今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

ゲーム音楽を弾こう!05~インターバルと基本ダイアトニックトニックコード

前回はコードの耳コピーをやりました。
今回からはソロギターアレンジにおいて重要なコード分析にはいります。

スポンサーリンク

コード分析とは

毎回、演奏動画をアップするとき
下の方にコード進行分析のコーナーをつけてますが、あれです。

コード進行分析は曲の構造を理解するプロセスです。

 

曲の構造を理解していないと、変えていい部分、
変えるとダメな部分の判断ができません。

楽器の特性にあわせてアレンジを変えたり
新たなパートを付け加えたり
複雑すぎるところを省略したり

そういったことも曲の構造を理解せずにやると
曲の重要な部分が変わってしまったりします。

なので、このあたりは少し丁寧に説明します。

スポンサーリンク

コード分析に必要な基礎知識・音楽理論について

まず、コード分析やアレンジに必要な基礎的な知識からやりましょう。
理論というのは演奏や作曲だけなら絶対に必要とは思いませんが、
コード採譜やアレンジは理論を知っていれば
それだけ試行錯誤が減らせて楽になります。

これから、今まで『不明コード』として飛ばしていた部分も考えていきます。
耳でとりずらい『不明コード』も
理論面であたりをつけてから採譜すると楽にとれることもあります。
『不明コード』の部分はメロとベースしか弾かない、でもいいんですが
知識が増えると採譜やアレンジの時間短縮に繋がるので、
長い目でみたらある程度理論をやったほうが近道です。

ただ、全ての理論習得というのはかなり長い道のりです。
何から手をつけたらいいかわからず、
挫折しやすいものと思います。

ここでは、曲の耳コピー・コード分析・ソロ演奏アレンジに役立つものに絞って
順を追ってステップアップできるように解説していこうと思います。

まず、この企画やコード分析記事で書かれることが
スムーズに理解できる知識の習得を目指しましょう。

スポンサーリンク

ドレミの間隔をおぼえよう!

さて、基礎の基礎からいきます。

ピアノの鍵盤ありますよね?
あれはCメジャースケール、Aマイナースケールを基準に作られていて、
白鍵は譜面上で#もbも付かない音になります。

そして白鍵と黒鍵全部合わせると
1オクターブ(ドから次のドまでの間隔)に12個音があるのがわかると思います。

ギターだと各弦の開放弦から12フレットまでが1オクターブで
その間に12本フレットが並んでいます。

全部半音間隔で並んでますが
ルート音(1)から数えた音程の間隔を
『度数=インターバル』といって『度数表記』であらわします。

スポンサーリンク

インターバルの呼び名の一覧

当企画での表記とよく使われる名称を一覧にします。
同じインターバルに複数の呼び名がついていて紛らわしいですが
まずは憶えましょう。

同じ段の名称は全て同じ音程(インターバル)をさしていて
表記順はアラビア数字(実音の度数)、ローマ数字(コードの度数)、日本語での表記、テンションノートとしての表記(9,11,13など)、その他の呼び名、の順です。

略号は
# シャープ
b フラット
m マイナー
M メジャー
P パーフェクト、完全四度・完全五度のときにP4,P5と表記します

※なお、今まで『マイナー』の略号を『m』と『m』の表記を混在させていましたが
今後はマイナーの略号は小文字mで統一します。
(今までの記事も修正しました)

1番目の音程(白鍵)

1、I、一度、根音、ルート

2番目の音程(黒鍵)

b2、m2、bII、短二度、減二度、b9、半音

3番目の音程(白鍵)

2 、M2、II、長二度、9、全音

4番目の音程(黒鍵)

m3、#2、 bIII、#II、短三度、増二度、#9

5番目の音程(白鍵)

M3、III、長三度

6番目の音程(白鍵)

4、P4、IV、四度、完全四度、11

7番目の音程(黒鍵)

