記事リライトとリニューアル完了!このブログはリンクフリーです(2019年8月26日更新)
スポンサーリンク

2006~2012年頃のゲーム音楽~コンシューマー機編【ゲーム音楽史15】

今回から2006年~2012年頃のゲーム音楽についてお話していきます。

この年代は完全に成熟期に入っていて、目新しいものがあるわけではありませんが、コンシューマーならプレステ2、プレステ3、Wii、Xbox360。
モバイルはNintendoDS、PSPの世代にあたり、さらにPCのゲーム音楽も特徴的な作品があったりと、かなりのボリュームゾーンである、という印象を持っています。

自分はこの年代、リアルタイムの実体験はそんなにありませんが、音楽の質的向上も行くところまで行き、音楽的に優秀なタイトルもかなりの数になると思いますので、この年代に関しては2回に分けて書きます。

今回はコンシューマー機をみていきます。Xbox360,PS3,Wiiの発売から、XboxOne,PS4,WiiUに世代交代するまでの2006年~2012年頃の期間をお話したいと思います。

この年代からはオーディオ再生で困るようなことは無くなっているので内蔵音源は廃止され、リニア波形再生のみとなってきます。
波形再生であればメモリーとCPUの許す限り、なんでも再現可能なのでユーザー側は内蔵音源が廃止されたことを意識することもないでしょう。

スポンサーリンク

XBox 360

2005年12月発売。
Xboxから4年弱ですが、早くもMicrosoftは次世代機Xbox360を発売します。

X-BOX360

ハイビジョン、5.1サラウンドといち早く次世代技術を盛り込み、ストレージにはHDDも使えるようになりました。

セールス的にもかなり成功し、この年代はもはやソニー一強とは言い難い状況になってきます。

スポンサーリンク

プレイステーション3

2006年11月に発売されたプレイステーション2の後継機。

独自の『Cell』というアーキテクチャを採用し、同時代のPC用ハイエンドグラフィックボード同等の3D性能を実現していました。

プレイステーション3

スペック上はハイビジョン(いわゆるフルHD1920x1080解像度)に対応していますが、実際は負荷やVRAMの問題でHD(1280×720)が主流でした。

2007年ごろまではプレステ2のほうがシェアが高い状態が続き、2008年ごろから徐々に入れ替わります。

シェア的にはXBox360やWiiがかなりの勢いで追い上げたのでソニーにとってはプレステ1、2の時代より相当苦しい状況になっていました。

スポンサーリンク

Wii

2006年12月に任天堂から発売。
ゲームキューブの後継でゲームキューブとの互換性も維持されていました。
スペック的には詳細は非公開ですが、初代Xboxと同等と言われています。

任天堂Wii

セールス的には任天堂のファミリー向け付加価値マーケティングがはまって大ヒットし、一旦失ったコンシューマー市場のシェアをかなり奪還しています。

特徴的なのが『ヴァーチャルコンソール』で、過去の家庭用ゲームをダウンロードしてプレイできるサービスです。
Wii上で動くエミュレーターなのですが、レトロゲームファンの増加にかなり貢献しています。

スポンサーリンク

コンシューマー機ゲーム音楽お薦めタイトル【2006~2012年】

この時代のコンシューマー機ゲームタイトルのうち、とくに音楽がいいと思うものをあげて行きます。

バテンカイトス2(任天堂)~桜庭統さん作品。バテンカイトス2 別れの挽歌の記事を参照

ファイナルファンタジーⅫ(スクウェア・エニックス)~葉加瀬太郎さん作曲の交響詩『希望』を収録。葉加瀬さんの本気作曲を聴けます。

大神(クローバースタジオ)~近藤嶺さん作品。これの音楽は根強い人気があります。和楽器でジーンとくるメロディ。日本人の心の琴線というやつですね。自分は『Reset』が一番かな。

ペルソナ3、4(アトラス)~目黒将司さんのヴォーカル曲の才能が爆発してますね。でもヴォーカル曲は知らない人が聴いたらゲーム音楽って認識しないと思う。

スーパーマリオギャラクシー1,2(任天堂)~今までのマリオシリーズの音楽とは少しカラーが違いますが、任天堂ぽくはあります。名曲多数。『ウィンドガーデン』『フローターランド』『新銀河帝国』あたりが好きです。

アルトネリコ1,2(ガスト)~自分の中ではアルトネリコ=志方あきこさんなんですが、彼女の音楽はインパクトありますよね!

カドゥケウス2(アトラス)~並木学さん作品。『運命を断ち切れ!』は並木さんもこういう曲書くんだ!と少し以外感のある作風ですが、一聴の価値のある名曲です。

スカイクロラ・イノセンテイセス(任天堂)~中村和宏さん作曲。ラスボスのテーマ、緊張感のある曲調と民謡ぽいヴァイオリンの組み合わせが絶妙。

勇者のくせになまいきだor2(アクワイア)~はまたけしさん作曲。1と2は小学校にある楽器を使って演奏されています。名曲『マオウさんは愉快だな』は録音するためにピアニカをめちゃめちゃ練習したらしいです。

ソニックワールドアドベンチャー(セガ)~ゲームハードからは撤退したセガですが、ソニックシリーズは健在です。『Rooftop Run Day』は気分上がる系の曲で好きです。スプラトゥーンに入ってても違和感ないかも。

マリオ&ルイージRPG3!!!(任天堂)~下村陽子さん作品。
正直マリオ感はほとんど無いんですが、下村さんらしいドラマチックな曲が多いです。『In The Final』は素晴らしいクサメロ(当ブログでは誉め言葉です!)

朧村正(ヴァニラウェア)~崎元仁さんが社長を務めるベイシスケイプのメンバーが音楽を担当。和楽器のロックアレンジが主体。どの曲もいいんですが、自分は工藤吉三さんの『落花繽紛』が一番です。

モンスターハンター3(カプコン)~『生命ある者へ』ですね。『英雄の証』と並ぶモンハン代表曲。

ニーア レプリカント/ゲシュタルト(キャビア)~岡部啓一さん作品。特徴的な浮遊感のある女性ヴォーカル(Emi Evansさん)が入った曲が多く、聴けば一発で『あれか~!』とわかる。

ゼノブレイド(任天堂)~ゼノブレイド 帝都アグニラータの記事を参照。光田康典さん、下村陽子さんも曲提供していますがACE+の曲が素晴らしいです。

トトリのアトリエ(ガスト)~アトリエシリーズ12作目。自分は中河健さんのフォルクローレ曲『遥かなる頂上』がじわっときます。

ダークソウル(フロムソフトウェア)~1は桜庭統さんが音楽を担当。いつもの桜庭さんと違った一面を知ることができます。自分は『Gwyn, Lord of Cinder』が好きです。

無双OROCHI2(コーエーテクモ)~忍者龍剣伝(1988年)に収録されていた『鮮烈のリュウ』のアレンジバージョンが猛ーー烈にカッコイイです!

ゲーム音楽史 前回

プレイステーション2時代【ゲーム音楽史14】
ゲーム音楽史 第15回は、プレステ2時代として2001~2005年頃の年代を扱います。PCゲームも洞窟物語・東方プロジェクトなどを取り上げています。

ゲーム音楽史 次回

2006~2012年頃のゲーム音楽~モバイル・PC・アーケード編【ゲーム音楽史16】
ゲーム音楽史 第16回は前回に続き2006~2012年頃の話題ですが、今回は携帯ゲーム機・PC・アーケードゲームについてです。携帯ゲームの進化が著しいです。

コメント