演奏曲紹介記事を演奏・コード進行記事へ統合しました。サイト改装・全面リライト進行中です。このブログはリンクフリーです(2019年8月3日更新)
スポンサーリンク

スーパーマリオブラザーズ 地上BGM【ギター演奏・コード分析33】【特別企画第2弾 中級編】

難易度☆☆★★★(普通)

スポンサーリンク

スーパーマリオのメインテーマ【曲概要】

1985年 ファミリーコンピューター
作曲:近藤浩治

スーパーマリオブラザーズ ゲーム画面
(c)Nintendo

新春特別企画第二弾は、世界で一番有名なゲーム音楽です。

『スーパーマリオブラザーズ』は1985年9月に
『マリオブラザーズ』の続編として発売され、ロングヒット。
全世界で4500万本以上を売り上げるという、この時代としては空前の記録を残したモンスタータイトルです。

自分の記憶では、出たばかりのときはそれほど騒がれなかったと思いますが、翌年、ドラゴンクエストなどのキラータイトルがどんどん出てきてファミコンの普及が進むと、ファミコンといえば『スーパーマリオ』という、代表タイトル的イメージが強かったこの作品は、本体と同時購入されてどんどん売り上げを伸ばした、というイメージです。

この曲『地上BGM』はゲームスタート直後に流れる本作品のメインテーマといえる曲で、スーパーマリオの音楽といえば、ほとんどの人がこの曲をイメージするんではないでしょうか?

スポンサーリンク

自分のスーパーマリオ体験

自分も子供時代にほぼリアルタイムでプレイしていますが、本当に完成度が高いゲームで今やっても楽しめる奥深さがありますね。

これが発売された1985年秋は、自分はFM音源がついたPCが欲しくて仕方なったときで、ファミコンタイトルはそれほど重視してなかったんですが、本作品をプレイしたときはアーケードゲームでもこれほどの完成度のゲームは滅多にないので驚きました。

スポンサーリンク

近藤司さんによる世界一有名な和製音楽

音楽も素晴らしいです。
近藤浩司さんの手によるもので、とくにこの世界一有名なゲーム音楽『スーパーマリオ 地上BGM』は全世界の人の記憶に刷り込まれていて、近藤さんを歴史上の人物にしそうな感じすらします。

近藤さんについては『ゼルダの伝説』のときにご紹介していますので、その時の記事もご参照ください。
記事の下にリンクがあります。

前々回に特別企画第1弾としてとりあげた、ドラゴンクエスト『序曲』も有名ですが、ドラゴンクエストは主に日本国内で売れたのに対し、スーパーマリオは全世界規模で大ヒットしています。

ポール・マッカートニーが来日したとき、近藤さんは関係者として楽屋に行って紹介され、そのときポールがスーパーマリオの『地上BGM』を口ずさんだという話は有名です。

バラエティに富んだBGM

スーパーマリオのゲーム内容や音楽に関しては、いろんなところで語り尽くされてる感がありますが、以下、自分個人の感じることを書いてみます。

まず、この時代のゲーム音楽としては非常にバラエティーに富んでいます。

この『地上BGM』は自分はカリビアンミュージックに聴こえるのですが、最初に作曲されたという『水中BGM』は舞曲風なワルツだったり、『地下BGM』は三連系のシンコペをきかせた結構変態なベースソロで、エコーがかかっていて地下っぽさを演出してました。

ファミコン音源でこれだけのことを感じさせる、って並大抵ではないですよね。

ファミコンのゲーム音楽発展の起点

演奏してみて思ったんですが『地上BGM』は、この時代としては1ループが長く、1分半くらいあります。

起承転結の展開も
A→B→B→サビ→A→C→C→サビ→C
と、当時としてはかなり凝っています。
採譜してみて、『こんなに長かったんだ』って思いました。

スーパーマリオが発売された1985年秋は、アーケードゲームとPCはちょうどFM音源への転換期にあたり、ゲーム音楽全体が発展しはじめた時期です。

同時期のアーケードゲームの『テラクレスタ』、少し後の『スペースハリアー』もそうですが、ゲーム音楽にCメロ・大サビがつくようになって、1ループが長くなり始めたのもこの時期です。

ファミコンはいろいろハードの制約もありますが、カートリッジ側に大容量メモリや音源チップをのせることができたおかげで、音楽面でも発展することができました。

スーパーマリオブラザーズはファミコンのゲーム音楽発展の起点となった作品と思います。

スポンサーリンク

コードはシンプルだがメロディーが難しい【ソロギター演奏】

この曲は『ゲーム音楽を弾こう!』に連動する特別企画第2弾としてアレンジしたものですが、今回は元々のメロディが難しく、初心者向けというわけにはいきませんでした。

出来そうな部分は簡略化もしていますが、音数を減らすとどんどん原曲から離れてしまうので、今回は『中級編』ということでアレンジしました。

具体的なアレンジ工程は『ゲーム音楽を弾こう!』でも解説しますが、元の『変えられないメロ』が難しく、演奏性を優先したアレンジでないと弾ききれない感じでした。

コード進行は3コード+アルファでシンプルですが、メロディーが細かい半音使いが多くて、そういう部分の音を綺麗に出すのは結構大変でした。

アレンジは原曲キーのCメジャーをそのまま採用しましたが、ギターだとAやEでやったほうが解放弦を使えるので難易度は下がるかもしれません。

難易度的にはテクニック的には星4つ。
コード進行的には星2つくらいなので、間をとって星3つとしました。

今回も特別企画ということで、コード進行解説に押さえるポジションや備考を書き込んでおきます。

スポンサーリンク

Super Mario Bros. “Main Theme” コード進行

イントロ
D9(4f) G(3f)

