今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

月風魔伝 龍骨鬼戦 ソロギター演奏・コード進行分析06


難易度★★★★★(激ムズ)

スポンサーリンク

月風魔伝 龍骨鬼戦 ソロギター演奏解説

予想はしてましたが、今までで一番難しかったです。
アレンジと練習だけで延べ10時間以上使いました。

音自体はシンプルなんですが、全体のスピード、音の跳躍の大きさなど
テクニック的に限界に迫るものがありました。
テンポもゆっくりから練習したんですが、
これ以上速くするとミスタッチやリズムのズレが激増するので
動画として記録するのは現段階ではこのテンポが限界でした。

アレンジについて

Aメロ最初のAマイナーの上りフレーズは原曲通りだと
自分の技術では演奏不可能っぽかったので、少し変えてあります。

昨日、一回録画してみたんですが、
苦労の割に短すぎるので間奏を追加して2ループやることにして本日録画しなおしました。
何とか週末のうちに仕上げられて良かったです。

演奏のポイント

ベース音を弾きながら16分音符を正確に弾いていくのがまず難しいんですが、
自分的に苦労した難所が三か所あります。

1.AメロのFからEに移るところの0フレット→10フレットへの跳躍。
ここはメロに1弦開放を使うことで実現しました。
1弦開放を弾いた直後に10フレットに移動すればなんとか可能です。

2.Aメロ折り返し地点のEm→Amの7フレット→0フレットの跳躍。
これはEmの上りスケールを走り気味に弾ききって、
即座に5弦開放を出してポジション移動、でなんとか実現。

3.Aメロの締めのディミニッシュ上行
イングヴェイ・マルムスティーンが多用して有名になったフレーズですが
次のフレーズへの移動を考えて、ポジションはあまり変えずに
弦移動で弾くことにしましたが、これがかなり難しいです。

スポンサーリンク

月風魔伝 龍骨鬼戦 コード進行

イントロ
Am Bb Am F7
Em/Dm/F/Em(onB) Em

Aメロ
Am Am G7 G7
F F Em Em
Am Am G7 G7
F F Em E7(b9)

Bメロ

E7(b9) E7(b9) E7(b9) E7(b9)/Fdim/G#dim/Bdim

※原曲は以上を繰り返しですが、本アレンジでは間奏を追加しています。

間奏
Am9  G11 FM9(#11) E7sus4(b9)

スポンサーリンク

月風魔伝 龍骨鬼戦 コード進行アナライズ

イントロ
■key=Aマイナー
Im bII Im bVI7

Vm/IVm/bVI/Vm Vm

Aメロ

Im Im bVII7 bVII7
bVI bVI Vm Vm
Im Im bVII7 bVII7
bVI bVI Vm V7

Bメロ

V7 V7 V7 V7(dim平行移動)

間奏※アレンジ
Im bVII bVI V7

コード進行とメロについて

コード進行は何も言うことがないくらいシンプルです。
強いて言うならイントロにbIIが入っているくらいです。

ただしメロディは特徴的で、一部に和音階が使用されていたり、
コード分解の音の選びかたも9th、11thを強調していたり、少し凝っています。

スポンサーリンク

関連リンク

月風魔伝 龍骨鬼戦 曲紹介06

コメント

  1. バスカル より:

    源平討魔伝ではなく月風魔伝とはマニアックな選曲ですね:)
    原曲は聴いたことが無かったんですが、さすがコナミと思わせる良い曲だなあと思いましたよ

  2. BGM より:

    源平のほうも音楽は和楽器ロックアレンジで当時インパクトありましたねー。