#4、b5、#IV、bV、増四度、減五度、#11、三全音、半オクターブ

8番目の音程(白鍵)

5、P5、V、五度、完全五度

9番目の音程(黒鍵)

m6、#5、bVI、#V、 短六度、増五度、b13

10番目の音程(白鍵)

M6、VI、長六度、13

11番目の音程(黒鍵)

m7、bVII、短七度

12番目の音程(白鍵)

M7、VII、長七度

そして8度はオクターブでルートと同じ音になります。

スポンサーリンク

メジャースケールとマイナースケール

以前、『ゲーム音楽論』でメジャースケールとマイナースケールについてやりましたが、おさらいします。
ピアノの白鍵だけをド=Cから弾くとCメジャースケール
ラ=Aから弾くとAマイナーナチュラルスケールになります。

音のならびは以下の通りです。

メジャースケール
1,2,M3,4,5,M6,M7

マイナースケール
1,2,m3,4,5,m6,m7

メジャーとナチュラルマイナーを比べると3,6,7が違いますね。

マイナースケールには三種類あるのもやりました。以下になります。

ハーモニックマイナー
1,2,m3,4,5,m6,M7

ナチュラルマイナーと比べると7が#して黒鍵になります。

メロディックマイナー
1,2,m3,4,5,M6,M7

 

ナチュラルマイナーと比べると6と7が#して黒鍵になります。

メジャースケールとメロディックマイナーは
三度がm3かM3か違うだけなのもやりました。

Aメロディックマイナーから3を#させて黒鍵のC#音にすると
Aメジャーになります。

スポンサーリンク

ダイアトニックコードをおぼえよう!

ダイアトニックコードもゲーム音楽論でやりましたが、
メジャースケール、マイナースケールの構成音だけで作られたコードで、
コード分析やキーの判定の基本になります。

西洋音階は七音階なので
ダイアトニックコードも一つのスケール=キーに対して七つ存在します。

ピアノだと白鍵を一つ飛ばしに押さえると
Cメジャー、Aマイナーのダイアトニックコードになります。

次にCメジャーの例を一覧にします。

なお、当ブログのコード分析記事では
ローマ数字の度数表記を採用しています。
ルートから数えてどの音程の上に構成されたコードか?ということです。

コード分析では、移調や柔軟なアレンジを考えると
実音表記より度数表記で処理するのがベターです。
ですので度数表記も併記します。

Cメジャーキーのダイアトニックコード

三和音,四和音~三和音度数,四和音度数
という表記です。

C,CM7~I,IM7

Dm,Dm7~IIm,IIm7

Em,Em7~IIIm,IIIm7

F,FM7~IV,IVM7

G,G7~V,V7

Am,Am7~VIm,VIm7

Bdim,Bm7b5~VIIdim,VIIm7b5

Aナチュラルマイナーのダイアトニックコード

Cメジャーの『ラ』をルートにとれば
Aナチュラルマイナーのダイアトニックコードができます。

Am,Am7~Im,Im7

Bdim,Bm7b5~IIdim,IIm7b5

C,CM7~bIII,bIIIM7

Dm,Dm7~IVm,IVm7

Em,Em7~Vm,Vm7

F,FM7~bVI,bVIM7

G,G7~bVII,bVII7

 

マイナーキーは少し複雑で
Vコードはハーモニックマイナー
メロディックマイナーのダイアトニックコードのV,V7(AマイナーならE,E7)が主に使われます。

 

まずここまでを丸覚えしましょう。

ハーモニックマイナー、メロディックマイナーに関しては
ダイアトニックコードを全部知っているにこしたことはありませんが、
V7だけは押さえておいて
他は後からマスターする、でもいいでしょう。
またもう少し先でやろうと思います。

スポンサーリンク

関連リンク

ゲーム音楽を弾こう!04~コードの耳コピー

ゲーム音楽を弾こう!06~コードの基本と構成

コメント