の音色と和音階メロディー+ロックアレンジというのに度肝を抜かれましたね~。

この後、奇々怪々とか源平討魔伝とか出てきて、和風路線は一つの大きな流れになるんですが、1985年10月時点としては非常に斬新なものでした。

今でこそ、和の要素をフュージョンさせたゲーム音楽はスタンダードなものになっていますが、影の伝説はその元祖といえる作品です。

アーケードゲーム版の音色

アーケードゲーム版『影の伝説』には二種類のバージョンがあって、初期バージョンはFM音源ではなくPSG音源の基板が出回っていたようです。

自分はPSG版はやったことがないんですが、音色やアレンジはファミコン版に近いんでしょうか。

わざわざコストをかけてまで流通後に基板を変更している、というのは、音楽を重視したタイトーが他社に対抗してFM音源対応を急いだ、ということのあらわれでしょう。

小倉さんの作ったFM音源の音色も、影の伝説の音楽の重要なファクターなので、ファミコン版しかやったことが無い人も、是非アーケード版の音色を聴いてみてもらいたいです。

お琴の感じを出すのに、わざとピッチを少しずらしたりしてるところがグッときます。

テクニカル系!高難易度!!【ソロギター演奏】

この曲、コード進行はシンプルですが、テクニック的に弾きこなすのがかなり難しい部類です。

イントロのアルペジオがまず高難易度で、アコギの場合このキーでないと弾けないんでは?と思います。

本当はイントロは自由リズムでやって、途中からリズムトラック入れてインテンポにしたかったんですが、プログラムや録画が面倒になりそうなので、イントロもインテンポでクリック聴きながら演奏してます。

Aメロに入ってからは一息つけますが、Aメロラストの和音階の16分音符が曲者で、そこから先はずーっと難所となります。

Bメロはメロディー固定してコードだけ変えてますが、ポジション移動が激しく、かなりの練習を要しました。

Bメロラストは16分音符にしてフラメンコのピカードのタッチで弾いてます。

エンディングは自分が付け足したアレンジですが、クライマックスぽく盛り上げたかったので、16分音符和音階スケールをダブルでかまして締めくくってます。

全体にテクニカルで高難易度ですが、比較的暗譜もしやすくて、今まで星5つ付けた曲ほどの労力はかからなかったので、星4つとしました。

影の伝説『走!』コード進行

イントロ
E7sus4 E7sus4 E7sus4 E7sus4
E7sus4

Aメロ
Am Am F F/FM7(♯11)
Dm6 Dm6 E7 E7
Am Am F F/FM7(♯11)
Dm6 Dm6 E7 E7

Bメロ
FM7 FM7 Em7 Em7
Dm69 Dm69 Em7 Em7
FM7 FM7 Em7 Em7
Dm69 Dm69 Em7 Em7

エンディング(アレンジ)
E7susu4 E7sus4 E7sus4 E7sus4
E7sus4

コード進行分析

イントロ
■Aマイナー
Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4
Ⅴ7sus4

Aメロ
Ⅰm Ⅰm ♭Ⅵ ♭Ⅵ
Ⅳm Ⅳm Ⅴ7 Ⅴ7
Ⅰm Ⅰm ♭Ⅵ ♭Ⅵ
Ⅳm Ⅳm Ⅴ7 Ⅴ7

Bメロ
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 Ⅴm7 Ⅴm7
Ⅳm Ⅳm Ⅴm7 Ⅴm7
♭ⅥM7 ♭ⅥM7 Ⅴm7 Ⅴm7
Ⅳm Ⅳm Ⅴm7 Ⅴm7

エンディング(アレンジ)
Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4 Ⅴ7sus4
Ⅴ7sus4

シンプル進行+和音階【コード進行のポイント】

コード進行はいたってシンプルで、マイナー3コード+♭Ⅵコードしか出てきません。

以前、ゲーム音楽論08『ゲーム音楽の王道的コード進行』という記事でとりあげましたが、これら王道的コード進行のうち、マイナー3コード進行と、マイナー下降進行の組み合わせですね。

ゲーム音楽の王道的コード進行【ゲーム音楽論08】
ゲーム音楽論 第8回はゲーム音楽に使われるコード進行について。300曲採譜した管理人BGMが感じたゲーム音楽の王道的コード進行を解説します。

とくにⅠm→♭ⅥM7という進行は、この時代のゲーム音楽で非常に多用されていて、典型的なJMM(ジャパニーズ・メランコリック・メロディー)進行です。

そして、この曲は全編にわたってマイナースケールのかわりにペンタトニックの和音階が使われています。

演奏で使われているAマイナーキーだと

A,B,D,E,F
こんな音階ですが

ⅠのAをルートにすると
1,N2,4,5,m6

ⅤのEをルートにすると
1,♭2,4,5,m7
となります。

ヨナ抜き音階(演歌や日本民謡で使う)ともブルーノートペンタトニックなどとも違って3度を抜く和音階で、以前演奏した月風魔伝『龍骨鬼戦』の和音階と同じものですね。

月風魔伝 龍骨鬼戦【ギター演奏・コード進行06】
月風魔伝より、ラスボス戦『龍骨鬼戦』のソロギター演奏です。自分としてはテクニックの限界に挑んだ演奏になりました。曲紹介、コード進行なども掲載しています。

半音が入るので陰旋(陰音階)の一種ですが、ギターで速いフレーズ弾くのが難しい音の並び方なんですよねー。

アーケードゲームのゲーム音楽 ソロギターアレンジ

アーケードゲームの楽曲 ソロギターアレンジ
アーケードゲーム(ゲームセンターのゲーム)の楽曲のソロギターアレンジをまとめてあります。

ファミコンのゲーム音楽 ソロギターアレンジ

ファミコンのゲーム音楽 ソロギターアレンジ
ファミリーコンピュータ(ファミコン、NES)用に発売されたゲームの楽曲のソロギターアレンジをまとめてあります。

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして。
    影の伝説、アコースティックの優しい音色もいいですね(。˃ ᵕ ˂ )b
    OGRさんは偉大です。

    • BGM より:

      コメントありがとうございます!影の伝説はエレキギターのカヴァー演奏はいくつか見たことありますが、アコギは少ないですね。走!は、和音階なのにロックぽいフィーリングですよね~