旧ブログから移行できていなかった記事とリンク切れなどが何カ所かあったので修正しました。このブログはリンクフリーです。(2019年3月16日更新)
スポンサーリンク

終曲~透深月夜 悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架 曲紹介32

(c)Konami

2005年 ニンテンドーDS
作曲:山根ミチル、北海惣史郎

 

スポンサーリンク

終曲~透深月夜 悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架 曲概要

前回超メジャー曲だったので、
今回は自分の趣味でマイナー曲いってみます。

蒼月の十字架は
ニンテンドーDS版悪魔城ドラキュラシリーズ三部作の一作目です。

以前取り上げた『紺碧の彷徨』
三作目の『奪われた刻印』からの選曲でしたが
自分、DS三部作の音楽が大好きで
DS版三部作だけで15曲くらい採譜しています。

ちなみに二作目のギャラリーオブラビリンスには古代祐三さんが参加して
山根さんと古代さんという自分的には夢のコラボが実現しています。

この曲は、『終曲』の曲題の通り
エンディング・スタッフロールで流れます。

『悪魔城ドラキュラトリビュート』では
浜渦正志さんがこの曲をカヴァーアレンジしています。

スポンサーリンク

前半部分の原曲は北海惣史郎さんの作

ゲームボーイアドバイス版の悪魔城三部作の1つ
『暁月の円舞曲』に収録されている
『あなた一人じゃない』のテーマのアレンジが
この曲の前半部分に使われています。

クレジットによると
『あなた一人じゃない』の作曲者は山根さんではなく、
北海惣史郎さんらしいですね。
この記事を書くために調べるまで知りませんでした。

北海さんはゲームボーイアドバンス版悪魔城三部作で
山根さんと共作しています。

スポンサーリンク

後半部分も派生曲があります

そして後半部分ですが、
同じ『蒼月の十字架』に収録の『悪魔城最上階』で
この曲の後半部分を四拍子にしたテーマが出てきます。

これはどちらが先に作られたかわからないんですが(同時に作られたバージョン違い?)
作者の山根さん的に余程気に入っているメロディーなんじゃないでしょうか。

『悪魔城最上階』のほうはドラムの入ったアレンジで
四拍子でJMM(ジャパニーズ・メランコリック・メロディー)ぽく、
1980年代のニューミュージック的にも聴こえますが
『終曲~透深月夜』のほうは、
三拍子でしっとりしたアレンジでクラシカルに響きます。

スポンサーリンク

山根ミチルさんの音楽

自分は山根ミチルさんの
悪魔城デビュー作MD版『バンパイアキラー』の
『Reincarneted Soul』
『Iron Blue Intention』
『Calling From Heaven』
という三曲でファンになりましたが、
DS版悪魔城はエンディング曲もめちゃめちゃいいですね。

この曲と、
ギャラリーオブラビリンスの『夜は流れる』と『運命の肖像画』
奪われた刻印の『星降る夜の鎮魂歌』
この四曲ですねー。

山根ミチルさんの作曲の特徴は、
新型JMMとクラシックが融合したような切なく優美なメロディーで、
転調使いも非常に上手いです。
モーダルな曲(モードを活用した曲)もいいです。

 

スポンサーリンク

悪魔城ドラキュラシリーズの音楽

悪魔城ドラキュラシリーズはサイドビュー型のアクションゲームです。
ゴシックホラーの世界観で西洋の古城などが舞台になることが多いです。

そして音楽がかなり特徴あるんですが、
ステージBGMに使われるものは
クラシカルなメロにドラム&ベースのアレンジで
妙に軽いダンサブルなパートが入ったりして中毒性が高いです。

ハードロック+クラシックのいわゆる『ネオクラシック』とも違うし、
『悪魔城っぽい音楽』ということで確立されたものを感じます。

もうひとつのタイプが
オープニング、エンディング、エピソードシーンなどによく使われる、
リズミカルな要素が少ないタイプのものですが
この曲もそのタイプです。

リズム要素が薄い+クラシカルメロディーだと
クラシックそのものになりそうなんですが
山根さんはメジャー・マイナー以外のモードを上手く使うので
そうははならない感じなんですよね。
そこがいいです。

悪魔城シリーズの
ゴシックホラー的・耽美的で、ほの暗い世界観は
山根ミチルさんの作曲傾向にぴったりと思います。

悪魔城シリーズはかなりの曲数採譜しましたので、
これからもちょくちょく出していきたいと思います。

コメント