今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

ロマンシングサガ3 ミューズのテーマ 曲紹介40


(c)SQUARE ENIX

1995年 スーパーファミコン
作曲:伊藤賢治

スポンサーリンク

ロマンシングサガ3 ミューズのテーマ 曲概要

ロマサガは採譜曲数が多いので定期的にアップしていきます。
今回は癒し系『ミューズのテーマ』です。
伊藤さんの曲はバトル曲が代名詞ですが
こういうゆっくりした繊細な曲も凄くいいです。

この曲はそういう伊藤さんのもう一つの十八番である
『コード進行で聴かせる系』です。
コード使いがとても繊細でほんとに上手く作るな~と思います。

全体にホンワカした雰囲気ですが、
切ない響きを絶妙に混ぜてきます。
サブドミナントマイナーと
ディミニッシュ代理の使い方のお手本のような曲です。

スポンサーリンク

ミューズとシャール

自分、ロマザガ3はかなりやりこみました。
スペインに渡る直前くらいだったんですが
全キャラでクリアーしました。

この曲がテーマになっている
ミューズという女性キャラがいるんですが
ミューズともう一人、
シャールという人物が印象に残っています。

ミューズの父親はもともとその地方の有力貴族でしたが、
権力争いに敗れて没落してしまいます。
シャールはミューズの従者としてその生涯をミューズに捧げている人で
元は優秀な武人でしたが、
ミューズの家の権力争いの際に捕らわれて
利き腕を傷つけられて武器が持てなくなってしまっています。

ミューズが夢魔に蝕まれてどんどん弱っていくところを
シャールが主人公の助けを得て救出するというストーリーなのですが

後に入手する『銀の手』(魔法の義手?)というアイテムを
シャールに装備させるとシャールは本来の力を取り戻す
という設定になっていて
『シャール!この人こんなに強かったんだ。。』となります。

でも、シャールに装備させると
銀の手の効果の一つである二刀流が使えなくなるので
すごい悩みどころなんですが
心情的にそこはシャールに装備させたいですよね。

スポンサーリンク

ミューズとシャールの関係(妄想)

ミューズはとても優しい心の女性で
近隣住民からも慕われています。

シャールは
没落して貧しくなり、体も弱いミューズを献身的に支えています。

労苦の連続でシャールの髪は真っ白になり
実年齢よりかなり老けてしまいますが
ミューズのために生きていくのが
本人の無二の幸せでもあるようです。

この二人は一般的な男女のロマンスとはだいぶ違いますが
そこには尋常ならざる愛を感じます。

ミューズはもしかしたら
シャールと結ばれることを望んでいるのかもしれませんが
シャールは固辞するでしょう。

ミューズもそれを分かっているので
決して言葉には出しません。

ーーー以上、妄想でしたww

この曲は
ミューズのシャールへの感謝と
言葉で言い表せない切ない感情
そういうことが表現されているように感じます。

スポンサーリンク

関連リンク

ロマンシングサガ3 ミューズのテーマ ソロギター演奏・コード進行分析40

コメント