今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

ライブ・ア・ライブ(LIVE A LIVE)メインテーマ ソロギター演奏・コード進行分析18


難易度☆☆☆★★(易しい)

スポンサーリンク

ライブ・ア・ライブ(LIVE A LIVE)メインテーマ ソロギター演奏

原曲はBbマイナーですが、ソロギター用に半音下げてAマイナーに移調しています。

原曲は吹奏楽アレンジで複数のメロディが絡み合っているので
どれを主旋律にするかで結構悩みました。
何パターンか弾いてみて、一番おさまりが良くギター的にも響きのいいパターンを採用しました。
ベース音を入れながら副旋律まで弾こうとすると忙しくなりすぎて
リズムキープもしんどくなるので、隙間を開けたアレンジにしています。

スポンサーリンク

ライブ・ア・ライブ(LIVE A LIVE)メインテーマ  コード進行

イントロ
F F F F
G G G Dm7/Em7
Am Am

Aメロ
Am7 Am6 Am9 Am
FM7 FM7 G9 G7

Am7 Am6 Am9 Am
FM7 FM7 G7 G7

Bメロ
Am69 Am69 D7 D7
Am69 Am69 FM7 FM7
G9 G9 Aadd9 Aadd9

コーダ(アレンジ)
Am7 Am7 Gm7 Gm7
Fm7 Fm7 BbM7/Am7 Gm7/FM7
E7 A

スポンサーリンク

コード進行分析

イントロ
■Aマイナー(部分的にF#音を使うので属調Eマイナーが混じる=Aドリアンモード)
bVI bVI bVI bVI
bVII6 bVII6 bVII6 IVm7/Vm7
Im Im

Aメロ
Im Im Im Im ※Aドリアン
bVI bVI bVII bVII ※Aエオリアン

Im Im Im Im ※Aドリアン
bVI bVI bVII bVII ※Aエオリアン

Bメロ
Im Im IV7 IV7 ※Aドリアン
Im Im bVIM7 bVIM7 ※Aエオリアン
bVII7 bVII7 I I(メジャー終止)

コーダ(アレンジ)
Im7 Im7 ■Key=Gマイナー Im7 Im7
■Key=Fマイナー Im7 Im7 ■key=Fメジャー IVM7/IIIm7 IIm7/IM7
■key=Aメジャー V7(FメジャーのVII7と共用) I

 

コード進行のポイント

コード進行はシンプルですが
AメロとBメロはAドリアンモードと
通常のAマイナー(Aエオリアン)が交互に使われていて
ドリアンの部分ではダイアトニックコード的に言うと
Eマイナーのものが使用されています。
でも、感覚的にはImはAmです。

そのへんが『モード』(旋法)と一般の長調短調の扱いの違いですが、
自分の場合、Aドリアン=Eマイナーの平行調という意識はせず
『Aマイナースケールの6thがナチュラルになってるのがドリアンで
ダイアトニックコードもそれに合わせて変化している』
という捉え方です。
結果オーライならどちらでもいいと思います。

そしてBメロのラスト、メジャー終止しています。
この最後だけ同主調メジャーに転調して落ちがつく
という手法はいろんなジャンルで多用されています。

自分はこの最後ソフトに終わる抜け感が好きです。
こういう曲で最後までマイナー終止だと
ちょっとキツい場合が多いですからね。

コーダは勝手につけたものですが、
Aメロのモチーフを1音ずつ転調、
最後にAメジャーに戻して終わっています。

スポンサーリンク

関連リンク

ライブ・ア・ライブ(LIVE A LIVE)メインテーマ 曲紹介18

コメント