記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)
スポンサーリンク

スペースハリアー メインテーマ【ギター演奏・コード分析15】

難易度☆☆★★★(普通)

スポンサーリンク

自分の原点といえる一曲【曲紹介】

1985年 アーケードゲーム
作曲:川口博史

スペースハリアー ゲーム画面
(c)SEGA

今のところ、取り上げた中で一番古い曲です。
自分の中では、『原点』の一つといえる曲ですね。

1985年のゲーム音楽史07の記事を書いていて、いろいろ思い出し、この曲をやりたくなりました。

1985年はアーケードゲームとPCがFM音源化してゲーム音楽が一気に進化した年で、この曲はそんな時代の象徴的な一曲です。

スペースハリアーが出てからほとんど間が無かったと思いますが、古代裕三さんは『マイコンBASICマガジン』に、この曲のPC-8801mkⅡSR用ダンプリストを投稿していて、自分も早速打ち込んで、いろいろ弄って遊びました。

古代さんもインタビューで言っておられましたが、この当時、大型筐体(スピーカーもそれなりの口径と思われます)から出る音は一瞬CDが入ってるのかと錯覚するほどでした。
低音が効いていてベースとドラムが迫力がありました。

特にドラムは当時出始めの、音楽制作用のリズムマシンなどに使われていたPCM音源を使用していたため、PC-8801mkⅡSRでもこの迫力の再現はできませんでした。
このFM音源+PCMリズム音源のスタイルはこの後主流になっていきます。

音楽ジャンル的には、こういうのなんて言うんでしょうね。ロックともフュージョンとも違うし、『ゲーム音楽』としか形容できないスタイルが、このあたりでまた一つ出来てきていますね。

思い出補正はあるでしょうけど、聴いていると気持ちが上がります。

スポンサーリンク

川口博史さん=Hiro師匠【作曲者】

ゲーム音楽史07で簡単に触れましたが、アーケード黄金期のセガ作品の多くを手がけています。

通称Hiro師匠
当初はプログラマーでしたが高校時代からバンド活動をしていて、そのことが『ハングオン』の開発者に伝わって1985年『ハングオン』で作曲家デビュー。
以後、セガのサウンド専任となります。

セガでの制作のかたわら、セガのゲーム音楽バンド『S.S.T.BAND』『H.』などで鍵盤奏者として演奏活動もしています。
現在もセガ関連会社に在籍しておられます。

主な作品は

  • 『ハングオン』
  • 『スペースハリアー』
  • 『ファンタジーゾーン』シリーズ
  • 『アウトラン』シリーズ
  • 『アフターバーナー』シリーズ

など多数ありますが、1985年~1990年あたりに作品数が集中していて、アーケード黄金期のセガを音楽面で支えてきたことがわかります。

作曲家としてはバンド出身なだけあって、ロック、ラテン、フュージョンの要素が強く、クラシックの要素はほとんど感じられません。

当時『ファンタジーゾーン』などで、スラップベースの音(いわゆるチョッパー奏法)を積極的に使ったりして、アレンジにもかなり特徴がありました。

スポンサーリンク

スペースハリアー メインテーマ ソロギター演奏

原曲はAメロをオクターブ上げて繰り返しているのですが、くり返しは省略して演奏しています。

Bメロの後もう一回Aメロ前半をやってコーダとしたので、さすがに3回同じメロはしつこいかな、というのと、オクターブ上で弾けないことはないんですが、ベース音が高くなりすぎ&コード構成音減らさないと演奏が難しいです。
でも、そうするとコード感や音の厚みが薄くなったり。

ということで、思い切ってAメロくり返しは省略とさせていただきました。

Bメロは自分流にアレンジしてます。

スポンサーリンク

Space Harrier “Main Theme” コード進行

イントロ
C FM7 Fm7 C
C FM7 Fm7 C
C FM7 Fm7 C
C FM7 G7 C

Aメロ
C C B♭69 B♭69
Am7 Am7 F Fm7
C C B♭69 B♭69
Am7 Am7 F Fm7

Em7 Em7 A7 A7
Dm7 Dm7 F Fm7
Em7 Em7 A7 A7
Dm7 Dm7 F G7

繰り返し(演奏では省略)

Bメロ
Am  Am F F
G G Am Am
Am  Am F F
G G Am Am

Am  Am F F
G G Am Am
Am  Am F F
G G Am F/G

コードアナライズ

イントロ
■Key=Cメジャー
Ⅰ ⅣM7 Ⅳm7 Ⅰ
Ⅰ ⅣM7 Ⅳm7 Ⅰ
Ⅰ ⅣM7 Ⅳm7 Ⅰ
Ⅰ ⅣM7 Ⅴ7 Ⅰ

Aメロ
Ⅰ Ⅰ ♭Ⅶ ♭Ⅶ
Ⅵm7 Ⅵm7 Ⅳ Ⅳm7
Ⅰ Ⅰ ♭Ⅶ ♭Ⅶ
Ⅵm7 Ⅵm7 Ⅳ Ⅳm7

Ⅲm7 Ⅲm7 Ⅵ7 Ⅵ7
Ⅱm7 Ⅱm7 Ⅳ Ⅳm7
Ⅲm7 Ⅲm7 Ⅵ7 Ⅵ7
Ⅱm7 Ⅱm7 Ⅳ Ⅴ7

繰り返し(演奏では省略)

Bメロ
■key=Aマイナー(平行調)
Ⅰm Ⅰm ♭Ⅵ ♭Ⅵ
♭Ⅶ ♭Ⅶ Ⅰm Ⅰm
Ⅰm Ⅰm ♭Ⅵ ♭Ⅵ
♭Ⅶ ♭Ⅶ Ⅰm Ⅰm

Ⅰm Ⅰm ♭Ⅵ ♭Ⅵ
♭Ⅶ ♭Ⅶ Ⅰm ■key=Cメジャー Ⅳ/Ⅴ

スポンサーリンク

コナミ進行を使用【コード進行のポイント】

Aメロ冒頭はⅠ ♭Ⅶという、ザ・ゲームミュージックな進行です。

今まで取り上げた中では、ゼルダの伝説メインテーマもそうですが、
Ⅰ  ♭Ⅶ  ♭Ⅵとか
♭Ⅵ  ♭Ⅶ  Ⅰとかは、コナミのゲーム音楽に多用されていて『コナミ進行』と言われたりもします。
この曲では♭ⅥではなくⅥm7なので、ちょっとソフトな印象になってます。

BメロはCメジャーのままで捉えてもokですが、Am F G Amで回る区間が長いので、平行調転調のAマイナーとしました。

Hiro師匠=川口博史さんの曲 ソロギターアレンジ

アウトラン Splash Wave 【ギター演奏・コード分析44】【夏曲その1】
梅雨明けですね!今年は『夏曲』を何曲かお届けします。夏曲第1弾は、アウトランより『Splash Wave』フラメンコアレンジです。コード進行解説もあります。
アウトラン Passing Breeze【ギター演奏・コード分析46】【夏曲その3】
夏曲第3弾。アウトランより『Passing Breeze』を演奏します。ボサノバ・フラメンコに寄せてギター音楽化を試みています。コード進行、曲名の謎なども解説。

コメント