旧ブログから移行できていなかった記事とリンク切れなどが何カ所かあったので修正しました。このブログはリンクフリーです。(2019年3月16日更新)

ゲーム音楽を弾こう!07~コード機能と応用ダイアトニックトニックコード

スポンサーリンク

前回はインターバルと基本ダイアトニックコードをやりました。
今回も引き続き基礎的な知識をつけていきます。

今回の内容ですが、
フラメンコギターブログのほうのこちらの記事も参照いただくと理解が深まると思います。
フラメンコ音楽論06~コード機能と代理コード

この記事と内容が被りますが
こちらでは、コード分析とアレンジに必要な内容に絞って解説していきます。

コード機能

コード進行のそれぞれのコードには
そのコードがキーに対してどのように働くか?
ということを示す『コード機能』がついています。

トニック(T)
ドミナント(D)
サブドミナント(SD)
トニックマイナー(TM)
ドミナントマイナー(DM)
サブドミナントマイナー(SDM)


以上の六種類になります。

T,SDはメジャーキーを
TM,DM,SDMはマイナーキーを表現します。

Dはメジャー系のコード機能に属しますが
マイナーキーでもハーモニックマイナー、メロディックマイナーで使用されます。

トニック ・ トニックマイナー

キーの中心となる響きで、安定感・終止感を伴います。

I,Imに解決している進行なら完全終止となりますが、

ルートコード以外の代理コードへの終止は不完全終止となります。

 

ドミナント ・ ドミナントマイナー

安定したトニックコードに対して緊張感を演出してトニックコードへの解決を促します。
V7とその裏コード(j次回解説)のbII7がもっとも強いドミナント機能をもっています。
代理コードやドミナントマイナーはそれに比べると、やや弱くなります。

 

サブドミナント ・ サブドミナントマイナー

ドミナント系コードを補佐するコードです。

ドミナント系ほど緊張感は高くありませんが、

トニックのような終止感が無く、次のさらなる展開を感じさせます。

通常、コード進行はドミナント系コード・サブドミナント系コードから

トニック系コードへと向かって流れる性質があります。

 

Cメジャーキーのダイアトニックコードのコード機能

以下にダイアトニックコードの一覧とコード機能を一覧にしておきます
全てルート音はCで4和音で書きます。

CM7 IM7(T)

Dm7 IIm7(SD)

Em7 IIIm7(T)

FM7 IVM7(SD)

G7 V7(D)

 

Am7 VIm7(T) 

Bm7b5 VIIm7b5(D)

Cマイナーキー(Cナチュラルマイナー)のダイアトニックコードのコード機能

Cm7 Im7(TM) 

 

Dm7b5 IIm7b5(SDM) 

 

EbM7 bIIIM7(TM/SDM) 

 

Fm7 IVm7(SDM)

 

Gm7 Vm7(DM)

 

AbM7 bVIM7(TM/SDM)

 

Bb7 bVII7(DM/SDM) 

※メジャーキー上でbIIIM7、bVIM7、bVII7が出てきたときは

SDMとして働く場合が多いです。

代理コード

同じキーの同じ機能のコード同士は代理コードと呼ばれて互換性があります。
例えばCメジャーキーでFとDm7は入れ替えても大丈夫です。
自在なアレンジには代理コードの把握は重要です。

代理コードにはいろんな種類があるので順次解説しますが
今回はダイアトニックコードの機能と代理関係をおぼえてえてください。

ハーモニックマイナー・メロディックマイナーのダイアトニックコード

マイナースケールには三種類あることをやりましたが、
ハーモニックマイナー・メロディックマイナーにもダイアトニックコードが設定できます。
それらが出てくると臨時記号が発生することになりますが
マイナーキーの範疇として扱います。

古典的なクラシックではメロディックマイナーは上りのみとか
いろいろルールがありますが
現代の音楽では
ハーモニックマイナー・メロディックマイナーのフレーズやダイアトニックコードは自由に使われます。
同主調転調とよく馴染むし
ゲーム音楽では非常に多用されますので、この機会におぼえましょう。

Cハーモニックマイナーのダイアトニックコードと機能

CmM7 ImM7(TM)

Dm7b5 IIm7b5(SDM) 

 

EbM7#5 bIIIM7#5(TM/SDM)

Fm7 IVm7(SDM)

G7 V7(D)

AbM7 bVIM7(TM/SDM)

Bdim7 VIIdim7(D)

太字のコードがナチュラルマイナーから変化するものです。

※メジャーキー上でbIIIM7#5、bVIM7が出てきたときは

SDMとして働く場合が多いです。

Cメロディックマイナーのダイアトニックコードと機能

CmM7 ImM7(TM)

Dm7 IIm7(SD)

 

EbM7#5 bIIIM7#5(TM/SDM)

 

F7 IV7(SD)

 

G7 V7(D)

 

Am7b5 VIm7b5(TM/SDM)

 

B7b5 VII7b5(D/SDM)

※メジャーキー上でbIIIM7#5、VIm7b5、VII7b5が出てきたときは

SDMとして働く場合が多いです。

CメロディックマイナーはCメジャーと一音しか違わず
3rdがm3かM3かという違いだけなので
メロディックマイナーのダイアトニックコードは
同主調転調の繋ぎとしてよく使われます。
ーーーこれで、一般的なメジャーキーとマイナーキーの
ダイアトニック系のコードとコード機能をほぼ網羅できました。
次回は基礎知識の仕上げとして臨時記号を含むノンダイアトニック系コードや
特殊な代理コードを解説して、例題曲の分析までいけたら、と思います!

関連リンク

ゲーム音楽を弾こう!06~コードの基本と構成

ゲーム音楽を弾こう!08~ノンダイアトニックコードと採譜しづらいコード

 

コメント