今日から新連載『ゲーム音楽を弾こう!』をスタートいたします。

この企画はゲーム音楽を自分でアレンジして演奏してみよう!というものです。

この講座について、はじめに

この企画、『ゲーム音楽を弾こう!』は
ゲーム音楽演奏という楽しい趣味を
多くの人と共有できたらいいなぁ、という思いから


・何か楽器をやっている人

・ゲーム音楽演奏に興味があって、
これから楽器をやってみたい人

・ゲーム音楽を耳コピーして
DTMなどでアレンジを楽しみたい人


そういったかたを対象に
なるべくわかりやすい講座形式でやっていきたいです。


基本、自分のやり方を軸にしていくので、
ソロギターを想定していますが、
他の楽器や打ち込みなどでも生かせるような内容を目指します。
また、譜面や音楽理論が苦手でもできるような方法も考えていきます。

講座の進め方

演奏までの流れとしては
選曲→採譜(譜面が読み書きできなくてもイケる!かも?)→アレンジ→演奏
となりますが、
実際の流れにそってプロセスを1つずつ解説していこうと思います。

この連載開始に先立って、
特別企画として ドラゴンクエスト『序曲』を例題用アレンジとして制作しました。
ドラゴンクエスト 序曲 ソロギター演奏・コード進行分析

まずはこの曲を
アレンジ実例として各プロセスで解説していきたいと思います。

初心者向けの選曲のしかた

初回は選曲のやりかたです。
選曲によってアレンジや演奏の難易度が全く変わってくるのでかなり重要です。

初心者向けの選曲のポイントを1つずつあげていきます。


好きな曲にする

まず、これが一番大事です。
好きな曲でないとモチベーションが続きません。
ゲーム音楽は刷り込み効果が非常に強いので、
好きな曲はほぼ空で歌えるんではないでしょうか。
メロディーを正確に記憶していると採譜もアレンジも早いです。

パート数が少ない曲にする

レトロな和音数が少ないものは採譜が楽です。
メロが単旋律な場合が多いので
アレンジもメインメロディーをどれにするか、などで迷わなくてすみます。

ただし、アレンジは原曲からかなり変えないと
演奏として成立しにくい場合も多かったりで、
全体の難易度は曲によります。


1ループが短い曲にする

1ループ1分以内くらいの短い曲のほうがとっつきやすいでしょう。
飽きっぽい人でも同じ期間に色んな曲に取り組めるので、
モチベーションも保ちやすいです。

メロとリズムがわかりやすい曲にする

音楽の知識がない人だと聴いただけだと、
どういう曲が簡単なのかわからないかもしれませんが、

・リズムが複雑な曲
・メロの重要な部分が速いフレーズだったりする曲
・転調が激しい曲

などは最初は避けたほうが無難です。


ーーーーー以上の条件の曲が初心者でも取り組みやすい曲です!


出来そうな曲か判別する方法

音楽を楽器で演奏する、という行為は
頭のなかでリズムを把握してメロを歌えていないと弾けません。

まずはメロを手や足で拍をとりながら、
頭の中で、でいいので歌ってみましょう。

・三拍子なのか、四拍子なのか、
・メロは頭から入ってるのか、
・裏から入ってるのか、
・1拍休んで入ってるのか、

こういうことがこの時点でわからないと、
次の段階の採譜にかなりの時間をかけることになります。

例題曲ドラゴンクエスト『序曲』は?

例題曲としてアレンジした
ドラゴンクエスト『序曲』
この曲は条件的にどうなんでしょうか?

好きな曲か?

そうですねw
好きでない曲を趣味でやる人はいないですが
『なんとか弾きたい』と思えるくらい好きということです。

パート数は少ないか?

オリジナルのファミコン版の音は三和音でとりやすいですが、
副旋律が絡んでいます。

どの音を主旋律に感じるかはその人の感覚次第ですが、
この曲のように複数アレンジがある場合は
いろいろ聴いてみて判断するのがいいかも。

1ループの長さは?

メインの部分はわずか16小節、
イントロとエンディング全部あわせても32小節程度。短いです。

メロやリズムは複雑でないか?

メロはシンプルでおぼえやすいです。
メインテーマ部分は四分音符主体なので
リズムを取り違えるほうが難しいくらいです。

リズムに関しては
イントロを2拍子の三連符でとるか、
4分の3拍子の8分音符でとるか
ハチロク(8分の6拍子)でとるか、の問題がありますが、
この曲の場合はどれでもいいと思います。

自分は、次のテーマのテンポを考えると
4分の3拍子の8分音符かな?と思います。

ーーー以上、かなり条件に当てはまるのがわかると思います!

ただ、
ドラゴンクエスト『序曲』はひとつだけ難しい点があります。

ベースラインが結構動く

というのがあるので、その点だけちょっと大変かもしれません。
また採譜・アレンジの段階で解説します。

なれてきたら、より複雑な曲、長い曲にチャレンジしていきましょう。

次回は、採譜=耳コピーについてやります。

関連リンク




スポンサーリンク