今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

ゲーム音楽を弾こう!12~コード進行分析 初級編1 ドラゴンクエスト『序曲』

前回まででコード分析やアレンジに必要な知識を解説しました。
今回から実際のコード進行分析の流れやっていきます!

1月にアップしたアレンジ例題曲の
ドラゴンクエスト『序曲』と
スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』の二曲は
本格的転調はしない曲なので
まずこの二曲を分析してみましょう。

今回はドラゴンクエスト『序曲』です
曲紹介、ソロギター演奏、アレンジ解説は
以下の記事を参照してください。

ドラゴンクエスト 序曲 曲紹介

ドラゴンクエスト 序曲 ソロギター演奏・コード進行分析

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト『序曲』コード進行

オリジナルのFメジャーキーで書きます。

イントロ
F/C7 F F
C7/F F/C7

テーマ
F F F6/G7(onF) F
A7 Dm G7 Csus4
A7 Dm G7 Csus4
D7 Gm Bb(onC)/C13 F

エンディング
D7(onA)/Gm7 Em7b5 Bb/Am7/Gm7
Bb C13 F F

コード進行はこんな感じになります。
今まで解説した手法と知識で
コードが一定採譜できている
という条件で分析してみます。

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト『序曲』コード進行分析

曲の頭から順に解説していきます。

イントロ

C7とFの2コードで
メロディもメジャースケールですので
Fメジャーキーで確定できます。
このセクションがあるおかげでメインキーの特定は楽です。

テーマ1段目

一段目はFコード一発なんですが
三小節目のメロディにBナチュラル音が出てきます。
これをどう解釈するかですが、
FコードからみるとBナチュラルは#11なので
あくまでFコード一発として
Fリディアンへのモードチェンジと捉えることもできます。

自分はメロディの動きなどからG7(onF)の解釈をしました。
F一発のなかに潜在的にII7→V7の動きが入ってるのかなー、と。

テーマ2~3段目

5小節目から平行調転調ぽい動きになりますが、
メジャーキー内でIII→VIm→II→V7
という動きは普通によくあるので
それでokと思います。

テーマ4段目

III→VIm→II→V7を二回繰り返し後
VI7→IImがきます。
IImへのセカンダリードミナントです。

そのつぎ、ゲーム音楽を弾こう!02でも解説しましたが
少しとりにくいコードが出てきます。

このコードは音を採譜すると
Gm(onC)かBb(onC)です。

これらはサブドミナント・ドミナント両用の代理コードなので
次のC7とあわせてV7一発としてもいいし、
ベースラインをつけたかったら
IIm7→V7や
IV→V7としてもいいです。
動画のアレンジではIV→Vとしています。

エンディング

エンディングはドラクエ4のバージョンに
ついているものを参考にアレンジしたものです。

最初二小節D7→Gm→Em7b5は
Fメジャーキーのまま
VI7→IIm→VIIm7b5でいいでしょう。

VIIm7b5はV7(C7)としてもいいですが
ハーフディミニッシュをポイントになるところに配置したほうが
すぎやまこういちさんらしい響きと思うので
ここはハーフディミニッシュです。

あとの部分はFメジャーの3コードでも解釈可能ですが
例題アレンジのようにIIIm7 IIm7をつけてもいいです。
ベース音も必ずしもルートにする必要はないし、そのへんは好みで。

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト『序曲』分析結果

コード分析結果は以下の通りになります

イントロ
■Fメジャー
I/V I I V/I V/V7

テーマ
I I I/II7(onI) I
III7 VIm II7 V7
III7 VIm II7 V7
VI7 IIm IV(onV)/V7 I

エンディング
VI7/IIm7 VIIm7b5 IV/IIIm7/IIm7
IV V7 I I

スポンサーリンク

関連リンク

ゲーム音楽を弾こう!11~転調を考える

ゲーム音楽を弾こう!13~コード進行分析 初級編2 スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』

コメント