今回作品より曲紹介記事を先行配信しています。このブログはリンクフリーです。(2019年6月15日更新)
スポンサーリンク

タクティクスオウガ Passing Moment ソロギター演奏・コード進行分析20


難易度☆☆★★★(普通)

スポンサーリンク

タクティクスオウガ Passing Moment ソロギター演奏

原曲はもう少し長いんですが、
弾いていてBメロの繰り返しが多すぎるように感じたので(コーダ入れて6回登場)
ちょっと繰り返しを減らしてます。

この曲、同じモチーフを繰り返しながらだんだんテンポが上がっていくんですが、
それを再現するためにリズムトラックは無しでやりました。
でも、後で聴いてみると、単にリズムがはしってるように聴こえたり、
完全ソロギターでのこういう微妙なリズムコントロールは本当にむずいですね~。
似たようなリズムコントロールの曲で、モンハンP2ポッケ村の時はわりといい感じで弾けたんですが
これは難しかったです。

スポンサーリンク

タクティクスオウガ Passing Moment コード進行

イントロ(Aメロバリエーション)
Gadd9  A(onG) F#m7  Bm7
Abm7b5 G69  F#m7 B7sus4/B7
E7sus4/Em7 BbM7/Gm7 A7sus4  A7

Bメロ
F BbM7 Am7(onC)/A7(onC#) Dm9
BbM7 Eb7 E7sus4/E7 Asus4/A

Aメロ(途中のコード進行イントロと微妙に違う)
Gadd9 A(onG) F#m7 Bm7
GM7 A(onG) F#m7 B7sus4/B7
Em7 BbM7/Gm7 A7sus4 A7

 

Bメロオクターブ上

Bメロ(演奏では省略)

ブリッジ
Dm Am7/A7 Dm Am7
Ab  Bb Eb7sus4 Eb7 Dsus4/D

Aメロバリエーション(オクターブ上、コード進行イントロと同じ)
G A F#m7 Bm7
Abm7b5 G6 F#m7 B7sus4/B7
Em7 BbM7/Gm7 A7sus4 A7

Bメロ(演奏では省略)

コーダ 
F BbM7 Am7/A7(onC#) Dm9
Bb(rit..) Eb7 DbM7 GbM7/AbM9
Bb/B/Db/Ab Bb/B/Db/Ab Bb/B/Db/Db Db/B/Ab/B
Bb/B/Db/Ab Bb/B/Db/Ab Bb/B/Db/Db Db/B/Ab/B(rit…)
Bbadd9

スポンサーリンク

コード進行分析

イントロ=Aメロバリエーション
■key=Dメジャー
IV V IIIm7 VIm7
#VIm7b5(SD代理) IV IIIm7 VI7
IIm7 bVIM7/IVm7 V7 V7

Bメロ
■key=Fメジャー(短3度上に転調)
I IVM7 IIIm7/III7 VIm7
IVM7 bVII7(DメジャーのbII7と共用 E7へ半音進行) ■key=Dメジャー(短3度下に転調) II7 V7

Aメロ
■key=Dメジャー
IV V IIIm7 VIm7
IVM7 V IIIm7 VI7
IIm7 bVIM7/IVm7 V7 V7

Bメロ
■key=Fメジャー(短3度上に転調)

Bメロ(演奏では省略)
■key=Fメジャー→最後Dメジャー(短3度下に転調)

ブリッジ
■key=Dマイナー(同主調)
I Vm/V7 I Vm
■key=Ebメジャー(同主調の半音上)
IV(/VIm7) V ■Abメジャー(下属調)V7(EbメジャーのI7,GメジャーのbVI7と共用) ■Gメジャー(半音下に転調) V7

Aメロ(オクターブ上)
■key=Dメジャー(属調)→Fメジャー(短3度上に転調)

Bメロ(演奏では省略)
■key=Fメジャー

コーダ
I IVM7 IIIm7/III7 VIm7
IVM7 bVII7(ここまでBメロと同じ) ■key=Bbメジャー(下属調 Bbマイナー系のコードしか出てこないが前後の流れからメジャー解釈)bIIIM7 bVIM7/bVIIM7(SDM代理)

■Bbスパニッシュ系モードのハーモナイズ
I/bII/bIII/bVII I/bII/bIII/bVII I/bII/bIII/II bIII/II/bII/bVII/bII
I/bII/bIII/bVII I/bII/bIII/bVII I/bII/bIII/II bIII/II/bII/bVII/bII
Iadd9(メジャー終止)

コード進行のポイント


複雑な構成に見えますが、基本DメジャーのAメロとFメジャーのBメロが交互に出てきて
間に展開部のブリッジが挟まるという構成です。
原曲 A→B→A→B→B→ブリッジ→A→B→B→コーダ
演奏 A→B→A→B→ブリッジ→A→B→コーダ
となっています。

DメジャーとFメジャーは短3度転調です。
短3度転調は同主調転調と表裏の関係にあり、基本的な転調の一つです。
ブリッジではDメジャー→Dマイナーの同主調転調から
ちょっと込み入った転調を挟んで、またDメジャーに戻しています。
素直にDメジャー一発で行かないところが崎元さんの作曲の特徴ですね。
このパートがあるおかげで曲としてのまとまり・完成度が数段上がってます。

コーダ後半はコード進行というより、Bbのスパニッシュ調(フィリジアン)のモチーフを
トライアッドコードの平行移動でハーモナイズしている、という感じです。
ギターだとこういうのわりと簡単ですが、鍵盤だと難しそう。

そして最後はBbメジャーキーで終わるという捻りをきかせています。

スポンサーリンク

関連リンク

タクティクスオウガ Passing Moment 曲紹介20

 

コメント