記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)
スポンサーリンク

コード進行分析 初級編1 ドラゴンクエスト『序曲』【ゲーム音楽を弾こう!12】

前回まででコード分析やアレンジに必要な知識を解説しました。
今回から実際のコード進行分析の流れやっていきます!

1月にアップしたアレンジ例題曲のドラゴンクエスト『序曲』と、スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』の二曲は本格的転調はしない曲なので、まずこの二曲を分析してみましょう。

今回はドラゴンクエスト『序曲』です。
曲紹介、ソロギター演奏、アレンジ解説は以下の記事を参照してください。

ドラゴンクエスト 序曲【ギター演奏・コード分析31】【新春特別企画】
ドラゴンクエスト『序曲』のソロギター演奏です。今回は新連載『ゲーム音楽を弾こう!』と連動する形で初心者向けアレンジとなっています。
スポンサーリンク

ドラゴンクエスト 序曲 コード進行

オリジナルのFメジャーキーで書きます。

イントロ
F/C7 F F
C7/F F/C7

テーマ
F F F6/G7(onF) F
A7 Dm G7 Csus4
A7 Dm G7 Csus4
D7 Gm B♭(onC)/C13 F

エンディング
D7(onA)/Gm7 Em7♭5 B♭/Am7/Gm7
B♭ C13 F F

コード進行はこんな感じになります。
今まで解説した手法と知識でコードが一定採譜できている、という条件で分析してみます。

スポンサーリンク

コード進行分析解説

曲の頭から順に解説していきます。

イントロ

C7とFの2コードでメロディもメジャースケールですので、Fメジャーキーで確定できます。
このセクションがあるおかげでメインキーの特定は楽です。

テーマ1段目

一段目はFコード一発なんですが、三小節目のメロディにBナチュラル音が出てきます。

これをどう解釈するかですが、FコードからみるとBナチュラルは♯11なので、あくまでFコード一発としてFリディアンへのモードチェンジと捉えることもできます。

自分はメロディの動きなどからG7(onF)の解釈をしました。
F一発のなかに潜在的にⅡ7の音が入ってるのかな~、と。

テーマ2~3段目

5小節目から平行調転調ぽい動きになりますが、メジャーキー内でⅢ7→Ⅵm→Ⅱ7→Ⅴ7という動きは普通によくあるので、それでokと思います。

テーマ4段目

Ⅲ→Ⅵm→Ⅱ→Ⅴ7を二回繰り返し後、Ⅵ7→Ⅱmがきます。
Ⅵ7はⅡmへのセカンダリードミナントです。

その次、ゲーム音楽を弾こう!02でも解説しましたが、少しとりにくいコードが出てきます。

このコードは音を採譜すると、Gm(onC)かB♭(onC)です。

これらはサブドミナント・ドミナント両用の代理コードなので、次のC7とあわせてⅤ7一発としてもいいし、ベースラインをつけたかったらⅡm7→Ⅴ7や、Ⅳ→Ⅴ7としてもいいです。
動画のアレンジではⅣ→Ⅴとしています。

エンディング

エンディングはドラクエ4のバージョンを参考にアレンジしました。

最初二小節D7→Gm→Em7♭5はキーはFメジャーキーのままのⅥ7→Ⅱm→Ⅶm7♭5でいいでしょう。

Ⅶm7♭5はⅤ7(C7)としてもいいですが、ハーフディミニッシュをポイントになるところに配置したほうが、すぎやまこういちさんらしい響きと思うので、ここはハーフディミニッシュです。

あとの部分はFメジャーの3コードでも解釈可能ですが、例題アレンジのようにⅢm7 Ⅱm7をつけてもいいです。

ベース音も必ずしもルートにする必要はないし、そのへんは好みで。

スポンサーリンク

ドラクエ 序曲 分析結果

コード分析結果は以下の通りになります。

イントロ
■Fメジャー
Ⅰ/Ⅴ Ⅰ Ⅰ Ⅴ/Ⅰ Ⅴ/Ⅴ7

テーマ
Ⅰ Ⅰ Ⅰ/Ⅱ7(onⅠ) Ⅰ
Ⅲ7 Ⅵm Ⅱ7 Ⅴ7
Ⅲ7 Ⅵm Ⅱ7 Ⅴ7
Ⅵ7 Ⅱm Ⅳ(onⅤ)/Ⅴ7 Ⅰ

エンディング
Ⅵ7/Ⅱm7 Ⅶm7♭5 Ⅳ/Ⅲm7/Ⅱm7
Ⅳ Ⅴ7 Ⅰ Ⅰ

ゲーム音楽を弾こう! 前回

転調を考える【ゲーム音楽を弾こう!11】
ゲーム音楽を弾こう!第11回は『転調』についてです。同じキーの中で臨時記号が出てくる『一時的転調』と、調号を指定しなおすような『本格的転調』の違いなどを考えます。

ゲーム音楽を弾こう! 次回

コード進行分析 初級編2 スーパーマリオブラザーズ『地上BGM』【ゲーム音楽を弾こう!13】
一周年企画の一環として『ゲーム音楽を弾こう!』の記事も連投していきます。第13回はコード進行分析の実践編第2弾で、例題曲はスーパーマリオ『地上BGM』です。

コメント