Aメロ
C(0f) F(1f) C(0f)/F(1f) G(0f)
C F C/F G

Bメロ
C F C Csus4(8f)
C F Cdim(2f)/Bdim(1f) C(0f)
C F C Csus4
C F Cdim/Bdim C

サビ
A♭(1f) C6(0f) A♭ C
A♭ C6 D9(4f) G(3f)

Aメロ繰り返し

Cメロ
C69(0f) F(1f) G9(3f) C6(0f)
C69 F G7 C
C69 F G9 C6
C69 F G7 C

サビ繰り返し

Cメロ前半のみ繰り返し

エンディング(ゲームオーバー)
C(8f) FM7(8f)/D♭(9f) C(6f中指ベース)

コード進行アナライズ

イントロ
■Cメジャー
Ⅱ7 Ⅴ7

Aメロ
Ⅰ Ⅳ Ⅰ/Ⅳ Ⅴ7
Ⅰ Ⅳ Ⅰ/Ⅳ Ⅴ7

Bメロ
Ⅰ Ⅳ Ⅰ Ⅰsus4
Ⅰ Ⅳ Ⅰdim(=♭Ⅵ7♭9)/Ⅶdim(=Ⅴ7♭9) Ⅰ
Ⅰ Ⅳ Ⅰ Ⅰsus4
Ⅰ Ⅳ Ⅰdim(=♭Ⅵ7♭9)/Ⅶdim(=Ⅴ7♭9) Ⅰ

サビ
♭Ⅵ Ⅰ ♭Ⅵ Ⅰ
♭Ⅵ Ⅰ Ⅱ7 Ⅴ7

Aメロ繰り返し

Cメロ
Ⅰ Ⅳ Ⅴ7 Ⅰ
Ⅰ Ⅳ Ⅴ7 Ⅰ
Ⅰ Ⅳ Ⅴ7 Ⅰ
Ⅰ Ⅳ Ⅴ7 Ⅰ

サビ繰り返し

Cメロ前半のみ繰り返し

エンディング(ゲームオーバー)
Ⅰ ⅣM7/♭Ⅱ7 Ⅰ

スポンサーリンク

3コード主体でシンプル【コード進行のポイント】

コード進行はシンプルなメジャー3コード中心です。
3コード以外の部分をあげていくと

  • イントロ出だしのⅡ9。セカンダリードミナント。
  • Bメロの締め。♭Ⅵ7→Ⅴ7の代理でディミニッシュ使用。
  • サビの♭Ⅵ。サブドミナントマイナー。
  • エンディングの♭Ⅱ7。Ⅴ7の裏コード。

こんなところで、理解に苦しむコードは出てきません。
アレンジ・演奏はそこそこ大変ですが、分析は楽な部類と言えます。

スポンサーリンク

アレンジの方針と演奏の注意点

アレンジに関しては、なるべくオープンコードフォーム+1fのF、3fのG7で完結できるようにしました。

ベース音はルート音をなるべく途切れないように鳴らしています。

途中のCsus4の合いの手だけは、オクターブ上の音が欲しかったので8fにジャンプします。
これがあるので難易度が結構あがってしまいました。

Aメロ、Bメロの通常部分も、メロが細かいのでコードチェンジ直前の音が出ずらいですが、ゆっくりしたテンポから練習して、少しずつ動きに慣れればだんだん弾けるようになると思います。

Bメロは本当はもう少し細かくコードがついていますが、忙しくなりすぎるので若干省略しています。

Cメロは少しだけ変化をつけて頭のコードをC69でやっています。

エンディングにゲームオーバーのテーマを追加しています。
ここだけハイポジションにしました。
最後、5th→4th→5thをスラーで出したかったので、ちょっと変則的な押さえかたになります。

実際の演奏ではベースを細かく入れたり、ゴルペ奏法を入れたりして、リズム処理をしてますが、そのへんは自分の得意なやりかたでokです。

近藤浩治さんの曲 ソロギターアレンジ

ゼルダの伝説 メインテーマ【ギター演奏・コード分析07】
難易度☆☆★★★(普通) ゼル伝 オープニングタイトル曲【曲解説】 1986年 ファミリーコンピューター 作曲:近藤浩治 (C)Nintendo メジ...

コメント