記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)

ドラゴンクエスト『序曲』演奏用アレンジ【ゲーム音楽を弾こう!22】

今まで採譜やアレンジの手法を紹介してきましたが、この企画の仕上げとして、例題曲を使って実際の演奏用アレンジが出来上がるまでの手順を解説していこうと思います。

例題曲その1はこの連載を始めるにあたってアレンジした、ドラゴンクエスト『序曲』です。

ドラゴンクエスト 序曲【ギター演奏・コード分析31】【新春特別企画】
ドラゴンクエスト『序曲』のソロギター演奏です。今回は新連載『ゲーム音楽を弾こう!』と連動する形で初心者向けアレンジとなっています。

アレンジの方向性を決める

超有名曲なのでカヴァー演奏も多いです。

とくにクラシックギター系のアレンジでは内声やベースが凝ったものも多く、そうしたアレンジは難易度も高くなりやすいです。

自分は極力シンプルにして、初心者でも取り組みやすく、かつ、原曲イメージはしっかり再現したい、という方向で考えることにしました。
シンプルにはするんですが

  • ベース音の維持
  • ギターの特性を生かして綺麗に響かせる

という二点は優先したいポイントです。

キーの決定、移調の検討

方向性が決まったらキーを決めますが、この曲は原曲がFメジャー、他にもいろんなバージョンがあってキーもいろいろです。
ソロギター化を考えたとき

  • ギターに適した音域
  • 解放弦が活用できる

この二点がポイントになりますが自分がチョイスしたのは、Eメジャーキーです。

  • Ⅰのルート音が6弦解放で鳴らせる
  • 最高音が1弦12フレットE音に設定できて音域がちょうどいい
  • 1フレットにカポタストをつければ原曲キーで演奏できる

以上の理由でEメジャーキーを採用しました。

移調後のコード進行

Eメジャーに移調して演奏ポジションを決めて仮アレンジします。
ポジションを決めた理由などは次の項で補足します。

イントロ
■Eメジャーキー
E(7f)/B7 E E B7/E B/B7(7f→0f)

テーマ
E(0f) E(9f+解放)/E(onG#) E6/F#7(onE) E
G♯7(4f) C♯m F♯7(2f) Bsus4
G♯7(4f) C♯m F♯7(2f) Bsus4
C♯7(9f) F♯m A(onB)/B13(7f) E(7f)

コーダ
C♯7(onG♯)(2f薬指5度ベース )/F♯m7 D♯m7♭5(1f) A(5f)/G♯m7(4f)/F♯m7(2f)
A(2f+解放) B13(2f) E(0f) E

演奏用アレンジを考える

仮アレンジが決まってきたところで、演奏用のアレンジを考えていきます。

イントロ部分

イントロ部分は3拍子の音階ですが、オープンコードでやるか、メロディを1オクターブ上にして7フレットセーハでやるかで迷いました。

ここは以下の理由で7フレットセーハを選択しています。

  • 7Fのほうがメロディが際立つ
  • オープンコードだとBコード部分でメロディとベースが接近して弾きづらい

テーマ導入部分

テーマの出だしでメロディが上行していきます。
ここは曲中でも重要なところです。

原曲はベースが下降して対位法的な動きになっていますが、それを再現するかどうかでまた少し考えました。

やって出来ないことはないんですが、結構難易度が上がるのと、ここはメロディをハーモニーにしたい、というのがあって取捨選択、ベースラインはルート単音にしました。

メロディをハーモニーで弾く場合、弦移動が入ると難易度が上がるので、ポジション移動で弾くことにしました。

テーマ2段目

テーマ2段目はG♯7からです。
メロディの音程がかなり下から始まるので、1フレットのG♯のほうが三度音も入れられるのでいいかもしれませんが、そのあとの繋げやすさを優先して4フレットセーハフォームにしました。

テーマ4段目

テーマ4段目のC♯7→F♯mのところでメロディの音程が上がります。
これはどこかでポジション移動しないと弾けません。

C♯7を4フレット→F♯mを9フレットでもいいんですが、最初からC♯7を9フレットで弾けば移動距離は大きくなりますが、ポジション移動は一回ですみます。
ここは好みでしょうか。

オンコードをリハモ

そして次のコードはF♯m(onB)またはA(onB)なんですが、SD→Dの流れを強調しつつ、その前のF♯mからはベース音を変えたかったので、シンプルにAコードにしてます。

ここは前打音から5フレットに移動しておいたほうがスムーズです。

エンディング

ゲーム音楽はループが多いので曲の終わりかたはいつも悩むんですが、このアレンジはドラクエ4版から拝借してきました。

このパートはいろんなコード付けが出来そうです。

最初のC♯7はフラメンコギターでよく使う五度ベースのフォームです。

三つ目のD♯m7b5は、すぎやまさんぽく、ハーフディミニッシュコードをロングトーンにもってきました。

他はシンプルなコード付けにしました。

アレンジまとめ

――以上、ドラゴンクエスト『序曲』を題材に、ソロギターアレンジのやり方を細かく解説してみました。

ギターはいろんなポジションで同じ音が出るので、どこで弾くのがいいのか判断に迷うことが多いと思いますが、慣れてくると短時間でコードフォームを付けてアレンジできるようになってきます。

暗譜のしやすさも重要

自分の考えとして、アレンジしたらなるべく暗譜して演奏時は演奏に集中したい、というのがあって、暗譜しやすさ、というのもアレンジの重要な要素です。

このアレンジはテーマ導入部以外はスタンダードなコードフォームだけで処理したので暗譜もしやすいと思います。

ゲーム音楽を弾こう! 前回

自分がソロギター演奏に使う奏法【ゲーム音楽を弾こう!21】
ゲーム音楽を弾こう!第21回です。当ブログ管理人のBGMはフラメンコギタリストですが、自分がソロギターアレンジで使う演奏テクニックを解説しています。

ゲーム音楽を弾こう! 次回

スーパーマリオ『地上BGM』演奏用アレンジ【ゲーム音楽を弾こう!23】
ゲーム音楽を弾こう!第23回。前回からこの連載の総仕上げとして、演奏用アレンジ制作の全手順を解説しています。今回はスーパーマリオ『地上BGM』です。

コメント