今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

ブレイブリーデフォルト フライング・フェアリー 邪悪なる飛翔 曲紹介41


(c)SQUARE ENIX

2012年 ニンテンドー3DS
作曲:Revo

スポンサーリンク

邪悪なる飛翔 曲概要

このブログで取り上げる中ではかなり新し目のゲームです。
そして例によって自分は未プレイです。
まあ、2000年以降のタイトルは本当に一部を除いてほぼ未プレイなんですけど。。

ブレイブリーシリーズについて

本作『ブレイブリーデフォルト・フライングフェアリー』は
ファイナルファンタジーシリーズの制作スタッフを中心に作られた正統派のRPGです。
ファイナルファンタジーと世界観やシステムが似ていたり、
略号も同じFFだったりで
最初はファイナルファンタジーの外伝的な捉え方をされたりしていたようですが
徐々にブレイブリーデフォルトの評価が高まって
ファイナルファンタジーとは完全な別シリーズとして認識されるようになりました。
現在ではブレイブリーシリーズはスクエニの主力の一つになっていいて
ブラウザゲームやスマホなとの
プラットホームでも展開中の人気シリーズに成長しています。

曲の内容など

この曲はラスボス「境界を貫きし者」の第二形態とのバトル曲で
シナリオ進行によってはラストバトル曲になります。

曲の構成などは演奏記事のほうでまた書きますが
アルペジオを中心にした前半部分と
勇壮なホーンパートが入るサビ部分に分かれます。
自分が曲を聴いた印象は
飛翔は飛翔でも鳥系のそれではなく
昆虫系のイメージですよね。

前半部分は蝶なんかのヒラヒラした飛翔
サビはもっと直線的なスズメバチとかの飛翔
そんな印象ですが
前半の蝶々ぽいところが、より禍々しい、
邪悪な感じを受けるのは自分だけでしょうか?

こういう直接イメージを想起させるようなフレーズを含むのも
名曲の一つの特徴と思います。

曲調としては、メタルというかプログレというか、そんな作りですよね。
そして様式美系メタルとかプログレにたまに出てくる
スパニッシュぽい展開も登場します。

スポンサーリンク

作曲者Revoさんについて

Revoさんの音楽は
『ブレイブリーデフォルト・フライングフェアリー』で初めて知ったんですが
経歴を見てみると興味をそそられるというか、親近感を覚えるというか。

Revoさんは最初はメタルのコピバンでギターを弾いてたみたいですね。
メタリカとかメガデスとか。
自分も全く同じなんですがw

そしてその後1999年ごろからDTMを始められて
ゲーム音楽のアレンジバージョンなんかを発表してたのが
業界入りのきっかけらしいです。

ゲーム音楽では
ロマサガの伊藤賢治さんを師匠と呼んでリスペクトされてるみたいですね。

自分はメタルのあと、一瞬ジャズに行って
そのあとはフラメンコにどっぷりはまっていきますが、
メタルからスタート&昔からのゲー音フリークというところで
Revoさんの音楽はすっと入ってくるんだと思います。

ブレイブリーデフォルトの曲も
作り方がメタルぽいというか。
リフとかコード進行の作り方とか。

自分もメタル音楽はゲーム音楽と並んでかなり大きなルーツになってるので
それ風のリフとかコード展開とか聴くと無条件で反応してしまうんですよね。

そんな理由で
自分はブレイブリーデフォルトではじめて聴いたニワカファンですが
大好きな作曲家の一人です。

Revoさんはブレイブリーデフォルトの音楽で人気に火がついて
『進撃の巨人』の主題歌を担当したり
紅白歌合戦に出場したりと
大活躍をされてます。

スポンサーリンク

関連リンク

ブレイブリーデフォルト フライング・フェアリー 邪悪なる飛翔 ソロギター演奏・コード進行分析

コメント