ゲーム音楽論

ゲーム音楽論

ゲーム音楽における作曲と編曲の関係【ゲーム音楽論06】

ゲーム音楽論 第6回は、ゲーム音楽における『作曲』と『編曲(アレンジ)』の定義とアレンジタイプの分類・メロディータイプとの組合せなど独自理論を展開してみました。
ゲーム音楽論

ゲーム音楽のメロディー【ゲーム音楽論05】

ゲーム音楽論 第5回です。今回は『ゲーム音楽らしいメロディーの特徴』です。昔のゲーム音楽のメロディーが強い理由や、日本人的メロディーラインなどについて考えます。
ゲーム音楽論

初期ゲーム音楽の音色【ゲーム音楽論04】

ゲーム音楽論 第4回は、PSG・波形メモリー音源・FM音源など、初期のゲーム音楽の『音色』ということにスポットライトを当てています。
ゲーム音楽論

初期ゲーム音楽の開発環境【ゲーム音楽論03】

ゲーム音楽論 第3回は前回の続きで、メモリー容量・人的リソースなど初期のゲーム開発環境の厳しい制約と、作曲・アレンジへの影響を掘り下げています。
ゲーム音楽論

同時発音数の制約とゲーム音楽らしいアレンジ【ゲーム音楽論02】

ゲーム音楽論 第2回です。初期のゲーム機やPCには同時発音数などの厳しい制約があり、それが『ゲーム音楽らしさ』を形成する最大要因となっていました。
ゲーム音楽論

ゲーム音楽の定義・ゲーム音楽に影響を与えた音楽【ゲーム音楽論01】

新連載『ゲーム音楽論』第1回です。今回は、そもそもゲーム音楽とは?ゲーム音楽のルーツは?という事からお話ししていきます。